歴史問題

2017年1月27日 (金)

「コミンテルン陰謀史観」というのを初めて知った

 Yahooニュースを見ていたら「アパホテル問題の核心~保守に蔓延する陰謀史観~」という記事があった。筆者は古谷経衡という文筆家である。

 それによると、「コミンテルンの陰謀」によって、日中戦争も南京事件も日米戦争(大東亜戦争と言っているそうだ)も起こったのであり、日本は被害者であるという史観だという。この史観に依拠して、アパホテルに置かれた本「本当の日本歴史 理論近現代史楽2」(元谷外志雄著)は書かれているという。

 その本の核心は、以下のアパグループHPでの反論に見られるというのだ、

 引用部分→日本を激怒させ国民党政府軍と戦争をさせる為に、中国保安隊によって日本人婦女子を含む二百二十三人が残虐に虐殺された「通州事件」や、「大山大尉惨殺事件」、更には、国民党政府軍に潜入していたコミンテルンのスパイである南京上海防衛隊司令官の張治中の謀略によって、上海に合法的に駐留していた日本海軍陸戦隊四千二百人に対して、三万人の国民党政府軍が総攻撃を仕掛けた第二次上海事変を起こすなど、中国は日本に対して次々に挑発を繰り返し、それまで自重し冷静な対応を取っていた日本も、中国との全面戦争を余儀なくされたのであり、不当に日本が中国を侵略したわけではない。(中略)そもそも既に南京を攻略した日本軍にとって、南京で虐殺行為をする理由はない。一方、通州事件や大山大尉惨殺事件、第二次上海事件などでの日本人に対する残虐行為には、日本軍を挑発し、国民党政府軍との戦争に引きずり込むというコミンテルンの明確な意図があったのである。

 さらに、2008年アパが主催する「真の近現代史観」懸賞論文第1回最優秀賞を獲得した田母神論文(元航空幕僚長田母神敏雄著述)もコミンテルン陰謀史観で書かれているという。

 引用部分→「この日本軍に対し蒋介石国民党は頻繁にテロ行為を繰り返す。邦人に対する大規模な暴行、惨殺事件も繰り返し発生する。(中略)これに対し日本政府は辛抱強く和平を追求するが、その都度蒋介石に裏切られるのである。実は蒋介石はコミンテルンに動かされていた。1936年の第2次国共合作によりコミンテルンの手先である毛沢東共産党のゲリラが国民党内に多数入り込んでいた。コミンテルンの目的は日本軍と国民党を戦わせ、両者を疲弊させ、最終的に毛沢東共産党に中国大陸を支配させることであった。」

 このコミンテルン陰謀史観の依って来たところは、ユン・チアン著の「マオ誰も知らなかった毛沢東」という本だと指摘している。そしてこの本を元に黄文雄氏の「大東亜戦争肯定論」が書かれ、桜井よし子氏は「日本よ歴史力を磨け」を編纂したという。田母神論文はこれら3冊を引用しているというのだ。ユン・チアン(2005年)→1年後に黄、さらにその1年後に櫻井、そして3年越しに田母神と、この「コミンテルン陰謀史観」は培養されていったのである。

 古谷氏は次のように指摘している。

 「保守系言論人の言説を『オウム返し』する傾向が強いネット右翼(保守)の中にも、この『コミンテルン陰謀史観』は必ずと言ってよいほど頻出する精神世界である。日本はコミンテルンの謀略によって『嵌められた』被害者であり、よって南京事件も日本のイメージを失墜させるためにコミンテルンが計画した謀略だ、というのがその世界観の骨子である。これはつまり冒頭にあげた元谷氏の精神世界と全く同一といってよい。 」

 ダイヤモンド・オンラインによると、アパの元谷会長は、安倍首相後援会の副会長だったという。昔から関係が深かったのだ。

※詳しくは下記のURLを。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/furuyatsunehira/20170124-00066939/

| | コメント (1) | トラックバック (0)