パソコン・インターネット・スマホ

2021年3月19日 (金)

怖いLINEの情報流出

 LINEと言えば日本で8600万人もの月間利用者がいると言われる。スマホを持っている人はたいていインストールしているものと思われる。

 個人同士の連絡ではメッセージだけでなく、動画やスタンプなども送れるし、電話機能を使えば無料通話ができる。さらにクラブや趣味のグループなどでは、グループを作ることで連絡などが簡単にできるので重宝している。

 ラインができたのは2011年の東日本大震災がきっかけであったそうだから10年の歴史をもつ。私もスマホにかえて以後ずっと使って来た。

 そのLINEにとんでもないことが発覚した。3月17日の朝日新聞のトップ記事は「LINE個人情報保護に不備、中国委託先で閲覧可能に」という見出しで報じた。

 中国にある関連会社にシステム開発を委託するなどし、中国人技術者らが日本のサーバーにある利用者の個人情報にアクセスできる状態にしていたことが分かったのいうのだ。サーバーに保管される「トーーク」のほか、利用者の名前、電話番号、メールアドレス、LINE IDなどにアクセスできるようになっているのだ。
 

 LINEのサービスには流通関係でLINEショッピング、トラベル、出前館、コンテンツとしてLINEニュース、ミュージック、漫画、金融関係でLINE保険、証券、ペイなどがあるというが、私はトークだけ使っているだけだ。

 新型コロナ対策に利用したり、ワクチン接種に利用する自治体もあるようだ。そういう公共機器ともいえるLINEの情報が流出可能な状態であったというのは恐ろしいことである。しかも中国である。国家がインターネットを監視し、政府への情報提供を義務付ける体制の国である。それ以外にも中国には金もうけに利用する連中がいるから、そうしたところで悪用されないとも限らない。

 私はスタンプを交換したり、日常のあいさつ程度であるから、情報が洩れても被害は少ないと思うが、最近中国から変なメールがよく入るようになったので、ひょっとしてどこからか情報が洩れているのだろうと思う。即刻改善してもらいたい。

 

| | コメント (0)

2021年3月18日 (木)

キャリアをauからUQモバイルに変えた

 これまでずっとキャリアはAUを使って来たが、昨年iphone12にかえてから、月々の支払いが機種の分割料金も含めて11000円ぐらい払っていた。

 菅政権が携帯電話の料金値下げを打ち出して、大手3社は3月23日から、格安の20Gで2900円程度の料金のものを策定した。それに切り替えようと思っていたが、店頭では扱ってくれなくて、ONLINEでやらなければならないというのが困ることであった。

 16日の朝日新聞で「携帯料金値下げの春」という5回連載の記事が始まった。その第1回を読んだら、au系のUQモバイルの回線はauを使うのでよいと書いてあった。それでUQモバイルについて聞こうと思って新瑞イオンにある店に出かけた。

 驚いたのは応対したのが外国人の女性であった。IDにはキンピと書いてあった。どこの国の人だろうと思った。大丈夫かなと思いながら話してみると、日本人の様なレベルの日本語を話したので安心した。彼女の業務に関する知識は完璧で詳しく、親切に説明をしてくれた。

 まず、利用料金だが、データ3G,電話かけ放題で、税込み2398円であった。かけ放題は60歳以上には1000円の割引があるので、770円でよいのだ。

 AUショップに電話をして移行するための番号を貰った。シムをauからUQにかえなければならないが、自分でやれば3300円がタダになると言って、やり方を教えてくれた。

 au電気に入っているのだが、それもUQ電気に変えればこれまでと同じになると言ったので切り替えた貰った。

 支払いはこれまで通りauのクレジットでOKであった。使えなくなるのはauのメールアドレスだが、これは新しくUQのアドレスが貰えるので問題はなかった。

 色いろな手続きで1時間半を要したが、もしこれをauの新しい料金プランにして、ONLINEでやるとしたら大変だったろうと思った。

 移行に当たっての料金はauに払うのが2種類で3000円であるが、UQモバイルがカバーしてくれるので実質無料であった。

 機種代はこれまでどおりauに払うことにしたので、4月からは機種代共で5000円程度となる。5千円余り安くなる勘定である。結局手続き料は3300円で済んだ。3月分はauから徴収されるので、本当は月末に行くとよかったのだが、16日からUQに払う分は日割りで半月で1300円程度なので目をつぶることにした。

 心配したサポートもフリーコールで受けられるということなので安心した。

 キンピさんはミャンマー人だそうで来日して12年になると言った。私は日本語教師をしていることを話し、彼女の日本語が完璧であることを褒めてあげた。

| | コメント (0)

2021年1月25日 (月)

インターネットがつながらなくなって

 22日金曜日の夕方メールをチェックしようとしたら、木曜日の受信を最後に受信していなかった。送受信をやってみたが入ってこなかった。インターネットの状態を見たら接続できていなかった。インターネットの器械を見るとランプが消えていた。

 器械を触ったらライトが点灯し、インターネットに接続できるようになった。でも、時々切れて不安定であった。何もしていないのにどうして切れてしまったのだろうと思った。それでプロバーダーのCOMMUFAのサポートに電話をした。

 私はCOMMUFAができたときからずっと使っているので電話サポートはすぐにつながるゴールデンデスクが使える。それでいつも重宝している。

 この日もすぐにつながった。そして機械の接続の様子を指示に従っていろいろと調べた。電源の差し込みが緩んでいないか、他のコードが緩んでいないか、器械と器械の接続はよいかなどを調べた。私の器械はパソコンの近くにあるのだが暗くて見にくいのでフラッシュライトを使って見る必要がある。それに字が薄いので見にくい。そんなこともあって時間がかかった。40分ぐらいかかってやっと点検が終わった。

 今回はケーブルの緩みがあったようで、器械には問題がなかったのでよかった。この間、私の方が時間を気にしていたがサポートのL.Iさんは粘り強く親切に指示してくれた。そして「ご協力を有難うございます」を繰り返した。なんだか申し訳ない気持ちであった。

 私がプロバイダーのCOMMUFAを使っているのはサポートがよいからである。それにスマホのキャリアのauとも連携しているので都合がよいのだ。私の様なインターネット素人にはサポートが欠かせない。COMMUFAもauもサポートが良いと思っている。

| | コメント (0)

2021年1月14日 (木)

iphoneのアップデートをして分かったこと

 11日にiphoneの14.3へのアップデートをした。私のiphoneはスムースにアップデートできた。しかし妹のiphoneは簡単にアップデートできなかった。

 妹のiphoneはXRだが私のiphoneは12なのでスムースに行ったのだと思った。妹のは20分ぐらい経っても同じメッセージなのでサポートに電話をした。あとで分かったのだが電話をかけたサポートはiphoneではなく、私のキャリアのauであった。でも、親切に対応してくれた。

 3回目に電話した時、「こちらはauなのでこれ以上は分からないのでアップルに電話をして下さい」と言って電話番号を教えてくれた。そのときサポートの電話先が間違っていたことを知った。

 アップルのiphoneのサポート電話の中にauのサポートの電話も入っていたので間違ったのであった。

 改めてiphoneのサポートに電話をした。「アップデート準備中」のメッセージのまま時間がずいぶん経っているがどういうことかと尋ねた。準備中のところでほんの少しずつ進行しているのはアイコンの動きで分かった。また直線が動いてどのくらい進んだかもわかるようになっていた。

 サポートでは妹のiphone XRをリモートで調べてくれ、バージョンを見たら14.1であった。14.3までに何回かアップデートがあったのをしていなかったのだ。サポートの係は、アップデートをしてなかったから、前のアップデートも取り込んでいるので時間がかかるのだと言った。

 私はアップデートの知らせがあるとすぐにやるのだが、妹はそういうことを知らないのでやってなかったのだ。
今回のことでアップデートの大切なことを知り勉強になった。

| | コメント (0)

2021年1月 2日 (土)

オンライン帰省

 新型コロナウイルス禍のために、東京だけでなく全国的に旅行などを自粛するように言われている。感染者数は日々増えているので感染爆発が起きるかもしれないと言われる。

 それで娘と婿は帰省を諦めた。私たちは高齢夫婦だしもしコロナに感染挿せたらという心配もあったのだろう。娘の話しでは名古屋へ帰省するというと職場の人からいろいろ言われるという。そういう牽制もあって帰りづらいということもあるようだ。

 娘の提案でZOOMを使ってオンラインで新年の食事会をすることになった。娘たちはスマホを使って、私たちはノートパソコンを使ってやることにした。

 前日の31日に夕方リハーサルをした。もしうまくできなかったらいけないのでチェックをしたのだ。ホストは娘の方でやってメールでURLやID,パスコードを送って来た。

 リハーサルの時はURLをクリックするだけで簡単につながったが、1月1日の当日はなぜかうまくつながらず、IDとパスコードを要求された。そうしたことで15分ほど時間をロスしたが結果としてはうまくつながった。

 私たちの方から千里庵のお節料理を送ってあったので、それに自分たちで作ったお節料理を加えて食べた。じぶんたちで作ったお節はお互いに見せ合ったり、どうやって作ったかを説明したりした。

 千里庵のお節も美味しいと言って喜んでくれたのでよかった。私たちは既製のお節を食べるのは初めてであったが、値段も高いし美味しくなければプロとは言えない。でも、妻の作ったものも黒豆とか栗きんとんなどは負けていなかった。

 娘の方はアイホン12であったが画像はとてもきれいであった。コロナのせいでオンラインがいろんな形で行われたが、私や妻にとっても初めての経験であった。きっと日本中でオンライン帰省が行われたのではないかと想像する。

 なお、ZOOMは通常は無料で使えるのは30分以内という制限があるが、年末年始は時間制限なしだそうで私たちは1時間ゆっくりと楽しむことができた。

| | コメント (0)

2020年12月 7日 (月)

iphone12に買い替えた

 ガラ携をスマホにかえて以来ずっとiphoneを使っている。値段はちょっと高いが使いやすいからだ。
 

 2週間ほど前に今年の新型iphoneの「iphone12」が出た。婿と娘が買って私にも勧めてきた。なんでも4年の分割払いで買ったiphoneXsの残りの支払い分が帳消しになるというのだ。

 それでauショップに行って聞いてみたらやはりそうであった。古いアイホンを下取りにして残りの支払いは不要になり、新しいiphone12を買えるというのである。

 月々の支払額は少し増えるが、新しいiphoneにするとバッテリー劣化などの心配がなくなる。それで思い切って買い替えることにした。

 白いiphoneで注文したのだが、2週間経っても来ないので、auショップに色を変えてもよいからすぐに手に入るのはないか尋ねたら、青色ならあると言ったのですぐにそれを貰いに行った。青色の機種は今度新しく採用された色であった。そのかわりゴールドとパープルゴールドが無くなった。

 2週間の間にデーターの処理をしてあったし、ガラスの保護カバーとケースもエディオンで買って用意した置いた。

 初期設定とデーターの移行は店がやってくれた。家に帰って保護カバーとケースをはめたらぴったりであった。

 iphone12はiphoneXsと比べてホーム画面は移行したので同じであるが、本体が角ばっている。またカメラが2つついている。カメラの性能もよくなったようだ。暗いところを写すと自動でナイトモードに切り替わる。写真を写していてビデオにしたり、その逆もできるようだ。

 説明書やマニュアルは一切ないので、ネットで調べるしかない。新しい機能を調べながら使う。私も高齢なのでこれが最後のスマホ買い替えになるかも知れない。

Photo_20201204141301

Img_2683

| | コメント (0)

2020年11月 1日 (日)

スマホから送った写真がPCに届かなかった

 28日の午前1時半ごろ、トイレに起きて寝床に入った時、blogに写真を入れるのを忘れていたことに気づいた。すぐに起きてスマホにあるコンサートホールの写真をパソコンにメールで送った。

 パソコンのOUTLOOKを開いてみるとメールが届いていなかった。これまでこんなことはなかったのでおかしいなと思い、何度も「送受信」をクリックしたり、再起動をしたり、また別の写真を試しに送ってみたが、届かなかった。かれこれ30分ぐらいやっていたが諦めて、朝になったらCommufaのサポートに聞こうと思って布団にもどった。

 この日ソースネクストのSystem Mechanicを購入してダウンロードし、それでパソコンの中をスキャンしたので、その影響かも知れないと思った。このアプリケーションは米国製で世界で4000万人も使っているという。パソコンの動作が遅いのをいろいろチェックして調べてくれるというのであった。私のパソコン,Dynabookはまだ買って1年半ぐらいなのに買ったときから動作が重くて困っていた。それでこのアプリを買うことにしたのであった。

 それでSystem Mechanicでパソコンをいじったのが原因で、Outlookでスマホからのメールが受信できなくなったのかとも思った。

 朝9時半ごろ、Outlookを開いたら、なんとメールが届いていた。念のためにスマホから写真を送って見たらすぐに届いた。

 夜中にはどうして届かなかったのかと思い、COMMUFAのサポートに電話をした。すると原因はスマホ側にあると言った。スマホのサーバーが送れていなかったのだというのだ。

 パソコンのメールで「送受信」をクリックして、受信されなければ、それは送信側の問題なのだそうだ。受信されていれば「送受信」によって入って来るそうだ。

 今回はスマホ側にタイムラグか何か不具合があって、すぐに送信されなかったというころらしい。だからこういう場合は送った側のサポートに頼むべきであったのだ。

 いずれにせよ、問題は解決し、知らなかったことが分かったので勉強にはなった。

 

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

googleの便利な機能―③―WORD  COACH

 Googleの第3の機能は「WORD COACH」である。これは1種のクイズゲームで、楽しみながら英語の勉強ができるのだ。

 Googleの検索窓に「WORD COACH」と入れて検索するとWORD COACHの画面が現れる。そこにはWhich word is simmilar to file?などと、問題文があり、その下に
  Gender or Folder
と選択肢が2個2段に書いてあり、どちらかを選択するのだ。すると次の問題が現れる。

 Which word is simmilar to load?
 Spill or Fill

 全部で5問あり、その中に写真で選択するものもある。

 Wich image best fits the word milk?
と書いてあって、ミルクとコーヒーの写真が並んでいるので選択をするのだ。

 右上に1問ごとにscoreが示される。5問終わると、
5/5 Score 1200
 Perfection
と表示される。

 そして5問のExplanationsが下に出て、右にあるνをタップすると、その問題の説明が英語で書いてある。

 WORD COACHは言語設定を日本語のGoogleでも使え、日本語で出題されるが、説明は英語である。

 続けてやる場合は、右下の「Next round」をタップする。

 遊びながら自然に英語の勉強ができるように作られている。スマホで使えるので、いつでもどこでもやれるのがミソである。


 As we can see that Google is getting smarter day by day and its New Game "Google Word Coach" is helping a lot to the users to expand their English Language and Vocabulary in a Fun Way.What is Google Word Coach?Very few people know about Google Word Coach. It is a fun game that is provided in search results. It is a game based on vocabulary which has been introduced by Google to enhance our English.

 It is a great Initiative by Google for Non-English Speaking people who are week in English. It helps them to enhance their English Speaking and Learning Skills. Those whose English Language skills are good and want to pass their time in some productive activity can also play this game for fun and joy.

 This amazing feature of Google Word Coach has been added below the Google dictionary and translate boxes of Google Search. When you search for any word - meaning in Google, you can see the Word Coach game below the dictionary or translate box. Or When you Type the "Word Coach" in Google It appears.

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

googleの便利な機能ー②―How to pronounce

 Googleにある面白い機能のその2は「How to pronounce」である。英単語の発音について知りたいとき、Googleで「How to pronounce real」のように、発音を知りたい単語を入れて検索をすると、右に口の絵のある画面がでる。

 左上に「real」という単語が表示されている。その下に「英語(アメリカ)の発音」と書いてあり、アメリカ英語が選択されている。その傍に▼のボタンがあり、それをタップすると英語(イギリス)の発音」というのを選択できるようになっている。

 その下に「reeーlaiz📢」が表示されている。スピーカーもしくは口の絵をタップすると発音がされる。面白いのはアメリカとイギリスの発音の違いが分かることだ。簡単な単語でも違いあるのが面白い。

 私は中学校で英語を学び、高等学校でも英語の授業があった。その頃はイギリス英語であった。と言っても当時は発音は適当であって、綴りなどがイギリス式であったのだ。

 中学校1年の先生はアメリカ英語の発音であったが、子どもにもわかるいい加減なもの、つまり日本式発音であった。高等学校の1年の時の先生はイギリス英語で、発音のライセンスを持っていると自慢していた。でも私たちが勉強したのは文法や読解であった。あの頃は英語の発音はどうでもよっかったのだ。

 ところでGoogleのこの機能には、発音が正しいかどうかをチェックしてくれるのがついている。口の絵の下の方に「Practice」と書いてあり、それをタップすると、「Speak now」と変わる。変わったときに発音すると、よかったかどうかを判定し、アドバイスのメッセージが現れる。私が試したところではとても厳しくてなかなか合格できない。

 その他にモデルの発音のスピードを変えるボタンもあり、遅く発音させることもできる。

 大事なことは、スマホの「設定」でgoogleを選び、「言語」を「英語」にすることである。デフォルトの「日本語」のままだと、Practiceが使えない。

 この機能は子どもの英語の勉強にはとても役に立つと思う。私が退職するころはまだ英語を話せる先生はほとんどいなかった。15年ぐらい前からやっと英語の先生も話せるようになってきたようだ。

 英語の勉強は音から始めるべきだという学習法がネットにはある。この歳になってやっとその大切さを知り、目からうろこが落ちた。

| | コメント (0)

2020年8月31日 (月)

Googleの便利な機能―①―Google lens

  Googleに面白い機能があることを知った。その機能は3つある。その1は物の名前を知る機能である。名称はGoogle Lensという。この機能はスマホに「Google」アプリをインストールすると使える。私のスマホはiphoneだが、買ったときに「Google home」をインストールしてあった。ところが「Google home」では使えない部分があるので、改めてiphoneのAPP STOREで「Google」を検索しインストールした。

  するとGoogleの検索ボックスの右側に、四角の真ん中に青の●があり、四角の部分が赤、黄、青、●になった記号(Google lens)とその右にマイクの記号が付いていた。この二つが面白く有用な機能なのだ。

 四角の記号がGoogle lensで、その記号をタップするとカメラになり、それで花を写すと花の名前の候補や説明が現れる。花でなくても知りたいものを写すと似たようなものがいくつか示されるのだ。例えば街角で見たものなどでもよいという。

 庭の雑草の花を写したら、「ヨウシュヤマゴボウ」と写真入りで説明が現れた。全ての花がカバーされているわけではないようで、仏壇の花を写してみたら候補の写真がいくつか出たが正解はなかった。

 Googleの「言語」を英語に設定すると英語の説明と写真がでる。中国語で知りたければ設定を中国語にしておけばよいのだ。

 GoogleにはHOMEの他にCHROMEもある。私のPCにはChromeを入れてあるがそこにはGoogle lensはついていないようだ。

 スマホにGoogleを入れておけば持ち運びに便利で使いやすいのでお勧めである。

 Google lensについて検索して調べてみたら次のようなことが分かった。
 

 Google Lensでは、被写体をカメラで写すとその被写体の名前、もしくはそれに似た物、関連した物の名前を表示する。続けて名前や情報をタップすればサーチエンジンにアクセスしてより詳しい情報が得られる。花や動植物だけでなく、名前のわからないものを調べたいとき、食品や日用品をオンラインで購入したいとき、似た商品を探してお買い得品を見つけたいときなど工夫次第である。

 グーグルは、最近Google レンズアプリのアップデートを実施した。手書きの文字を写真で取り込み、テキストとしてパソコンにコピーすることができるようになった。ディスプレイに表示されたテキストや紙に印字された文言を写すことで、その内容を認識してテキストデータとしてクリップボードにコピーすることも可能。

 テキストを選び、「パソコンにコピー」をタップすると、パソコンの端末が一覧で表示される。コピー先の端末を選択すれば、その端末のクリップボードにコピーされる。テキスト内の電話番号をタップすると、番号だけを抽出して素早く電話をかけることができ、日時が含まれている場合はカレンダーアプリと連携して、その日時で簡単に予定を登録する、といった使い方も可能だという。私はまだこの機能を試していないが、様々な活用が可能になり、非常に役に立つ機能だと思われる。

 また、文章の読み上げ機能が追加された。

 さらに、新たに同じGoogleアカウントにログインしているパソコンのクリップボードにコピーする機能が実装される。
上記の機能は、iOSでの読み上げ機能を除き、AndroidのGoogle レンズアプリとiOSのGoogleアプリで実装される。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧