話題

2021年7月11日 (日)

夏のエアコンを効率的に使うには

 7月になってからエアコンをつけることが多くなった。日中買い物に出かけ汗をかいて帰宅する。そのときエアコンが付いていて部屋が涼しくなっていると嬉しい。

 熱中症がやかましく注意されるようになり、家にいても熱中症になるからエアコンを活用するようにテレビで言っている。夜でも熱帯夜になることがあるかからエアコンをつけて寝ることを勧めている。我が家でもエアコンをつけて寝る日が多くなった。

 エアコンを使うのはよいが、心配なのは電気代である。エアコンがどのくらいの電気代を必要とするのかは知らない。多分かなりの金が要るだろうと思う。

 今年の夏は暑そうだからエアコンの出番が増え、たぶん大忙しであろうと思う。

 そんな時にネットで「エアコン付けパなし運転とこまめに切る運転、どっちが得?」という記事をみつけた。

 パナソニック株式会社では、コロナ禍での昨夏の光熱費実態を調査するとともに、真夏におけるエアコンの「つけっぱなし運転」と「こまめに消す運転」の光熱費の違いについて、独自の実験結果をもとに検証したそうだ。

 コロナによって在宅勤務など家にいる時間が多くなり、それに伴って昨年より光熱費の支出が増えたと答えた人が40%ほどあったという。電気代が増えたのはエアコン使用が大きいようだ。

 パナソニックの研究では、外気温が35℃以上の“猛暑日”のような場合は、室温が上昇しやすいため、「つけっぱなし」運転がお得。しかし、30℃程度までであれば、室内温度がそこまで上がらないため「こまめに消す」運転の方が電気代の節約につながることが分かったという。

 つまり夏日から真夏日(30度以上)の外出はこまめに消した方がお得で、つけっぱなし運転よりも月に67%電気代が節約できるそうだ。気温が35度以上の猛暑日はつけっぱなし運転がお得になるという。

 名古屋近辺では、梅雨が終わりに近づき、今週から曇りや太陽が出る日が続く予報である。外気温をよく確かめてエアコンの操作をするようにしたい。

 

| | コメント (0)

2021年7月 8日 (木)

明石家さんまの資産500億?に驚愕!!人気タレントはそんなに偉いのか?

 Yahooニュースを見ていたら、「明石家さんまの総資産500億円?・・・」という日刊現代デジタルの記事が目に飛び込んできた。「500億円?」明石家さんまは66歳のこれまでにそんなに稼いだのか!と驚愕した。

 記事によると、「『都内の高級住宅街に推定10億円豪邸の他、ベンツや高級外車を何台も所有し、個人事務所のビル、豪のゴールドコーストに別荘と莫大で、総資産500億円なんて見方もされるほど。30代にして年収1億円超えし、最高年収15億円なんて数字も取り沙汰され、貯金30億円とTVで話題になったこともありました』とスポーツ紙芸能デスクは言う」と書いてあった。

 これまでも人気のあるタレントや芸能人の稼ぎは物凄いと思っていたが、明石家さんまクラスになると、年収10億、15億もあるのかと思った。サンマの場合、平均の稼ぎが少なくとも1年に10億円以上ということだ。

 明石家さんまは何歳からお笑い芸人をやり始めたのが知らないが、吉本所属の芸人は収入が少ないのでアルバイトをしている人が多いと聞く。テレビに冠番組を持ち、いくつもの番組に出ずっぱりになると収入は天文学的数字になるみたいだ。

 タモリとか黒柳徹子、たけしや所ジョージなどの売れっ子はきっと明石家さんま級の稼ぎなのだろう。歌手やタレントでも売れてる人は豪邸に住み、高級車を乗り回し豪勢な生活をしている。

 昔加山雄三が1億だったか2億だったかの借金を背負ったがアッという間に返却して今や巨額の資産を持っていると想像する。

 テレビというメディアで人気を取ると一般人が想像もつかない収入を得られるが、そういうことにかねがね疑問を抱いてきた。余りにも一般人との差が大きすぎる。仕事がない人とか、あってもコロナなどのようなことが起きると首を切られる人がいっぱいいる。生活苦で自殺する人も多い。

 菅首相は「自助、共助、公助」と言い、まず自分のことは自分でやれと言っているが、自助できない庶民に冷たい。巨額の稼ぎをするタレントなどの稼ぎを野放しにせず、誰もが納得できる程度にタガを掛けるべきだと思う。

 ビルゲイツなど米国の超資産家は巨額の寄付をするが、日本の資産家が高額の寄付をしたということを聞いたことがない。

 同じ人間に生まれてきて、この格差。もし神があるなら神はどうして差別を許すのであろう。「運命」と諦めるべきなのか。

 

| | コメント (0)

2021年6月20日 (日)

中国の大学入試で日本語を選ぶ学生が増えているという

 newspassを見ていたら「高考」(ガオカオ)という全国大学統一入学試験で外国語の受験科目として日本語を選ぶ学生が増えているという記事を見つけた。私は外国人に日本語を教えているので目に付いたのだ。

 中国では、高考の外国語に英語のほかに日本語、ロシア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語を選択できるという。ずいぶん多くの外国語が試験科目にあるのに驚いた。

 日本語を選ぶ学生が増えたのは、5年ほど前に、中国のある日本語学校が「日本語なら、あなたも高得点が見込める」と宣伝したことなどをきっかけだという。

 日本語選択者は2016年には全国でも1万人に満たなかったが、2017年には約1万6000人、2019年には約4万8000人と増加し、2020年には10万人を突破した。

 急増の理由は、英語よりも比較的簡単に高得点が取れるからだ。日本語には漢字が多く、中国人にとって最も学びやすい言語である。その上、高考の日本語受験に必要な語彙数は約2000と英語に比べて少なく、試験の難易度も低いという。

 また、全国統一試験なのに英語などは省や都市によって試験問題が異なるが、日本語はどこで受験しても同じ問題なのだそうだ。

 全国的に見て受験難易度が高いといわれる広東省、浙江省などの“激戦省”では、この3年ほどの間に英語から日本語に鞍替えした受験生が急増した。その反面、受験難易度が低いのに、学習環境が充実している北京市などでは、英語での受験者が圧倒的に多く、わざわざ日本語に鞍替えしようとする人は少ないそうだ。

 高考で日本語が選択される理由はその他に、やはり、日本語のアニメやドラマ、音楽、ゲームなどの影響が非常に大きいことだという。

 また、2014年頃から始まった海外旅行ブームのなかで、家族とともに日本旅行に行った経験を持つ若者が増えていることも影響しているだろう。日本に親しみを持ち、日本語も勉強してみたいといった興味が日本語学習につながっていると言える。

 ほかにも「日本への留学や日本での就職につながるかもしれないから」「親戚や友だちが日本に数多く住んでいて、将来、自分も日本語を使う機会があるかもしれないから」などの理由で日本語を選択する人が増えているようだ。

 さらに日本語が学べる(日本語という選択科目がある)高校が増えているそうだ。日本語教室に来る学習者も中国で勉強してきたという人も見かける。中国人で日本語を学ぼうとする人たちが増えていることは相互理解のためにもいいことだと思う。

| | コメント (0)

2021年6月 6日 (日)

自動車の燃費記録装置義務化

 6月4日の朝日新聞トップ記事は「燃費記録装置 義務化へ」であった。私は車を手放してから3年半ほどになるので、自動車に関しては興味もないのだが、「燃費記録装置」という見出しに驚いた。

 自動車を初めて買ったときから大きな関心事の一つは「燃費」であった。車を買うときには燃費のことを詳しく尋ねた。最初に買ったのは軽自動車であったが、燃費は普通車より良いと言われていた。どのくらいだったか覚えていないが、リッター当たり市内走行で10km前後だったように思う。

 普通車を初めて買ったときは多分リッター当たり8kmぐらいではなかったか。その後だんだんと燃費が良くなって行った。最後に乗った車はカタログでリッター当たり27kmと書いてあったと記憶する。ずいぶんよくなったものだと思った。

 鎌倉まで行ったとき、和歌山県まで行ったとき、リッター当たり20kmぐらいだったように思う。満タンで走って、そのまま戻って来られたのであった。

 初めて車を買ったとき、燃費を調べてもらったことがある。また、勧められて燃費をよくするという錠剤をタンクに入れたこともある。燃費は車を運転するには大事なことであった。

 でも、車を手放すまでに一度も燃費の記録ができるということを聞いたことはなかった。記事によると、早ければ2023年10月以降の新車から順次適用するとあった。

 国交省は、実燃費の備え付け方法は指定しないが、データの改ざんをできないようにする。それは当然のことである。車に搭載したコンピュータで走行距離と、使用した燃料の量をもとに燃費を算出て記録する。リアルタイムの燃費データを測定し、運転席の画面に表示して見られるようにする。これまでは燃料計の針を見ていたが何とも便利になるものだ。
これからは燃費について不正ができなくなるだろう。

しかしながら自動車は早晩電気自動車のなるだろうから、「電費」ということになる。国交省は電気自動車やハイブリット車に「電費」が分かるように求めるそうだ。

 

| | コメント (0)

2021年5月30日 (日)

「五快の精神」というのを初めて聞いた

「5快の精神」とは、快食、快便、快眠、快笑、快動の五つだという。

◎快食→30品目50種類を毎日食べれるようにするとよいと厚労省が勧めている。
    3食のうち、朝食が一番大事で次が昼食、夕食は小量でよいという。

    私は1日2食、30品目、50種の食品からは程遠いと思う。

◎快便→バナナのような形の便が良く、色や匂いにも気を付ける。便は1日3回がよい。

    私は大体1日3回が多い。程よい硬さの便のことが多い。以前「サンデー毎日」に下腹に力を入れていきむとよいと書             

    いてあったので、以来そうしているが、腸の中からつながって出てくる感触がある。

◎快眠→毎晩7時間~8時間ぐらいがよい。10時~2時の間に眠っていることが大事
    で、この間にホルモンが作られる。
   

    私は9時ごろ寝て朝4時ごろ起きる。夜中に1度トイレに起きる。寝つきはよ  
    いがトイレの後の寝つきは悪い。 

◎快笑→よく笑うことだ。笑うことの効果はいろいろ言われている。
    

    日常生活で笑うことは少ないので、お笑い番組や「笑点」とか「新婚さんいらっしゃい」で笑っている。

◎快汗→体をよく動かすことが大事だ。家事労働でも体を動かすことができる。

    私はウオーキングと買い物に行くときの自転車が主な体を動かすことである。
  

| | コメント (0)

2021年5月 9日 (日)

世論も海外メディアも東京五輪・パラリンピック中止だ

 11日で終わる予定であった東京都や大阪府などの緊急事態宣言が5月末まで延長になり、さらにまん延防止等重点措置であった我が愛知県と福岡県が緊急事態宣言に追加された。

 新型コロナウイルスの変異株が猛威をふるい、感染者や死者が増加し医療が崩壊しかねない状況になってきたからである。大阪では病院に入れず自宅療養をしていた人が亡くなるケースも出て来た。私が住む名古屋市も病床は逼迫していると言われる。 

 そんな中で東京五輪・パラリンピック開催の日が刻々と迫っている。国民世論の約7割が開催中止に賛成しているが、菅政権や東京五輪組織委員会は「コロナに打ち勝った証し」と称して五輪開催に突き進んでいる。

 東京五輪・パラリンピックのために準備をして来た選手たちのことを思えば、開催してあげたい気持ちになるが、コロナウイルス禍が収まる気配がなく、ますますひどくなりそうな現況では、開催中止を早く決める必要があるのではないか。

 7日の天声人語では「みなに慎重な行動を促す一方で、東京五輪は開くと言い続けるなら、政府自ら緊張感を緩めているようなものだ。五輪の中止を判断することが、今や行動変容の必要条件ではないか」と書いた。行動変容とは人々の行動が変わらず、行楽地に出かけたり、連休明けの鉄道が大混雑をしたことに関してのものである。この際五輪を中止すべきだというのだ。

 IOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長が17日に来日するのに向け、国内では五輪中止を訴える声がネット上で広がり始めているという。

 元日弁連会長の宇都宮健児弁護士は5日から、オンラインサイト「Change.org」で五輪中止を求める署名運動を始めた。わずか1日(24時間)で、5万6312筆もの署名が集まったそうだ。

 米ワシントン・ポスト(電子版)は5日のコラムで、日本政府に対し東京五輪を中止するよう促す記事を掲載。新型コロナ禍にもかかわらず開催を強要しているバッハ会長を「ぼったくり男爵」と呼び、「開催国を食い物にする悪癖がある」など非難したという。

 
 NYタイムズ紙やサンフランシスコ・クロニクル紙なども東京五輪について「最悪のタイミング」「開催されるべきではない」と報じているそうだ。バッハIOC会長に「ぼったくり男爵」という敬称を付けたのは面白い。

 国内の大手メディアが大々的に中止を訴えることができないのは、東京五輪スポンサーのためだという。だから、各社とも海外メディアの記事を引用する形で、やんわりと政府や組織委の姿勢を批判しているのだそうだ。

 昨年開かれるはずだった東京五輪・パラリンピックは1年延期されたのだが、状況は昨年よりはるかに悪くなっている。こんなことなら昨年思い切って開いておいた方が良かったと思っている関係者がいるかも知れない。

 中止すれば一番残念なのは安倍前首相であろう。森友・加計学園問題、公文書改ざん、桜を見る会・・・など、数々のウソを何とか誤魔化してやり過ごしてきた悪運もなくなったということになろう。

 バッハ会長たちはどう判断するのであろうか。

 


 

| | コメント (1)

2021年4月 1日 (木)

厚労省職員の決まりを無視した飲食

 30日の羽鳥モーニングショーで、厚生労働省の職員23人が今月24日、東京・銀座の居酒屋で深夜まで送別会を開いていたことが判明したことを取り上げていた。新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されたたった3日後のことである。解除されたとは言え、東京都など首都圏では午後9時までの営業時間短縮要請が継続されている。

 送別会を開いていたのは介護保険などを担当する老健局の職員だが、新型コロナウイルス対策を先頭に立ってやっている厚労省の職員である。
 

 政府の有識者会議「新型コロナウイルス感染症対策分科会」は2月、感染の再拡大「リバウンド」を防ぐため、感染の原因として指摘されることが多い飲食について提言をまとめた。

 それによると、参加者を「いつも近くにいる4人まで」に絞るほか、食事の際も深酒・大声を避けて短時間で済ませ、会話時のマスク着用を求めている。

 ところが厚労省の職員たちは23人が集まり、職員らはマスクを外して大声を出していたのだ。営業時間終了後も店に残り、全員が日付が変わる直前まで残っていたという。

 率先してコロナ対策を守って、国民に範を垂れるべき厚労省職員が、罰則はないとはいえ、自らが決まりを破っていたのでは示しがつかない。

 田村憲久厚労相は30日の閣議後記者会見で「いろいろな形で生活上の制約をお願いしている中、国民の信用を裏切る形になった。私からも深くおわびを申し上げる」と謝罪した。が、国会に提出する法案のミスと言い、今回のことと言い、政府機関の役人の資質の低下を如実に示している。

 あってはならないことが次々に起きるということは政府の責任である。今後こうしたことが起きないよう引き締めるべきだ。

| | コメント (1)

2021年3月31日 (水)

昼間眠くなるのはなぜ?

「春眠暁を覚えず」というコトバがあるが、若い頃と違って高齢になるとそんなことは関係ない。ただ家にいるからか昼間に眠くなって仕方がない。どうして眠くなるのだろうと不思議でならない。

 夜寝床に入るのは9時前、朝起きるのは4時頃というのは退職後の決まった習慣である。夜中にトイレに起きるのは1時か2時ごろの1回だから睡眠時間は6時間半ぐらいか。トイレに起きた後なかなか寝付けないのだ。

 朝は雨が降らない限りウオーキングに行く。帰宅するとシャワーか風呂に入る。7時半からはNHKの連続テレビ小説を見る。そのあと眠気が来ることもあるが、一番眠くなるのは午後である。

 昼寝をしないと頭が働かず新聞を読む気にもならない。それで昼寝をする。だいたい1時間ちょっとだ。テレビでは昼寝はよいが20分か30分ぐらいが適当と言っていた。私の場合長いようだが、夜になるとチャンと寝付けるのでいいと思っている。

 不思議なのは、夜中にトイレに起きた後はなかなか寝付けないが、昼寝の時は簡単に眠りにはいることだ。

 先日カラオケに行ったとき、ママが「昼中眠いと言っている人が多いよ」と言っていた。カラオケは年寄りばかりなのでみんな昼間眠いと感じているのかもしれない。

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

麻生副総理のマスク発言ー国民が政府に聞きたい

 麻生財務相が19日の閣議後会見で報道陣に「マスクはいつまでやるの?」と問いかけた。「マスクなんて暑くなって口の周りがかゆくなって、最近えらい皮膚科がはやっているそうだけど。いつまでやるの?」「真面目に聞いてるんだよ、俺が。あんたら新聞記者だから、それぐらい知ってんだろ」と付け加えた。
 

 麻生大臣は副総理でNO.2である。新型コロナウイルス対策を進めている内閣の中心人物である。マスクをいつまでつけるかどうかは内閣が専門家会議に相談して決めることだ。新聞記者が知ってるはずがない。

 サンデーモーニングで青木理氏は「政府の対策とワクチンの接種次第でかわるわけですよね。そんなことを冗談なのかもしれないけれど、おっしゃってる人がナンバー2なのかと思うと、(日本が)先進国なのかという議論がありましたが、残念ながらこれが今の現実なのかな」と呆れていた。冗談にしても公の場で言うべきことではない。

 玉川徹氏は「記者に対して、どうするの?と聞いてどうするの?我々の政府は無能ですと言っているのといっしょじゃないですか。無能じゃないっていう部分が一切ないっていう政府ですからね、ずっと。図らずもそれが出たなって感じです、またも」と厳しく批判した。


 高橋真麻さんは「あなたたち80代くらいの人たちが重症化リスクが一番高いから若い人たちもしてるのに・・・」と話したという。

 麻生氏は失言で有名である。今回も何とも頓馬な質問をして多くの人たちから批判を浴びた。安倍政権で8年、菅政権でも引き続き副総理を務めているが、こういう人物がのほほんとしていられるような政府が我々の政府だと思うと情けないことおびただしい。

 ネットでは麻生氏と安倍氏がタッグを組んで二階・菅タッグを引きずりおろすという話も飛び交っている。どっちに転んでも同じである。無能・堕落政権であるのは変わりない。

| | コメント (2)

2021年3月23日 (火)

22日の山崎川の桜

  21日は朝から一日中雨で歩きに行けなかった。暖かかったので桜は多く開くのではないかと思っていた。

 22日の朝良い天気になったのでウオーキングに行った。山崎川に着くと石川橋から300mぐらいの間の若い桜の木も数輪ずつ花をつけていた。

 向田橋から下流は古い桜が多いので、花をたくさん開いている木が多く見られた。

 私は山崎川の右岸、西側を下流に向かって瑞穂グランドまで歩いて行き、瑞穂橋を渡って東側を上流に向かって戻っていく。東側の桜並木はなぜか開花が遅く、あまり花を開いていなかった。

 かなえ橋の上にかかっている電線には、なんという鳥か知らないがヒヨドリより小さめの鳥がたくさん止まっていた。

 サブグランド近くにたった1本あるモクレンが満開で、前日の風で花びらを散らしていた。

 この日は風が強く、時々ゴーっと吹いてきて帽子を飛ばされそうになった。とばされて川に落ちたら大変なので手で押さえながら歩いた。桜は大きく揺れていたが道に落ちているのは2つ、3つぐらいでよかった。いつも思うのだが、桜が咲くころになると、花に無情の雨が降ったり、強い風が吹く。
グランドの近くの親水公園脇の岸に枝垂桜が1本あってきれいに咲いていた。その隣んい山桜が1本花をたくさんつけていた。山崎川には山桜は2本あり、その1本である。田辺公園付近に来ると公園の木々がゴーッと凄い音を立てていた。
桜が満開になるのは25日頃かと予想した。

Img_2945

           西側の桜

Img_2946

           モクレン

Img_2947

              山桜

Img_2948

           しだれ桜

Img_2949

        余り咲いていない東側

| | コメント (0)

より以前の記事一覧