2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

話題

2024年6月15日 (土)

給食費無償化の動き

 13日の朝日新聞一面トップ記事は「小中給食無償化 実施3割」であった。公立小中学校の児童生徒全員の給食費を無償化している自治体が、2023年9月時点で、全国の3割にあたる547あったことが文部科学省の調査で分かったとあった。

 給食費の無償化の自治体が3割もあることに驚いた。私が38年前に退職するまで給食費を集金していた。現金を袋に入れて持ってくるので大変な仕事であった。朝一で教室に行き登校する児童から給食費を受け取った。

 戦後私が小学校の4年だったころ給食が始まったが、その頃は食事ではなく、米軍放出のトマトジュースであった。慣れるまでは臭くて飲むのに大変だった。その後ミルクになった。ミルクも臭かった。そしてパンも付くようになった。パンは嬉しかった。

 就職したときは粉ミルクで作ったミルクとパンなどであった。給食費がいくらだったかは覚えていない。

 給食費を払わないのは保護家庭と準保護家庭であった。クラスには4~5人いた。給食費を持ってこない子たちへの偏見はなかったと思うのだが本当のところは分からない。

 名古屋の貧困地域の小学校に勤務した時、給食費を払えない子がいて家庭訪問したら、その子に家の冷蔵庫には食べ物が全くなかったので驚いたことがある。すぐにパンなどを買って与えた。

 給食はそういう子たちにこそ大事なのだ。給食費の無償化の動きはいつ頃から始まったのか知らないが、無償化が広がるのはいいことだ。

 ただそれには予算が必要で、新聞によると、公立小中全国実施なら5千億円必要だという。教員給与増など予算に限りがあるというのだ。

 給食費は物価高騰などで上がり続けており10年間で13%ほど上がったという。値上がりの状況は都道府県により差があるのは当然だ。最も小さいのが滋賀県で、最も大きかったのは鹿児島県だという。

 給食費無償化はどのようないひろがっていくのだろうか。

2024年6月14日 (金)

外科医が半減?

 12日の羽鳥モーニングショーで外科医が半減と言っていた。さらに今後日本では医療を受けられなくなるとも言っていた。
医師は郡部だけで不足しているのかと思っていたが、全体数が減少しているとは知らなかった

 新聞に入って来る進学熟の折り込み広告や駅に張られている進学塾の広告では医学部合格というものが多い。医師は収入の多い職業として、社会的地位の高さからも医学部に入りたいという若者が多いと思っていた。ネットで調べると志望者は2.3%の微減だいう。

 どうして外科医が半減したのか。夜中でも呼び出されたり勤務が大変だからのようだ。最近医師の働き方改革が言われているが、12日の朝日新聞「私の視点」で香川大学講師今滝修氏は次のように書いている。

 「実際に現場で起きていることは極めて悲惨であり、『働き方改革』とは程遠いのが現状である。4月から医師の時間外労働に対する上限規制が制度化され、私が働く国立大学病院でも労働時間が厳しく管理されるようになった。しかし、外来対応は夜間に及び、週末に診察に出るのも日常茶飯事である。医師の業務の一部を看護師らに委ねるタスクシフトではまかないきれない量の業務が降りかかってくる」と。

 今滝医師は解決策として、医師の数をふやすことと、国民が受診が必要かどうか適切に判断できるようリテラシーを向上させることだと提案している。

 医師を増加させるには政府の施策が必要であろう。「働き方改革」だけでなく、さらなる対策が望まれる。

 羽鳥モーニングショーでは女性の医師を増やすことが言われていた。以前の新聞で医学部に女性が合格する数が制限されていると報じていた。大学が医師は男性をと決めているのは今の時代に合わない。女性蔑視である。

 外科手術を受けられないなどはあってはならないことだ。私は直腸がんの手術や手当てを一切しないことにしているが、いささかの貢献をしていることになるだろうか。

 

2024年6月 2日 (日)

年金生活者の定額減税はどうなる?

 5月31日の朝日新聞朝刊一面に「定額減税 いつ4万円 6月開始でも仕組み複雑」という記事があった。読んで見たが非常に分かりづらい。

 リードには「岸田首相の肝いりの定額減税が6月から始まる。減税は一年限りで一人当たり4万円。ただ収入や世帯構成によって、1度に減税される人もいれば、年末までに少しづつ続く人など様々だ。所得税(3万円)と住民税(1万円)で減税の仕方も違い、元々納税額の少ない人は差額がしきゅうされる。」と書いてある。

 これを読んでも本文を読んでも私のような年金生活者はどうなるのかはわからない。羽鳥モーニングショーでは年金生活者は375万円以下の人が対象となると言っていたように記憶するが、通知があるのだろうか。

 知人に聞いたら、給与生活者が先で年金生活者は後だと言ったが、そうなのだろうか。

 テレビニュースでは、企業などの雇い主に対し、給与明細に所得税の減税額を明記するよう義務づけたが、「恩着せがましい」などの批判が出ているという。

 年金生活者には待っていれば給付者の方からやってくれるのであろうか。分かりやすい説明がほしい。

 定額減税をやるのは岸田首相が自民党総裁に再選されるようにという狙いだとネットにあった。人気取りなのか、これを機に衆院解散をするのか。

2024年5月30日 (木)

100円ショップの乾電池の性能は?

 ネットニュースを見ていたら、「100円ショップのアルカリ乾電池の容量は?価格差3倍のパナソニック製と比べてみた_仰天ニュース」という記事があった。

 パナソニックの乾電池は価格が高いが、記事によるとトップブランドだという。私はふだん使いの乾電池はマクセルやスーパーで売っている値段の安い乾電池を使っている。

 100円ショップの乾電池は買って使って見たことはあるが、何となく品質が落ちるような気がしてあまり買わない。

 この記事によると、パナソニックの乾電池とダイソーの100円乾電池を比較したら、性能的にはほぼ変わりはないというのだ。性能曲線を見るとパナソニックのすぐ下に100円乾電池がくっついて同じような曲線を描いている。

 違いは何かと言うと、保存期間だという。パナソニックの乾電池は10年間なのに対して、100円乾電池は7年間だそうだ。
それで災害対策などの保存用にはパナソニックのアルカリ乾電池を、普段使いには100円アルカリ乾電池でもよいという。

 リモコンやフラッシュライトなどに安いアルカリ乾電池を使って来たがそれでよかったようだ。今度100円ショップに行ったときには100円乾電池を買うつもりだ。

2024年5月29日 (水)

幸福を感じる条件

 ネットニュースを見ていたら「なぜ金があっても不幸な人がいるのか。ハーバード大学が85年研究して分かった、人間が幸福を感じる絶対条件」という記事があった。ハーバード大の研究というだけでインパクトがある。

  話題の本『グッド・ライフ 幸せになるのに、遅すぎることはない』の著者でハーバード大学医学大学院・精神医学教授のロバート・ウォールディンガーさんとハフポスト日本版の泉谷由梨子編集長が語り合ったものだ。
この本は人間はどうすれば幸せになれるのか。その答えになる研究結果が記されたものだという。

 この研究は1938年に、2つの群を対象にボストンで始ままった。1つの群はハーバード大学で学ぶ若い男性たちと、もう一つの群はボストンで最貧困の、家族に何かしら問題を抱えた家庭で育った若い男性たちであった。私が3歳の頃に始まった研究だという。

 まずは、この2つの群の若い男の子たちが成人になっていくにつれて、成功した人生を送っていくのか、その過程を調べることにしたという。

 最初の仮説では、様々なことに恵まれているハーバード大学の子どもたちに比べ、非常に厳しい生活を強いられている最貧困層の子どもたちの方が良くない結果が生まれるのではないか、という風に考えていたそうだ。一般的に誰でもそう考えるだろう。

 しかし、実際は必ずしもそうではなかった。研究でも、世界中の何百もの論文でも明らかになっている大きな結論の一つが出ているという。

 それは、一番幸せな人生を送っている人たち、豊かな生活をしている人たち、健康な生活を送っている人たちは、人間関係や他者との関係が素晴らしい人たちということだというのだ。

 日本だけでなくアメリカでも、名声や富、何かの賞を授かるといったところに注目が集まりがちだが、実際に一番幸福を感じている人たちは、そうではなく、他者との関係を良好に維持することができた人たちだったそうだ。

 それでもやっぱりお金がないと不幸では?という問いには、例えば食品や十分な医薬品が買えない、子どもを学校に行かせることができない、家賃が払えないといったような基本的なニーズが満たせない事態にまで陥ると、やはり不幸になってしうという。それはそうだろう。最低必要条件だと思う。

 ただし基本的なニーズが満たされることはもちろん人を幸福にする要素ではあるが、そのニーズが満たされた後、それ以上に稼いで、例えば100倍稼げれば100倍幸せになれるのかといったら、そうではないということが分かっているという。

 実際に金額よりも重要なポイントは、基本的な生活のニーズが満たされるかどうかだそうだ。

 ギャラップ社の調査によると、多くの経営層は、 職場で友人を作ると仕事の生産性が低くなると考えがちだが、しかし実際には逆で、友人がいることで生産性が上がることが明らかになったという。

 実際には、職場の誰かに仕事を教えることは幸福にとって必要な要素だという。寛大であること、自分以外の誰かを思いやることで、幸福度が高まる。仕事でやりがいを感じている人たちは、お互いに支え合って、メンタリングしあおうという気持ちがある人たちなのだという。

 いろんな人の人生をたどってきて、1つ発見したことがある。それは、人間関係を改善していくために、人生や生活の仕方を180度回転させるような大きなことをする必要はないということだという。

 日常的に小さなことから始めればいいという。例えばメッセージを少しだけ送るとか、短い時間でも電話をするとかでもいい。あるいは大切に思っている友人や家族と、1カ月に1回ぐらいは時間をとって一緒に散歩をしたりお茶を飲んだりしてもいい。自分が大切に思っている人たちに少しのメッセージを届けること、そして定期的に会うことが重要だというのだ。

 SNSやLINEをやっている人が多いがそうしたことが役に立つということか。

 自分が幸福かどうかと立ち止まって考えたことはない。平凡に人生が過ぎてきた。それが幸福であったということだ思われる。

 年金によって今のところ食べるだけはできている。物価が高騰したらどうなるかは分からないが。退職後約30年は趣味のサークルに入り、日本語教室のボランティアを続け、金のかからないウオーキングを続けてきた。原始仏教を勉強し釈迦の教えを心の支えとしてきた。

2024年5月17日 (金)

NTTファイナンスを語る不審電話

 15日の午後スーパーへ買い物に行った帰りに携帯電話が鳴った。番号を見ると見知らぬものであったが出てみた。すると「NTTファイナンスからの重要なお知らせです。未納料金が発生しております」と言った。そこまで聴いてこれは怪しい電話だと思って切った。

 帰宅してからNTTに電話をした。先に書いたような電話があったが詐欺電話でしょうねと尋ねた。スタッフは「電話番号はおかしいですか」と言った。電話の履歴の所に残っている番号+1 84458063619を伝えた。するとスタッフは「∔で始まる電話は海外からです」と言った。そして「NTTは海外から電話を掛けることはありません。こういう電話が増えています。」と言った。

 私は「やはり不審電話ですね。詐欺電話ですね」と確認した。ネットにはNTTfアイナンス詐欺電話というのもあった。

 大企業を名乗って掛ける詐欺電話が多いと新聞で読んだことがある。NTTとか三菱UFJ銀行などを名乗って信用させるフィッシング詐欺が横行しているようだ。
 

 13日にはスマホのショートメッセージにまた怪しいメッセージがはいった。「いますか?携帯電話1台で自宅でお金を稼ぐことができ、1日20.000円以上、興味があればNEを追加する:988TQ」

 発信はspokozak@icloud.comという得体の知れないものであった。

2024年5月13日 (月)

ADLというコトバを知った

 健康講座で「ADL」という用語があることを初めて知った。ネットで検索したら医療関係や介護関係のサイトで解説をしていた。

 ADLとはActivities of Daily Livingのことで、ADLのAはアクティビティー(動作)、DLはデイリーリビング(日常生活)を指す。日本語では日常生活行動動作能力のことで、日常生活を送るために最低限必要な日常的な動作で、「起居動作・移乗・移動・食事・更衣・排泄・入浴・整容」動作のことである。

 日常生活動作(ADL)には、基本的日常生活動作(basic ADL=BADL)と手段的日常生活動作(instrumental ADL=IADL)とがありる。

 基本的日常生活動作(BADL)とは、一般的に日常生活動作(ADL)のことを指し、日常生活における基本的な「起居動作・移乗・移動・食事・更衣・排泄・入浴・整容」動作のことを指す。

 手段的日常生活動作(IADL)は、基本的日常生活動作(BADL)の次の段階を指す。「掃除・料理・洗濯・買い物などの家事や交通機関の利用、電話対応などのコミュニケーション、スケジュール調整、服薬管理、金銭管理、趣味」などの複雑な日常生活動作のことを指す。

 ADLが全て問題ない自立した年齢を健康年齢という。

 長生きをするようになって平均寿命が延びた。2021年は84.45歳で、男女別では2022年に男性が81.05歳、女性が87.09歳である。

 しかし健康寿命はというと、健康寿命2019年  男性72.68歳、女性 75.38歳で、日本人の健康寿命は低いといわれる。健康寿命を延ばすことが望まれる。平均寿命が延びても自立して生活ができる状態が大事である。要介護の状態での長生きは嬉しくない。

 ADLは要介護などの判定につかわれるそうだ。

 私は米寿の半ばとなったが、自分では今のところADLはOKだと思っている。

2024年5月10日 (金)

身体の新陳代謝

 我々人間の身体は絶えず新陳代謝をしている。体の部位による新陳代謝の目安は次のようである。ただ、年齢などは個人差があり、すべての人が当てはまるものではない。

  口の粘膜・・・・・・・・・・・約3日

  胃の粘膜‣・・・・・・・・・・約1週間

  髪の毛・・・・・・・・・・・・1日約0.3mm

  皮膚・・・・・・・・・・・・・約1~3か月

  爪・・・・・・・・・・・・・・約100日

  内臓・・・・・・・・・・・・・約2~6か月

  血液・・・・・・・・・・・・・約3~6か月

  骨・・・・・・・・・・・・・・約6か月~1年
 

 口の粘膜が約3日と一番早いとは思っていなかった。私は足の親指の爪が黒くなったので医者に診てもらったら爪の水虫だと分かった。薬を塗っていたら少しずつ短くなってきた医者はもう少しだねと言った。爪は伸びる様子が分かりやすい。
 

 皮膚も風呂に入ると足の踵の皮膚がはがれるのがよくわかる。いつも体を洗うときタオルに石鹸を付けて洗っているから古い皮膚は洗われて行くのだろう。
 

 髪の毛は伸びるのがよくわかる。私は2カ月に1回散髪をしているがかなりの量の髪の毛が切られる。

 骨や内臓については見ることができないので分からないがかなりの時間を要しているようだ。

2024年5月 9日 (木)

認知症は怖れることはないという

 私も妻も高齢なので認知症が怖い。認知症についてはテレビやネットなどで色いろ取り上げられている。そんな中でネットで【「認知症にだけはなりたくない」高齢者が多いが…実は「恐れる必要はない」と和田秀樹氏が断言する“これだけの理由”】という記事があった。

 和田氏の著書『65歳からおとずれる 老人性うつの壁』(KADOKAWA)よりサマライズしたものだ。和田医師は「81歳の壁」が大ヒットして以来売れっ子となり、次々に本を書いている。引用されたこの本もその類である。

 高齢者医療を行っていたり、多くの高齢者とお話をする機会が多い和田医師の経験では、高齢者の不安や恐怖の中で最も大きいものに、認知症だという。

 高齢者専門の精神科医としての長年の経験から言うと、「認知症になるか、うつ病になるか、どちらかを選べ」という究極の選択を迫られたら、和田医師は間違いなく、認知症を選ぶと述べている。

 認知症は、少なくとも本人にとっては、それほど不幸な病気ではないという。楽しいことも忘れるが、嫌なことを忘れられるというのだ。実際、認知症が進むほど、ニコニコする高齢者は多いそうだ。ニコニコする可愛いおじいちゃん、可愛いおばあちゃんになるという。

 認知症になった自覚は初期のうちだけで、中期以降は自分が認知症だという意識がないという。病気であるという自覚もなくなるのだ。だから本人は幸せになれる病気だという。

 米国のレーガン元大統領は任期中に認知症になった可能性があるようだ。でも任務を果たすことができた。

 認知症がかなり重くなり介護が必要となったら「介護保険」の利用ができる。そのために介護保険制度があるのだという。介護保険の導入後、昔ほど施設に入るのは難しくなくなった。介護費用が保険でカバーされるので、介護付きの有料老人ホームも以前よりはかなり安く利用できるようになっているそうだ。

 認知症になっても買い物に行けるし、食事を作ることもできるという。

 徘徊したり、大声を出したり、便をこねたり、それを家中に塗り付けたりして迷惑をかけるのではといった心配をする人もいるだろうがそうした人は少ないという。

 認知症の多くはある種の脳の老化現象なので、大人しくなる人のほうが圧倒的に多いという。

 和田医師は、認知症というのは、本人の主観では幸せな状態のことが多いし、少なくともすぐには人に迷惑をかけるような病気ではないのだから、それほど恐れる必要はないというのが、長年の高齢者医療の経験から得た結論だそうだ。

 この記事を読んでかなり気が楽になった。

2024年5月 8日 (水)

NHK知っておきたい「飲酒ガイドライン」から

 私は晩酌をしているので、酒類に含まれるアルコール量のことが気になっていた。先日NHKテレビの「知っておきたい飲酒ガイドライン」という番組があったのでそれを観た。

 厚生労働省が「飲酒ガイドライン」を発表したというのだ。それまでは酒について気を付けて飲むようにと言っていたのを、具体的にアルコール量で示したのだ。

 それによると、生活習慣病を高めるⅠ日あたりの純アルコール量は、男性で40g以上、女性は20g以上だ。女性は男性に比べて身体が小さく、水分量がすくなく、肝障害を起こしやすいのだという。

 純アルコール量の計算式は、【飲む量×アルコール度数×比重】で例として、500ml×0.05×0.8=20g が示されていた。

 純アルコール20gを含む酒は、7%チューハイ 350ml、12%のワイン 200ml、 15%の日本酒 1合弱、
25%の焼酎 100ml、 40%のウイスキー 60ml、

 私は夏以外は主に日本酒を1合飲んでいるから純アルコール量は20gということになる。以前は2合飲んでいたのだが減らしたのだ。

 発症リスクの例として、脳梗塞は男性 週に300g以上、女性週に75g以上。高血圧男女とも少量の飲酒でも。習慣的に飲酒をすると血圧は上がりやすいという。私は高血圧気味であったが、20歳から習慣的に飲酒を続けてきたからだろう。 飲酒量を減らすと血圧は低下するそうだ。最近は以前に比べて血圧が低いので飲酒を減らした効果かもしれない。 

 アルコール、アセトアルデヒドは発がん性がある。胃ガン 男声少しの飲酒でも、女性は週に150g以上、大腸がん 男女とも週150g以上。アルコールなどによってメチル化が妨げられ、遺伝子の修復機能が低下し、ガンにつながるというのだ。

 私は直腸がんになったが、純アルコール量で周280gも飲んでいたためかもしれない。

 アルコールの摂取を腫らすには、
 ●あらかじめ量を決めて飲酒する
 ●飲酒前または飲酒中に食事をする
 ●飲酒の合間に水を飲む
 ●1週間のうち酒を飲まない日を設ける

 私はあらかじめ日本酒なら1合とか缶ビール1缶などりょうをきめているし、以前は毎週休肝日を設けていた。

 NHKのこの番組は大変参考になり勉強になった。

より以前の記事一覧