面白い話題

2017年8月17日 (木)

ゴカイの血液が代替血液になるか?

 Yahooニュースを見ていて面白い記事を見つけた。釣り餌につかわれているゴカイが人間の血液の代替血液としての可能性があるというのだ。

  発見したのはフランスの研究チームで、ゴカイの血液に類まれな酸素運搬能力があることを見つけたというのだ。それを人間の血液の代用物として活用することで、人命を救ったり、手術後の回復を速めたり、移植患者の役に立ったりする可能性があるというのである。

  私は昔釣りに凝っていたころ海辺の釣りに出かけるとき、釣り餌屋でゴカイを買って餌にして釣っていた。ミミズとヤツデの合いの子みたいで血液で赤い色をしていた。ゴカイが外国にもあるのは知らなかった。

  研究したのはフランスの生物学者グレゴリー・レイモン(Gregory Raymond)氏である。彼は「ゴカイのヘモグロビンはヒトのヘモグロビンの40倍以上の酸素を肺から各組織に運ぶことができる」「また、すべての血液型に適合できるという利点もある」と話している。

  ゴカイの中のヘモグロビンは血中に溶けて存在し、ヒトのように赤血球に含まれているわけではない。だから血液型が問題とならないのだ。しかもその成分は、ヒトのヘモグロビンとほぼ同じだという。

  あのゴカイにそんなすぐれたはたらきがあったとは。血液型を問わないというのもすばらしい。

 レイモン氏率いるチームは2015フランス西部ブルターニュ(Brittany)地方の海岸線にある養魚場「アクアストリーム(Aquastream)」で、毎年130万匹以上のゴカイを生産しているという。

 医療の世界がゴカイに関心を持つきっかけは、2003年に欧州で狂牛病が大流行し、世界中でHIV(ヒト免疫不全ウイルス)がまん延したことで血液の供給に影響が出始めたことだったそうだ。
 
 2006年には大掛かりな研究が行われ、ゴカイの可能性が実証された。酸素を豊富に含んだゴカイの血液が人体に安全なことが証明されれば、敗血性ショックに対処でき、移植用臓器の保存にも役立つ。

 2015年、この代用血液の臨床試験が始まった。2016年、ゴカイのヘモグロビンはフランス西部ブレスト(Brest)の病院でヒトの腎移植10例に使用された。現在フランス全土で60人の患者がこの臨床試験に参加している。

 もうすでにフランスでは臨床試験までおこなわれているのだ。レイモン氏は「ゴカイから抽出した細胞外ヘモグロビンの特性は、移植した皮膚の保護や骨再生の促進に役立つばかりか、万能血液の誕生につながる可能性もある」と述べているそうだ。

 ゴカイなぜそんなにも多くのヘモグロビンを蓄えているのか。それは満潮時に海の底に沈んでいる間に多量の酸素を蓄え、干潮で水から出ても8時間以上も生き延びることができることにある。

 この研究が進んで安全に人間の血液の代替が可能になれば、大勢の移植患者を救う可能性があり、凍結乾燥されたゴカイの血液が、通常の輸血用血液の重要な代替品となり、戦場や災害現場で役立つ日が来るであろう。海に囲まれた日本ではゴカイの養殖は容易である。大きな産業に育つかもしれない。(AFP=時事記事を参考に)

「ゴカイ 画像」の画像検索結果

「ゴカイ 画像」の画像検索結果

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

面白い!大阪府議会参考人招致での籠池氏の発言

 森友学園問題で、7月10日の大阪府議会の参考人招致での発言をテープ起こししたものと、動画が下記のサイトで見ることができる。お勧めである。

 ただ、あの巨額の土地代値引きがどうして可能であったかについてははっきりしていないのが残念至極だ。

 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/388862

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

「ブラジャーとパンツ姿で逮捕」という記事

 Yahooニュースを見ていたら、下の記事がネットで話題となっているというのを見つけた。

 〈JR静岡駅前の広場で衣服を脱ぎ、ブラジャーとパンツだけの姿になったとして、静岡中央署は8日、公然わいせつの疑いで、静岡県沼津市に住む無職の女(43)を現行犯逮捕した。「暑かったので服を脱いだ」と供述している。〉

 JR駅前でブラジャーとパンツ姿になれば、今の日本では好奇の耳目を集めるだろうし、警察に捕まって注意を受けることは必定であろう。

 これがビキニ姿であったらどうなのか。やはり駅前のような場所ではふさわしくないと逮捕されるのだろう。ビキニは海岸や河川やプールでは誰も咎めないが、それ以外の場所ではよくないと考えられる。

 この記事を見たとき、私の子どもの頃は、上半身が裸の女性はいくらでも見かけたことを思い出した。特に年寄りははずかしげもなく腰巻だけで道を歩いたり、夕涼みをしたりしていた。

 さすがに若い人は裸になることはなかったが、人前で授乳するのは普通に見られた。多分私も母親から人前で授乳されたことがあるだろう。記憶がないだけである。

 近所に高等女学校の校長の奥さんが住んでいて、その奥さんは戦時中シミーズを着用していた。近所でも我が家の母は家では上半身裸であったし、お向かいのおばあさんは裸で出歩いていた。シミーズ姿が子ども心に眩しかったのを覚えている。

 その頃は道路は舗装されていなくて、石ころや土の道路であった。道を通る年輩の女性は腰巻を上にあげて小便をしていたものだ。誰も咎めなかったし、変だとも思わなかった。

 水泳に行くと、おばさんたちは白い下着で泳いでいた。田舎のことだし水着などという洒落たものはなかったのだ。男たちは六尺という褌姿で水泳をしたり、道路を歩いていた。特に土方という肉体労働者は見事な肉体を晒していた。

 子どもの私は川に泳ぎに行った帰り、エッチという黒い小さなものを当てただけの姿で街の中を歩いて家まで帰ったこともあった。

 夏の夕涼みは毎晩のことであったが、男は大人も子供も下を隠しただけの裸であったし、女性は年配の人は上半身裸であった。

 いったいいつごろまでそういう習慣があったのか定かではないが、高校・大学の頃はまだそれが残っていた。多分高度成長あたりから徐々に消えて行ったのではないかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

興味深かったNHKスペシャル「人工知能 天使か?悪魔か?」

 6月4日に放送されたNHKスペシャル「人工知能 天使か?悪魔か?」は大変興味深い番組であった。

  将棋の羽生氏が案内役を務めていたのは、最近人工知能が話題をさらったのが、人工知能に将棋の名人が挑んでも一度も勝てなかったからであろう。

  最もそれ以前に世界ではチェスで名人が勝てなかったし、その後囲碁でも韓国の名人が勝てなかった。AI人工知能が急速に進歩していることが分かるできごとであった。

  将棋の佐藤名人が電王戦で挑戦して負ける様子が映されたが、そのAIを作ったのは32歳の人だというから驚いた。作った人が言っていたが、AIは700回も自分で対戦しており、自ら学習して改良しているのだそうだ。

  普通人間なら絶対に打たない奇手をAIは打つ。そして勝っていくのだが、どうしてその手を選ぶのかということは、ブラックボックスで全く分からないのだという。

  でも、オーソドックスな将棋を指していた佐藤名人は、その後打ち方が変わったというし、今話題の藤井四段もAI相手に将棋を磨いてきたと言われる。

  私は将棋はおろか、コンピュータゲームは一切やらないので全く未知の世界であるが、話を聞くだけでAIの凄さに驚く。

  AIはいろんな分野に進出を始めたが、名古屋のつばめタクシーが、AIを導入する実験を始めた様子が放映された。NTTが持っているデータをAIに組み込んで、その情報を元にタクシーを走らせると、ベテラン運転手でなくてもお客を拾えるというのだ。いくいくは全車に導入すると言っていた。

 ベテラン運転手の経験知でなく、AIのデータが割り出す情報を頼りに客を拾う確率が高くなるのだ。やがては無人のタクシーがプログラムに従って走って客を拾うことも可能になりそうだ。

  今や株式取引はAIによって行われている。1000分の1秒の間に何回も取引が行われるのだ。他より優れたAIのソフトを持った者が多くの利益を得るようになっている。過去のデータを読み込ませたプログラムによってAI自身が売買をするのである。人間はただ画面を見ているだけである。

  アメリカでは人口の1/3が何らかの犯罪経験者だという。それでAIによって対象の人物がどんな再犯をするのかを予測させているのだという。それによって再犯率が10%減ったと言っていた。裁判の量刑にも利用されているのだとか。

  日本でもある会社は、社員を定着させるためにAIに判定させて、その人物が辞めるかどうかを知り、事前に対処しているのだそうだ。AIは人間の様に「情」が入らないのでよいのだという。

  非常に興味深かったのは、政策を決めたり政治を担ったりするのをAIにさせるという研究である。人間は利害や人間関係など様々なものがからんで政治をするので国民の利益にならないことが多い。

  安倍政権の政治のやり方を見ていれば完全に自己本位、お友だち本位の政治に堕してしまっている。そういうのがAIによって国民本位の政治にできるのなら大歓迎である。しかし、運用をするのが人間である限りそうはならないであろう。

  手塚治虫は私が中学生の頃「鉄腕アトム」を描いた。アトムは人間のために働く正義の味方であった。その頃はAI(人工知能)などという言葉もなく、ただ人間のようなロボットで人気を博したが、手塚の先見性が今になってよく分かる。

  大阪万博ではロボット館が造られ、私も見に行ったが、今のロボットとは雲泥の差であった。コンピュータの発達によりAIが進化し、日進月歩で改善されている。しかも、自己学習で進化していくのだから恐ろしことである。

  AI(人工知能)はどこまで進化するのであろうか。人類だけでなく、この地球全体のために、有用なものであってほしい。株取引のように利益追求のためだけの道具であってはならない。

 医療、教育、農業、工業など様々な分野でAIが導入され活躍する時代になり、日進月歩の進化をしている。今後10年で世の中はどうなっているのであろうか。楽しいような、恐ろしいような時代である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

東京都内新聞社別「安倍政権支持率」が面白い

  下記のグラフは知人が送ってくれたデータで、東京都内有力紙の新聞読者別「安倍内閣支持率」である。

  これを見ると、それぞれの新聞の政治姿勢とほぼ一致することが読み取れる。安倍政権広報機関と米国のメディアから揶揄された産経新聞や読売新聞は支持者が多いが、産経のダントツ振りには驚く。日本経済新聞も政権支持率が高いのは肯ける。

  原発問題や安倍政権の政治について一貫として厳しい態度を貫いてきた東京新聞はダントツに不支持者が多いのも肯ける。

  私の印象としては東京、毎日、朝日の順に安倍政権への批判の目が強いと感じている。朝日の読者であるが、朝日新聞は慰安婦問題で批判されて腰がふらふらするようになった。

  これにNHKがあるといいのだが、ないのが残念である。

 メディアは権力に対してきちんと批判すべきは批判する立場を堅持してほしい。メディアは安部政権によって完全に金玉を抜かれたと言われて久しいが情けない。権力監視を忘れたら再び戦前に戻る状況にあることを認識し反省すべきであろう。

各新聞読者層別の安倍政権支持率・不支持率

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

VOICE TRAという外国語変換アプリ、なかないいね

 先日、NHKの「ニュースで英会話」番組で、外国語を翻訳するアプリについてのニュースを取り上げていた。マイクロソフトとグーグルが装備したということであったがよくはわからない。

 番組にゲストとして日本の開発者が参加していた。その人は政府が2020年の東京オリンピックを目指して開発させている音声翻訳アプリの責任者であった。

 タブレットを持って来て、Voce Traの説明をした。音声で日本語を話すとかなり正確に英語に翻訳して示し、音声も発するのだ。相手が英語で答えると日本語に翻訳する。

 このアプリは無料で提供しているといった。どうして無料にできるのかという質問が出た。多くの人に使ってもらって、データを集めよいものに修正していくからだと答えた。このアプリはIAで学習していくのだ。

 これまで翻訳ソフトを試したことはあったが、その出来栄えはとても使えるものではなかった。今のスマホは部分的に単語を選択して意味を出す辞書機能がついているが、単語の場合は正確である。しかし、文章になるといい加減というしかない。

 説明では、Voice Traは、文法で翻訳するのではなく、多くの使用例を集めて、それを様々な角度からデータ化し、それを使って最適な翻訳をつくるのだそうだ。文法からのやり方はダメだと言っていた。

 私も早速Iphoneにインストールした。AppストアからVoice Traといれて検索すると、すぐに候補が表示される。それをタップしてインストールするだけで極めて簡単である。最初言語選択をして、次に「同意」を説明する文章がでるから、最後まで行って「同意」をすればすぐ使える。

 画面の下に、自分が選んだ「日本語」と「English」というボタンが表示されている。青い色が付いた方が自分の言語である。

 マイクのボタンをタップして音声で「スーパーは何処にありますか?」などと入れると、画面の上段に「入力した文ですという欄があって、「スーパーはどこにありますか」と表示され、その下の中段に「こう翻訳しました」という欄があって「Where is the supermarket」と表示される。英語を表示するとき音声でも発音してくれるのでヒアリングにもよい。最下段には「翻訳の意味はこれです」という欄があって「スーパーはどこですか」と表示される。

 このような簡単な文は正確に訳すが、間違って訳されることがある。その時は、上部にある「誤りの報告」というところをタップして、上段か中段か下段のどの文章が間違っているかを報告することができる。

 相手に答えてもらうときは、Englishの方をタップしてもらって音声で入力してもらうのだ。極めて簡単である。しかも言語の切り替えもすぐにできる。相手の方のタブを長押しすると選択画面が出て言語を切りかえられるのだ。

 選べる言語は、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語などや中国語、韓国語、タイ語など今のところ30言語である。ただ、中国語は簡体字と繁体字が選べる。ポルトガル語もブラジルポルトガル語というのがある。

 

 私は日本語教室で学習者に紹介したら喜んでいた。またボランティアの人にも紹介をした。みなびっくりしていた。タイやベトナムやインドネシアやフィリピンなどの学習者もいるので役に立ちそうだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

大阪の家庭はどこでもたこ焼き器があるんやて!

 先週の「探偵ナイトスクープ」で、「大阪の家庭ではどこの家でもたこ焼き器があって、毎晩でもたこ焼きを食べるというが本当かどうか調べて」という依頼が取り上げられた。

 探偵の田村けんが商店街に繰り出して、道行く人を止めてたこ焼き器があるかどうか、どのくらい食べるか調べた。

 それによると、ほとんどの家にはたこ焼き器があることが分かった。インタビューするとき、多分後日撮ったのであろう、その家庭にあるたこ焼き器の写真を載せていた。

 毎晩でもたこ焼きをディナーとして食べるとか、たこ焼きだけで食事を済ませるという人たちもいて、大阪の人のたこ焼き好きは半端ではないと分かった。

 私もたこ焼きは好きである。でも、値段は安くはないのであまり食べたことはない。以前大阪に行ったとき、海遊館の近くに大阪で一番人気のたこ焼きという店があって食べたことがある。確かに美味しかった。

 昔から大阪と言えば「食い倒れ」と言われていた。たこ焼きやお好み焼きなどが有名である。しかし、こうしたものは言わばB級グルメである。大阪は「ふぐ」以外はB級グルメの街なのだろう。B級でもうまければいいのだ。

 近々外国人と大阪に行くことになっている。大阪ではたこ焼きとお好み焼きで決まりだ。大阪にはたくさんのたこ焼き屋やお好み焼やがあると思うから楽しみである。

 家庭にたこ焼き器があるという大阪では、たこ焼きの外食もするのであろうか?するからたくさんのたこ焼き屋があるのだろう?

 たこ焼き器にはいろいろあるようだが、名古屋では大型電気店でも900円ぐらいの小さなのを1つ売っているだけである。たこ焼きは細い串を使って手早く上手に丸くしていくのだが、難しそうだ。ところが自動たこ焼き器というのがあって、材料を用意すれば最後まで自動でやってくれるらしい。

 材料は、タコなどを細かく切ったものやショウガやネギなどたこ焼き用にしたものを売っているようだ。名古屋ではそういうものは見たことがない。

 関西出身のCafe Vitaのマスターにたこ焼き器があるかと尋ねたら自動たこ焼き器があると答えたので驚いた。大阪近辺のたこ焼き好きはほんまもんなんや。

 

「たこ焼き器 画像」の画像検索結果

「たこ焼き器 画像」の画像検索結果

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

バナナを皮を剥かずに輪切りにするのはマジックですよ

 電車の中でYahooニュースを見ていたら、「まるでマジックのよう、バナナの皮をむかずに輪切りにする方法」という記事を見つけた。「ああ、あのマジックだな」とピンときた。読んでみると思った通りであった。

 以下、そのままをコピペする。

 料理には簡単な食べ方という食事の際の一工夫が存在する。誰もしらない簡単自己流の食べ方をご存知の方もいるのでは? そんなとき、「教えて!goo」で「バナナの皮をむかないでそのまま食べる人、いますか?」という質問を発見。どんな回答が登場しているのか気になったので、早速のぞいてみることに。

 ■バナナは切りにくい!!
 質問者のeurekamazeltovさんは、バナナを皮ごと食べてみたが逆に美味しく感じた、自分のように皮をむかずにそのまま食べる人はいないか、と投げかけている。それに対して、「キウイの皮は食べたことありますが、バナナはありません。ちなみに、キウイは皮ごとでも食べられましたがむいた方がおいしいです(-_-;)」(lelouch01さん)や、「少なくとも私は食べません。農薬を食べているようなものなので」(KGSさん)などの回答が寄せられた。

 さすがにバナナを皮ごと食べる人は、そこまでいないようだ。だが、さらにネットで調べてみると、バナナの皮をむかずに、中身を輪切りにするというまるでマジックのような方法があることが判明! 包丁を使わずに、いったいどのようにカットするというのだろうか。早速、挑戦してみた。

 私は、リンゴと柿はハイモアできれいに洗って皮ごと食べるが、バナナやキウイは食べたことがない。バナナもおいしいのならハイモアで洗って一度挑戦してみようと思う。

 ■針でさす?まるでマジック!

 用意するものは、バナナと裁縫用の針。やり方は、バナナの筋に対して一直線に針をさし、次に、バナナを横切るように左右に針を動かす。この工程を2cm間隔で繰り返すと、なんとキレイに輪切りになっているのだ。
驚きの結果は動画でチェック!
 

https://newspass.jp/a/bxmju

バナナの皮を剥かずに輪切りにする方法は、戦後すぐのマジックの本で見たことがあり、ためしてみたらうまくできた。これもマジックの一つなのだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

海外メディアの見た森友学園問題

 友人が送ってくれた資料に面白いものがあった。海外のメディアが報じた森友学園問題についての見出し部分と安倍首相は米によって切られるという見方だ。以下に引用する。

 

 グローバル勢にとっては、「軍国主義」とは制御できない独裁国家と同義なんだよ。米国は安倍の面従腹背を精神異常者レベルと本気で警戒し始めた。

  米国と英国のメディアは、「ロッキード事件を超える大スキャンダル」だという 欧米がいっせいに安倍政権叩きをやっているところを見ると、近々、大きな動きがありそうだ。

 ★星条旗新聞

  「安倍晋三小学校の醜聞は不正行為」

 ★ワシントンポスト(2月27日付)
「安倍は、日本の学校スキャンダルに巻き込まれる恐れがある」

 ★ロイター(2月24日)
「日本の総理大臣の妻は、政治的騒動の渦中にある学校との関係を断ち切る」

 ★ガーディアン(2月24日付)
「安倍晋三と彼の妻は、超国家主義の小学校とのつながりで追い詰められている」

 ★フィナンシャル・タイムズ(2月23付)
「日本の安倍首相は、大幅値下げした土地取引スキャンダルに引きずり込まれる」

  CNNほか、まだまだ、たくさんの外国メディアが報じているが、内容は同じだ。

  1年以上前から、米国のグローバル勢は、安倍を日本の首相にしておく負の影響を重大視しており、次の後釜を見つけていた。そのときが来た、ということだ。

  安倍晋三と、彼の茶坊主だけで固められた対米従属閣僚たちは、いまだにネオコンの奴隷になって、徹底的に日本の国富を投げ売りしていれば政権の延命を図ることができると思い込んでいる。

 しかし、しょせんは、“金の切れ目が縁の切れ目”の連中だ。スポンサーが交代すれば、無用の長物とばかり、いっせいに安倍を叩くだろう。まだ旧ネオコンにしがみついている晋三の誤算 ジョセフ・ナイ、アーミテージ、マイケル・グリーンらの旧ネオコンは、トランプ政権に用なしとされて追い出されたのだ。        (略)

 トランプは、旧ネオコンと決別したということだ。(もっとも、トランプ政権の中枢に2人ほど、入り込んでしまっているが)つまり、キッシンジャーが、トランプの大統領選期間中、「日本会議の安倍政権を倒せ」というような指示をトランプに与えたとされているが(真偽不明)、それが事実でなくとも、1年以上前から「安倍退場」は既定路線だった。

 それでも、安倍晋三は、トランプの靴を舐めるような屈辱太鼓持ち外交を続けているのは、旧ネオコンが、まだ中心的な位置にいると思っているからである。まったくの防衛オンチ、外交オンチの吹き溜まりが、安倍官邸だ。こんな人間のクズたちに国防など危なくて任せられない。(筆者は岸良造氏)

 後半の安部不要論も面白い。そういう見方もあるのかと思った。そうだとすれば、安倍後には誰がご指名に与るのだろうか?興味深いところである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月 5日 (日)

あのオスプレイの名前の由来

 沖縄の米軍基地や横田基地、岩国基地などに駐留していて、ときどき墜落事故を起こす嫌われもののあの「オスプレイ」。その名前が鳥の名前から取ったものだとは知らなかった。知ってビックリである。

  知人の野鳥写真家の山口昭雄さんの店の壁に掲げてあった、最近牧野池で撮ったという鳥の写真を見て知ったのだ。その写真が下の写真である。

  この鳥の名は「ミサゴ」と言い、鷹の仲間だそうだ。空中でホバリングをして真っすぐに降下し、水中の魚を捕まえるのだという。海岸では水面近くを泳ぐボラを取ることが多いそうだ。

 牧野池ではフナを捕まえたのだ。空中から飛び込むとき水の中深くまで突っ込むことがあり、獲物が大きいと上に上がれずそのままお陀仏するものもあるとか。

  ミサゴは日本名だが、英語では「オスプレイ」で、世界各地に見られるそうだ。オスプレイは空中でホバリングができ、垂直に上下できるのがミサゴに似ているので付けられたようだ。

  日本語で「ミサゴ」という名前であの怪物航空機を呼べば、なんとかわいらしいという印象をもつだろう。そんなかわいらしい「鳥」が事故を起こしたり、戦争に使われるということに非常に違和感を覚える。

 「オスプレイ」を購入するということだが、日本に必要だとはとても思えない。日本に売りたいというトランプ大統領の顔を立てるために違いない。

 _mg_0161

                   フナを獲ったオスプレイ(ミサゴ)
_mg_0125
                  魚を探すオスプレイ(ミサゴ)

Photo
                      怪物兵器オスプレイ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧