面白い話題

2022年5月10日 (火)

イチゴの「鶏冠果」

 先日日本語教室のミーチングの時おにぎりで会食をした。そのとき代表のNさんがイチゴをたくさん持って来てくれた。でも、見ると形がおかしなイチゴがいくつか混じっていた。2つ、あるいは3つ、4つのイチゴがくっついたような形であった。
これまでの人生で見たことがないイチゴの形であった。食べてみたら別におかしいことはなく、甘さもあった。

 どうしてこんなイチゴができるのだろうと思ってネットで調べたら、ちゃんと説明がしてあった。素人の作ったイチゴによくできるようだ。でも、Nさんが持ってきたのは農家が作ったイチゴだと言っていた。

 イチゴのおかしな形には「乱形果」と「奇形果」があって、Nさんが持ってきたのは「乱形果」の中の「鶏冠果」というのだと分かった。そのほかに形が悪い奇形果というのもあるようだ。

 「鶏冠果」ができる原因は次のように説明してあった。

 「花托(かたく)=花床(かしょう)とはイチゴの実の元になる部分を指します。この花托(かたく)が成長すると私たちが食べている赤いイチゴの実になります。

 花托は日中、太陽が出ている間は肥大が停止し、夜間に肥大します。また温度や湿度が高いと肥大が促進されるので、栽培環境が大きく影響します。そのため日当たりが悪かったり、たまたまその年の天候が花托が肥大するのに不利だった場合、うまく発育できないことがあります。

 花托の発育が良くないことで形がいびつになることがあります。それが乱形果(らんけいか)です。」

 どうやら温度が大きく関係しているようだ。「乱形果」や「奇形果」は商品価値がないので市場に出ることが無くて我々の目には留まらないのだろう。

Img_4048

 

Miya_rankeika

            鶏 冠 果

| | コメント (0)

2022年5月 9日 (月)

小判草が群生していた

 早朝ウオーキングで顔見知りのHさんに会ったら、手に草を持っていた。小判草だといい、好きなので家に庭に植えるのだと言っていた。
 

 もう小判草が出ているのかと思い、注意深く草を見て行ったら群生しているところがあった。Hさんはこの辺で根ごと引っこ抜いてきたのだと思った。
 

 昨年はその辺りでは小判草はあまりみかけなかったが今年はいっぱいあった。繁殖力が強い植物なのだろう。
 

 ネットで調べたらプランターでも地面でも育ち、プランターの場合は水がきれたらやればよく、地面の場合は雨で十分とあった。
 

 小判草はエノコログサと同じイネ科の一年草でどこにでも群生するそうだ。意外にも地中海沿岸原産の帰化植物で、明治時代に観賞用として渡来し、広く野生化しましたという。
 

 コバンソウは俵の形をしている。それで金運アップの縁起物として、フラワーアレンジメントや生け花の花材にもよく利用されるという。
 

 ネットで検索したとき、いきなり小判草を売るサイトがいくつか出たのでびっくりしたが、園芸店でも売っているところがあるとは知らなかった。
 

 更に驚いたのは食べられるということだ。穂の部分を炒めると美味しく食べることができ、お菓子の飾りつけにも使われるそうでだ。どんな味がするのだろう。

Img_4052

 

 

Img_4051

| | コメント (0)

2022年5月 3日 (火)

ウクライナは美人大国ということをを初めて知った

 ロシアがウクライナに侵攻し、マリウポリなどの都市が無残にも破壊された。そして600万人もの避難者がポーランドやルーマニアなどに非難し、遠くの日本にも数百人のウクライナ人避難者が来た。
 

 テレビで放映される画像を見ていて、最初の頃から美人が多いという印象を持っていた。避難先で攻撃を受けた後のインタビューに応じる女性たちが、きれいにメイクして答えていた。日本人と結婚したウクライナ女性も美しい。
 

 ウクライナには美人が多いのかと思っていたら、5月1日に「美しいウクライナ女性たち」という記事をネットで見つけた。
 

 ウクライナは世界有数の美人が多い国として知られているとしてあった。それでやっぱりそうだったのかと納得した。美人が多い理由は諸説あるが、たとえばトルコやポーランドて、ロシアなどからの移民が多く、何世代もの間に美人が増えていったとされているという。また、地理的に緯度の高い位置にあって、太陽の紫外線の影響を受けにくいため、肌がきれいな人が多いとも。
 

 そこで画像を検索したら、きれいなウクライナ女性の写真がいっぱいあった。現在、ウクライナ軍として約3万人もの女性兵士が活躍しているという。3月8日の国際女性デーには、ウクライナ国の公式インスタグラムに、女性兵士の姿が多数投稿されたが、メイクをしてで微笑んでいる姿が美しい。
 

 町並みや自然が美しいだけでなく、衝撃を受けるほどの美女が多いことでも知られているヨーロッパの美人大国ウクライナという記事もあった。

 ウクライナは女性だけでなく男性もハンサムが多いだろうと想像する。女性が美しければ男性も同様の遺伝子を受け継いでいるはずだからだ。
 

 そのウクライナがプーチンのために廃墟と化していくのが何とも悲しい。それでもどんなに厳しい状況でもメイクをして、女性としての美しさを“誇り”として保っているのはすばらしい。
 

 私はウクライナといえば、チェルノブイリの原発事故しか知らなかったが、平和なときにウクライナに観光に行っておけばよかったと思った。

Images_20220501161201

Photo_20220501161301

1

 

| | コメント (0)

2022年3月16日 (水)

高齢になって突然昔の歌が浮かぶ

 日本語ボランティアで一緒だったKさんが、高齢になって歌が頭に浮かぶようになったと言っていた。彼は70歳台で亡くなったが、ハーモニカが得意な人で、みんなで歌を歌うとハーモニカで伴奏をしてくれた。

 私は80歳を過ぎてからだと思うが、歌が勝手に出て来るようになった。夜寝ていても、朝起きてからも、風呂に入っていても、自転車に乗っていても、何の脈絡もなく、昔の童謡とか、民謡とか、流行歌とかいろんな歌が出てくるのだ。

 最近では「めんこいコンマ」「十三夜」エノケんの「モボ」などという歌が突然出てきて口ずさむのだ。今日は有名なカルメンアリアが出て来た。どうして何の脈絡もなく脳裏に現れるのがそれが不思議でならない。Kさんが言っていたのもこのことではないかと思うのだ。

 昔覚えて歌った歌が、脳のどこかに格納されていて出てくるのだろうが、一体どうなっているのだろうと思う。歌が出てきて悪いわけではないので、そのまま口ずさんだりしている。それに戦前の歌などは「そういえばこんな歌があったなあ」と懐かしさを感じる。高齢になっての不思議現象であるが、他の人たちはどうなのか知りたいものだ。

| | コメント (0)

2022年2月23日 (水)

2月23日は「象徴」が重なる日

 今日は2月23日天皇誕生日であるが、昨日のテレビで「富士山」の日であることを知った。語呂合わせで223つまりフジサンである。

 テレビによると、富士山が知られる山になったのは徳川家康によるものだという。徳川家康は幕府の将軍で日本のトップであったが、その象徴として富士山を持ってきたというのだ。

 静岡県の常見寺という寺は家康と縁の深い寺で、そこに富士山と家康を描いた絵が見つかったという。また文書も残されているそうだ。

 富士山が外国人にも知られ人気が出たのは明治の初めらしい。日本人の大好きな富士山は今では世界中に知られた名山で日本の象徴のような存在である。東京オリンピックでは聖火台に使われた。

天皇の誕生日が富士山の日と重なっているのは全くの偶然であるが、日本国憲法で「象徴」と定められている天皇の誕生日と日本の山の象徴である 富士山の日が同じなのは喜ばしいことである。

 昨日は2022年2月22日で2が並ぶ非常に珍しい日であった。知人のT.Oさんの誕生日だそうで、2が6個並ぶのは800年ぶりだと教えてもらった。ちなみに昨日は猫の日だとテレビで知った。「ニャアニャア」の語呂合わせだそうだ。

| | コメント (1)

2022年1月15日 (土)

NHKガッテン、リズムの活用が面白かった

 1月12日放送のNHKガッテン「かけっこ★歯磨き★難病治療!ミラクル・リズムパワー活用術」が面白かった。

●リズムの持つ第1のパワーが「引き込み」!

 日本に約20万人の患者がいるとされるパーキンソン病。脳に異常が起き、運動機能に障害が起こる病気でである。手が震えたり、うまく歩けないということが起きる。症状のひとつ「すくみ足」をのメトロノームのリズムを耳から取り入れることで、それを頼りに歩けるようになるというのだ。実際にその様子を映像で見せてくれた。

 すくみ足が起こる原因は、脳内で、歩くためのリズムが作れなくなることだそうでメトロノームを使ってそのリズムに合わせて歩くとうまく歩けていた。

 重要な役割を果たすのがリズムの持つ第1のパワー「引き込み」なのだそうだ。大勢で拍手をしていると、いつの間にか拍手がそろってしまう現象なども、引き込みが起こっているからだという。

 引き込みは他にもたくさんのケースで起こると考えられている。飲食店のBGMのリズムを変えると食事のペースが変わったり、会話の中でうなずきあうことで話し手と聞き手の共通のリズムを作るという。

 飲食店ではランチタイムには速いリズムで、ディナータイムにはスローなリズムを流し、客の食べるペースを変えているところがあるそうだ。

●リズムの持つ第2のパワー「力が抜ける」!

 リズムの持つまだあるパワーが「力が抜ける」こと。リズムが次の動きを示すガイドになってくれることで、むだな力が抜けるという。

 歯磨きが苦手な子どもにメトロノームのリズムを聞かせて歯を磨かせたら、見事にキレイに磨くことができ、歯磨きが好きになったと言っていた。

 また、走るのが苦手な子どもにスピーカーでリズムを聞かせたら走るフォームがよくなった。力が抜けたからだそうだ。

 歯磨きに最適なリズムは大人が200~240BPM(1分間に200~240回の音が鳴るリズム)、子どもはそれより少し遅めの200BPM以下がオススメだそうだ。

 リズムを使うのに向いているのは「単調な繰り返し作業」や「力が入りがちな作業」だ。番組でやったのは、大根おろし、風呂掃除、腹筋トレーニングの3つ。

 大根おろしは160BPMのリズム、風呂掃除は140BPMのリズム、筋トレは60BPMのリズムに乗ることで、むだな力が抜けてうまくやることができた。

 リズムを取るのは番組ではメトロノームの装置を使っていたが、スマホのアプリなどで無料のものが簡単に手に入るほか、音楽なども活用可能である。自分に合ったリズムを見つけるようにと言っていた。

 リズムの活用はいろんな場面が想定できるので試してみるのがよいだろう。

 

| | コメント (0)

2022年1月 8日 (土)

男性の座りションが増えているという

 スマートニュースに「男性の『座りション』増加で変わるトイレが汚れる場所」という記事があった。便座に座っておしっこをする「座りション」派の男性は6割もいるというのでおどろいた。調査したのはライオンで、ライオンが今年、20~60代の男性1500人を対象にした調査によると、「座り」が60・9%だった一方、「立ち」は4割弱。10年ほど前は「立ち」が約7割を占めていたので、大きく形勢が逆転したというのだ。

 「立ち」から切り替えた人だけでなく、物心がついた頃から座るスタイルの「座りションネイティブ」も増加。特に20代のネイティブ率は4分の1に上るそうだ。

 男性と同居している女性の8割近くが、男性には「座ってほしい」と回答している。

 わが家は様式便所だが立ちションをしている。気を付けてやっても時々跳ねることがあるが、その時は拭いておく。トイレはパナソニックなので泡を出すことができ、そうすれば跳ねを防ぐことができる。

 娘の家に行くと、婿が座りションでするようにいうので、座りションをするのだがどうも馴染めない。子どもの時から人生ずっと立ちションでやってきたのでそれが習性となっているのだろう。

 笑点で小遊三が時々座りションをしないとかみさんに叱られるといっていたが、先だっては座りションができるようになったと言っていた。

 男性の座りションは近年増加しており、この流れが続けば2050年には「立ちション」派が“絶滅”するとの予測もあるという。

 様式便所での男性の座りションが増えればトイレの汚れが少なくなるかというとそうではない。汚れる場所が変わるだけである。

 ライオンの実験結果によると、「座り」で便器の外側への尿ハネは大幅に減ったものの、便器の内側、特にフチ裏や便座裏に多く跳ねていることが分かった。

 フチ裏は、水を流しても汚れが残りやすく、放置すれば頑固なこびりつきとなる。ブラシが届きにくかったり、洗剤がすぐ垂れてしまったりと、多くの人が掃除に苦労している場所でもあるそうだ。となると座りションでも掃除という点から見ると楽にはならないようだ。

 ちなみに女性の場合は男性の座りションと同じように汚れるのであろうか?

| | コメント (0)

2021年12月26日 (日)

鳩の群れに囲まれる

 食品スーパー八百鮮へいくとき、川名公園を通る。よく見かけるのが鳩やスズメの群れでいつも芝生の地面に降りて何かをついばんでいる。

 24日の朝通りかかり、桜の様な並木の花を見に行ったら、芝生の上にものすごい数のハトが散らばってついばんでいるのを見た。傍にはなんとスズメの群れもいて同じように何かをついばんでいた。

 いつも見かける鳩の群れは10数羽であるが、おそらく川名公園の全ての鳩の群れが集まったと思われるような数であった。

 これは写真に撮らねばなるまいと自転車を止めた。すると1羽の鳩が近寄ってきて、それが合図のように、他の鳩たちも一斉に私の回りに飛んで来た。スズメは驚いて飛んで行った。

 結局芝生の上の鳩とスズメの群れを撮ることはできなかったが、自分の回りに来た鳩の一部を撮ることにした。

 鳩が人を怖れずに寄って来るなど、これまでの人生で見たことがないような光景であった。自転車のハンドルやかごなどに止まる鳩もいた。ハンドルに止まっているのは最初に動いた鳩である。この群れのリーダーかも知れない。

 餌が欲しいのだと思ったが、あいにく何も持っていなかったので、鳩たちに「ごめんねなにもないんだ」と言った。

 自転車を動かすと、鳩たちは芝生に戻って行った。スズメもどこからか戻って来た。

 この日はとても良い天気で晴れ渡っていた。その辺りには私一人しかいなかったので、珍しい光景を独占した。この日はクリスマスイブ。キリスト教徒ではないが、サンタのサプライズプレゼントであったかも。

Img_3797

Img_3798

Img_3799

| | コメント (0)

2021年12月14日 (火)

「チコちゃんに叱られる」で知ったヒツジを数える意味

 11日(土)の「チコちゃんに叱られる」で眠れないとき「ヒツジを数えること」について取り上げていた。我々日本人は眠れないときは「ヒツジが1匹,ヒツジが2匹・・・」と数えるとよいと教えられて来た。ところがそれは間違いで脳がさえて眠れないというのだ。
 

 チコちゃんの質問は「どうしてヒツジを数えるのか」というものであった。その答えは、「ヒツジと言うとりラックスできるから。でも、日本語じゃダメ」であった。
 

 その解説をしたのは日本睡眠改善協議会理事長の白川修一先生であった。睡眠改善協議会というものがあることを初めて知った。
 

 白川先生によると、「ヒツジ」というと身体が眠る準備を始めるというのだ。どうしてかというと、自律神経がリラックス状態になるからだ。
 

 自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経は体が活発な状態になり、副交感神経は体がリラックスした状態にするように働くのだ。だから副交感神経を働かせればリラックスして睡眠に入ることができるというのである。
 

 そのキーワードがSheepで、Sleepの発音に似ていることから英語圏で始まったのだ。それが1970年ごろ日本に入ってきて日本語に訳されて「ヒツジ」となってひろがったのだ。
 

 Sheepとヒツジとでは発音が全く異なる。Sheepは「シー」と長音だが、ヒツジには長音がない。だから日本語でヒツジと言っても効果がないというのだ。
 

 Sheepと言うときの長音が呼吸と関係があり、呼吸を整えるのである。寝る前に交感神経が働いて呼吸は強くなったり弱くなったり動いているが、Sheepということで呼吸の起伏がが滑らかになる。実験によると7分後には眠りに入った。
 

 Sheepと言い続けることで呼吸がゆっくりとなり、副交感神経が働き、リラックスして、眠りに入って行くのだ。
「ヒツジ」で実験したところダメであった。
 

 私はこれを知るまでヒツジを数えるのは脳をヒツジに集中するためだと思っていた。ところがそうではなくて、数える必要は全くなく、ただ目をつむって静かに「Sheep」と言えばよいのだ。被験者の唇は発音によって僅かに動いていた。

 この日の「チコちゃん」は非常に有用であった。

Img_3749

Img_3756

Img_3758

Img_3761

 

| | コメント (0)

2021年12月11日 (土)

マスク着用、日本と西洋の違い

 9日の羽鳥モーニングショーで若者とマスクを取り上げていた。コロナでマスクをするようになって2年ほどたち、マスク着用は必須のものとなった。コロナ禍が収まってマスクをしなくてもよくなったら、マスクをしないかするかを調べたら、若者の70%以上の人がマスクを続けると答えたそうだ。男性は60%台、女性は70%台であった。

 マスクのことを若者たちは「顔パンツ」と言うそうである。パンツのように必需品だというらしい。マスクをする理由として、顔を見られるのが恥ずかしいが多かった。確かにマスクを着用している今は見えるのは目と額と頭だけなので相手がどんな人なのかは分からない。男性から見ると女性が美人なのかそうでないのか分からない。

 学生時代東京へ行ったとき、列車でマスクをした女性と同席した。とても美人であった。昼の弁当を食べるときになって女性はマスクを外した。するとその女性は凄い出っ歯であった。マスクをしている理由が分かった。

 西洋人はコロナが終わってもマスクをするのはおかしいと言っていた。テレビで観る西洋の街の様子はコロナが終わってないのに、制限が緩くなるとマスクを外している。日本とは大違いである。

 イタリア人の女性はマスクをしていると、相手が何を言っているか分からないと言っていた。

 番組では面白い例を出した。それは顔文字である。日本の顔文字は目で作られているが西洋の顔文字は口で作られているというのだ。画像を見るとはっきり違っていた。つまり、外国人は口を見るが、日本人は目を見るというのである。下の顔文字はアメリカのもの。なぜか横にして書くようである。

:-(

しかめ面
悲しみ、同情

)-:

:(

:/

不満、不快感

:|

真剣

:-D

笑顔

:D

:-P

を出している
冗談皮肉

:P

;-)

ウィンク(皮肉)

(-;

;)

B-)

サングラス

 

 

 

顔文

:-(

しかめ面
悲しみ、同情

)-:

:(

:/

不満、不快感

:|

真剣

:-D

笑顔

:D

:-P

を出している
冗談皮肉

:P

;-)

ウィンク(皮肉)

(-;

;)

B-)

サングラス

 

 

感情

 

:-)

笑顔
(スマイリー)

 

:)

 

=)

 

西洋と日本の文化の違いが面白い。中国や朝鮮や東南アジアではマスクをどのように捉えているのか知りたいものである。

 

| | コメント (1)

より以前の記事一覧