2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 蛙の話し | トップページ | 「ください」と「下さい」 »

2024年5月25日 (土)

酸素が大切だという話を聞いた

 ライブストアの健康講座で「体内の酸素量」についての講話を聞いた。講師はVIGO酸素研究所の鈴木凱星氏。

 地球上の空気に含まれる酸素の量は20.9%だという。人間の体内の酸素量は20歳がピークで4320CCだとそうだ。それが36歳~40歳ごろから減り始め、減った酸素老は2度と元には戻らないという。60歳では20歳の時の1/2,70歳では1/3,80歳ではなんと1/5になるそうだ。歳を取るにつれて低酸素になるのだ。

 人間は歳を取って酸素量が減ってもそれを感じることがないのは、「慣れ」なのだそうだ。

 脳に酸素が行かなくなると認知症や脳梗塞になるという。ガン、血圧、糖尿病、疲れ、目や耳の衰え、冷え性、不眠などはみな酸欠によるものだそうだ。こうした症状も酸素を与えるとよくなる。

 コラーゲンの減少は酸素不足によるもので、体内の酸素量の減少と同じように起きる。70歳で20歳の時の1/3になる。
コラーゲンはビタミンCと酸素によって作られるそうだ。酸素を与えるとコラーゲンは増える。

 酸素(高濃度)→血流→栄養→細胞(臓器)、酸素が100%なら血流も100%。酸素が30%なら血流も30%だという。

 酸素を補給するものとして、酸素カプセルとか酸素マスクとか酸素ボンベがある。これらは高濃度酸素が使われていて、酸素が27%だそうだ。しかし、酸素マスクや酸素ボンベは病気にならないと使えない。

 酸素カプセルは整体や美容院でも使われているところがあるが、一台400万円ぐらいと高価だという。

 そこでVIGO MEDICALのよって小型高濃度酸素発生機オキシーズOXY’Zが開発されたのだそうだ。A4大の大きさで2.6kg、酸素濃度40%、酸素流量2L/分、

 病気でない人は1日20分酸素を吸うと体内酸素量が12時間たもたれるそうだ。体験をしたが、首に吸入器をかけるだけで、鼻のあたりに酸素が出て来る。

 指の爪にセンサーを付けてパソコンで血流を見られるようにした画像を見たが、吸い始めて5秒ぐらいで血流が起きていた。
スポーツ選手には酸素を取るために使っている人が多いそうだ。

 定価はなんと547800円(税込み)もする。

 

« 蛙の話し | トップページ | 「ください」と「下さい」 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蛙の話し | トップページ | 「ください」と「下さい」 »