2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« SNSの違法投稿の監視(モデレーション) | トップページ | 認知症前段階を知る »

2024年5月 1日 (水)

自民全敗の衆院補選

 28日に行われた東京、島根、長崎の衆院補選で立憲民主党が3勝した。自民党は候補者の擁立を見送った東京15区、長崎3区での不戦敗、自民が負けたことがなかった島根1区でも負け、全敗となった。

 特に島根1区は1996年の小選挙区制導入以来、細田前衆院議長が勝ち続けて来た。そして首相は2度も選挙区に入り、小渕優子選挙対策委員長は連日のように選挙区を回り、小泉進次郎元環境相ら知名度の高い議員も応援に入った。それでも自民は負けた。

 この三つの補選の結果に注目していたが、29日朝の朝刊を見て結果を知りよかったと思った。自民党派閥の裏金問題に対し、これら選挙区の有権者は厳しい評価をしたことに安堵した。

 東京15区では立憲が共産と共闘したのがよい結果に結びついたと思う。長崎3区や島根1区でも共産党が陰で応援を下のではないかと思う。

 岸田政権のもとで発覚した旧統一教会との癒着や裏金事件。その解明はおろそかにされ国民に不信感を与えた。圧倒的多数の上に胡坐をかいて、いい加減な対応をしている岸田政権への批判となった。

 この選挙結果によって早期解散がし難くなったと思われるが、自民党総裁選が控えており、岸田首相はどう出るのだろうか。有権者は裏金事件を忘れてはいけない。

 一方野党がどうでるのかものかも重要である。国会で一致して自民党の裏金事件を追及し、厳密に対処する法案を作ってほしい。

 また、来るべき総選挙へどう対応するのかも重要な問題である。立憲民主党は維新の会や国民民主党とどうおりあうことができるのかが決め手である。

« SNSの違法投稿の監視(モデレーション) | トップページ | 認知症前段階を知る »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SNSの違法投稿の監視(モデレーション) | トップページ | 認知症前段階を知る »