2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ほうれん草とコマツナ | トップページ | 単身高齢女性の高い貧困率 »

2024年3月 9日 (土)

トランプ氏が大統領になったらー朝日の記事

 米国大統領選へ向けた共和党の指名候補争いは、スーパーチューズデイでもトランプ氏が圧勝した。そしてヘイリー氏は指名争いから撤退することになり、共和党の大統領候補はトランプ氏が確実となった。

 朝日新聞は、もしトランプ氏が大統領に選ばれればどうなるかという小記事を載せた。

 まず第一に米国に入って来る移民への対応で、5日の集会でも「国境を閉鎖する」と宣言したという。強制送還を含む「史上最大の作戦」を実施する考えだという。前回もメキシコとの間に壁を築いたが、今度はもっと徹底するというのだろう。

 米国の対外介入には否定的だという。二国間の「取引(ディール)」で成果を得ようとする傾向があり、多国間外交の枠組みや同盟国は大きくゆすぶられるという。こうした傾向は前回にも見られた。

 「大統領になればウクライナでの戦争を24時間で片づけると語り、ロシアとウクライナの停戦仲介に乗り出す意向だという。実行すれば、ロシアの戦略を既成事実として認めることになると記事は指摘する。共和党はウクライナ支援の予算に賛成をしていない。トランプ氏はさらに強硬なやり方で臨むのであろう。

 中東ではイスラエルを支援する姿勢をさらに強めるという。反対にイランや、その支援を受けるイスラム組織にはより強硬な姿勢を取るとする。パレスチナのガザはますます破壊されつくすであろう。トランプ氏はイスラエルのジェノサイドを後押しするに違いない。

 北大西洋条約機構(NATO)からの脱退に踏み込むと予測している。NATOはスウエーデンなどの加盟により32カ国となったが、最大の米国が抜ければどうなるのか。

 外国製品に一律10%の関税をかけるという。米国の製造業や製品を保護するためとはいえ、まさにアメリカ第一である。これまで築かれてきた国際取り組みは全く無視である。日本も大きな経済的打撃を蒙るという。

 日本に対しては、在日米軍の駐留経費の負担増を要求するだろうという。あり得る話である。そうなったら日本は米軍は出ていけという強さがほしい。

 対中国としては対決姿勢を強めると予測している。

 世論調査ではバイデン氏よりトランプ氏の方が若干人気があると聞く。共和党の熱烈なトランプ支持はどうにもならないが、無党派層や共和党のヘイリー氏等を支持する人たちは反トランプになれないのだろうか。

« ほうれん草とコマツナ | トップページ | 単身高齢女性の高い貧困率 »

国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ほうれん草とコマツナ | トップページ | 単身高齢女性の高い貧困率 »