2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 友情結婚 | トップページ | 我が家のシクラメン »

2024年3月21日 (木)

始めて見たみかん「媛の月」

 食品スーパー八百鮮へ行ったら、初めて見るミカンを売っていた。名前は「媛の月」で、大きさは普通のミカンと同じぐらいか小さいくらいであった。値段は高くなく、下の写真のように8個入り一袋が290円であった。

 珍しいので1袋買って帰った。食後に食べて見ると甘くて酸味がなく食べやすかった、難点は種が多いことであった。何と私が食べた1個は袋ごとに種がつも入っていた。妻が食べたのはそれより少なかったが。

 何と何を掛け合わせたのかと妻が言ったのでネットで調べたら「『ひめのつき』はJA全農えひめが『アンコール』と『日向夏』を掛け合わせて育成した品種です。 2006年(平成18年)に品種登録されました。 果皮が黄橙色で、さわやかな香気があり、酸味は少なめ。 アンコールの持つ濃厚な甘みと、日向夏のさわやかな風味をバランスよく受け継いでいて、まろやかでスッキリとした甘みが楽しめます。」とあった。

 驚いたことに「媛の月」の同じ名前で、栗タルトという和菓子や焼き芋にもあることが分かった。どうしてこんな紛らわしいことをするのだろうと思った。

 愛媛県はミカンの産地で、いろんなミカンを生産している。伊予柑もその一つだ。8個入りで390円だったので1袋買って来た。

 不知火またはデコポンも欲しかったが今年はあまり見なくて、値段も1個200円もしていたので買わなかった。

Img_5722

« 友情結婚 | トップページ | 我が家のシクラメン »

食・食事・食物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 友情結婚 | トップページ | 我が家のシクラメン »