2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ウオーキングを再開 | トップページ | 大変だった確定申告 »

2024年2月24日 (土)

国家公務員のマイナ保険証利用率は4%という記事

 ネットニュースを見ていたら、国家公務員のマイナ保険証の利用率が4%台と低迷しているという記事があった。

 厚生労働省の資料によると、国会公務員の利用率は2023年11月時点で4・36%だった。利用率は、医療機関が受診者の医療保険の加入情報などを確認する際に、従来の保険証でなくマイナ保険証が使われた割合だという。

 国家公務員といえば率先してマイナ保険証を使うと思っていたらそうではなかったのだ。
 

 省庁別では、総務省が6・26%で、財務省や農林水産省などが5%台、厚生労働省や文部科学省などが4%台、最も低いのは防衛省の2.50%だったそうだ。

 マイナ保険証をめぐって信頼を失う事件が相次いだ。23年5月に個人情報の漏洩や登録ミスが相次いだ。別人の個人情報が誤ってひもづけられ、マイナ保険証を医療機関などで利用した際、自分のものでない医療情報や薬剤が閲覧されたケースが起きた。

 霞ヶ関の各省庁は数年前から、マイナンバーカードが建物の入館証を兼ねているが、外国情報機関などのターゲットにされかねないという。

 国家公務員の利用率が低いののはマイナー保険証の危なさをよく知っているからだ。私はこれまでに何回も現行の保険証を継続するように言って来た。国家公務員や医療機関などから批判が出ているが、国民みんなが反対の声を大にすべきだと思う。

 

« ウオーキングを再開 | トップページ | 大変だった確定申告 »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウオーキングを再開 | トップページ | 大変だった確定申告 »