2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 南海トラフ巨大地震でどうなるのか | トップページ | 盛山文部科学相は辞任せよ! »

2024年2月21日 (水)

高い枕は危険

 19日の朝日新聞に「殿様枕症候群 ご用心」という記事があった。

 高い枕で寝ると脳卒中になりやすい――。脳卒中の原因の一つ、特発性椎骨(ついこつ)動脈解離は、高い枕で寝る人ほど発症率が高いことが、国立循環器病研究センター(国循)の研究チームの分析で明らかになったというのだ。

 特発性椎骨動脈解離は首の後ろの血管が裂け、脳卒中を起こす。頭痛などをきっかけに発症に気づくことがある。脳卒中全体の2%程度だが、働き盛りの世代を含む15~45歳の脳卒中患者の1割程度を占め、うち2割近くが亡くなったり後遺症が残ったりするが、根本治療がないそうだ。

 研究チームは、原因がわからない患者の中に高さ17~19センチにもなる極端に高い枕を使っている人がいることに注目して使っている枕の高さを調べた。

 売られている枕の中で12センチ以上を「高い」、15センチ以上を使用がすすめられないほど「極端に高い」と定義した。

 枕が高いほど特発性椎骨動脈解離を発症しやすかった。枕の高さでみると、15センチ以上を使っていた人の9割が特発性椎骨動脈解離の患者だったという。

 日本では17~19世紀にかけて、「殿様枕」と呼ばれる高く硬い枕が、髪型維持のために使われていた。江戸時代の随筆に「寿命3寸楽4寸」という記述があるという。9cm程度の低い枕は早死にしなくて済むと江戸時代の人にも分かっていたようだ。

 私の母方の祖母は高い枕の上に首を置いていた。私も若い頃は高い枕が好きで母に高い枕を作ってもらって使っていた。でも、いつの頃からか高い枕をやめた。現在使っている枕は6cmぐらいの高さである。

 

« 南海トラフ巨大地震でどうなるのか | トップページ | 盛山文部科学相は辞任せよ! »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南海トラフ巨大地震でどうなるのか | トップページ | 盛山文部科学相は辞任せよ! »