2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大地震の経験 | トップページ | 裏金還流問題 特捜部は甘い »

2024年1月20日 (土)

睡眠時間はどのくらいがよい?

 私は睡眠については自然に任せている。床に入る時刻を夜9時前と決めていて特別のことがない限り9時までには床に入る。床に入って横向きで寝て静かにしていると10分ぐらいで寝入ってしまうようだ。夜中の2時前後にトイレに起きるが、その時水分を摂り布団に入る。この後は寝付くのに時間がかかる。どのくらいかかるかは日によって違うが朝4時過ぎに起きるように目覚ましをセットしておくので目覚ましの音で目が覚める。つまりいつの間にか、多分30分ぐらいのうちに寝入っているようだ。

 ネットに「寿命を縮めてしまう睡眠は? 8時間以上布団のなかにいると60歳以上は死亡率増加 医師が対処法を解説」という記事があった。興味を引いたので読んでみた。

 「加齢とともに睡眠やからだのリズムが変化し、活動量も減るため、からだが必要とする睡眠時間は減少していきます。昔と同じように長時間眠る必要がなくなるので、睡眠時間が短くなるのは自然なことです。多少の寝つきの悪さや早朝に目が覚めたりするのも年齢とともにある程度、避けられないこと。必ずしも不眠とはいえないのであまり悩みすぎる必要はありません」とあった。

 なるほど年を取ると活動量はぐんと減るから睡眠時間が短くてもよいということかと納得した。
 

 必要な睡眠時間を年齢別でみると、15歳では約8時間だが、25歳で約7時間、45歳で約6.5時間、65歳以降は約6時間と、高齢になるほど短くなるという。昔は8時間睡眠ということが勧められていたので退職するまではそれを守っていた。退職後は実質6時間ほどである。
 

 安達医師によると、60歳以上の眠り方のこつは、「眠くないときはベッドに入らず、眠くなったらベッドに入ること」というが、私は前述のように9時前には床に入ることにしている。眠くないということはなく、テレビを観ていると寝てしまうことが多い。

 寝るときは電気を消して暗闇にして寝る。寝る前にテレビを見たり、スマホを見るのはよくないといわれるが、スマホは見ない。

 

« 大地震の経験 | トップページ | 裏金還流問題 特捜部は甘い »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大地震の経験 | トップページ | 裏金還流問題 特捜部は甘い »