2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 突如浮かんだビビデバビデブー | トップページ | 世界の原発増設について »

2023年12月 4日 (月)

パーティー券キックバック問題

 12月2日の朝日新聞には安倍派のパーティー券裏金問題が1面に大きく載った。次の3日には、「二階派も不記載 1億円超か」と1面に大きく載った。

 いずれも所属議員がパーティ券販売ノルマを超えて集めた分を、派閥の政治資金収支報告書に記載しない運用をしていた疑いがあるというのだ。両派とも直近5年間で、1億円を超えるとみられる。

 両派とも不記載分の収入は議員側にキックバックしていたが、安倍派は支出にも記載せずに裏金化していた一方、二階派は支出には記載していたという。

 悪質性は安倍派の方が強いとみられるが、二階派も収入の不記載額は大きい。東京地検特捜部は政治資金規正法違反容疑での立件を視野に調べているという。

 政治資金規正法が禁じる収支報告書の不記載や虚偽記載罪の時効は5年だという。直近5年間についてはどうしてわかったのか。おそらくこうした裏金作りはバレないことをいいことにずっと行われていたに違いない。

 安倍派と二階派以外の派閥ではどうなのか。この際徹底的に調べる必要があろう。岸田内閣には、安倍派の事務総長経験者である松野官房長官、西村経済産業相がおり、この問題への説明を拒んでいるという。

 岸田首相は「状況を把握しながら、党としても対応を考えていく」とあいまいなことを述べている。具体的な内容にはふれなかったという。野党がどこまで追及できるかが問われる。

« 突如浮かんだビビデバビデブー | トップページ | 世界の原発増設について »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

今回も文春砲の今週号に「安倍派23億円裏金作りを暴く!特捜部が狙う 萩生田の舎弟」という衝撃的な見出しが躍ったことが事の発端である。そしてその舎弟は愛知3区の池田佳隆衆議院議員のことである。私は記事の内容を読んでないのでよく分からないが、文春は今回も本当によく調べて確証を得た上で掲載に踏み切ったのであろう。もし文春砲が炸裂しなければ多くの重大事件が表沙汰にならずに消えてしまう?これは法治国家としておかしい気もするが、文春砲の存在は唯一の正義の味方であると多くの人が今や認知してきた。憲政史上最長期に亘った安倍政権で安倍元総理が学んだことは、どんな不祥事が起こっても、その当座は多少のマイナス影響はあるが、国民はいずれ忘れてしまい、自民党の支配は揺らぐことはないということであった。事実、そのように政局は推移し、安倍政権は4回も総選挙に勝利したのである。政治は国民を映す鏡であると言われるが、今の自民党の現状は国民が許容し続けた結果である。勿論、現状の選挙制度が自民党に支持率以上の議席数を与えている制度上の欠陥が大きく寄与している。野党が非力だというがこれも健全野党を育てようとする国民の意識の欠如が大きな原因である。「政治は最高の道徳たれ」という有名な言葉があるが、いまやこれは悪いジョークだと心底思えてくる昨今である。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 突如浮かんだビビデバビデブー | トップページ | 世界の原発増設について »