2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« [ どうする家康」が面白くないのは | トップページ | 世界四大文明は誤りという »

2023年12月10日 (日)

松野官房長官も1000万円超という

 12月8日の朝日新聞は、一面に「松野官房長官に1000万円 裏金かパーティ収入還流」と大見出しで報じた。

 自民党最大派閥の「清和政策研究会(安倍派)に属する松野官房長官が、直近5年間で派閥から1千万円を超える裏金のキックバックを受け、政治資金収支報告書に記載していない疑いがあることがわかったというのだ。

 松野氏は19年~21年には派閥の実務を取り仕切る事務総長を務めていた。だから裏金問題を知らないはずはない。それなのに、今月1日以降、定例記者会見で連日質問を受けているが、説明を拒んできた。

 7日に文章で回答。「定例記者会見は政府の立場として答えており、個々の政治団体に関するお尋ねへの答えは差し控える」と従来の説明を繰り返した。

 官房長官は内閣の重要な閣僚である。その立場の者が自身の疑惑への説明を拒み続けるのだ。やましいことがあるから答えられないのだ。

 虚偽記載罪などの時効にかからない2018年~22年の5年間で安倍派の裏金の総額は1億円を超えるという。時効になったそれ以前も裏金をやっていたに違いない。

 最大派閥で政権を担当していた安倍派は安倍元首相以下裏金をやっていたのだ。トンデモ内閣であった。他にも二階派や麻生派も裏金問題が報じられている。自民党の各派閥はみなやっていたと思われる。

 それにしても松野官房長官はどこまで「差し控える」で逃げるつもりなのか。捜査をしている東京地検特捜部も松野氏の資金の流れを把握している模様だという。

 東京地検に頑張って捜査をしてもらうことに期待するしかないか。

« [ どうする家康」が面白くないのは | トップページ | 世界四大文明は誤りという »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

私はこの歳まで、総選挙で自民党議員に投票したことは一度もない。その理由は絶対権力は必ず腐敗すると信じているからである。諸悪の根源は自公政権が圧倒的な議席数を確保して、所謂一強他弱の状態が続いているからである。勿論これは現行の小選挙制度の欠陥によるところが大きいのも事実であるが、それはともかく安倍政権になってから4回も総選挙に勝利させたのは国民の意思には違いない。野党がこれだけ弱体化したのではチェック機能が働かないし、政治に緊張状態は生まれない。自民党特に安倍派は我が世の春を謳歌し、捕まらなければ何をやってもかまわないと思うのは当然の成り行きである。安倍政権はメディアを押さえ込み、あろうことかとか官邸の番人といわれた黒川東京高検検事長の定年を延長して彼を検察トップの検事総長に据えようとしたことは記憶に新しい。司法を押さえれば怖いもんなし、安倍政権の権力基盤は盤石になるところであった。黒川氏の賭け麻雀でこのことが頓挫したことは安倍政権の躓きの始まりになった?それはさておき裏金問題が発覚した後に、どこかのメディアが世論調査をした結果、この次に政権を任せたい政党はという質問で、一位に挙げた政党はやはり自民党なのである。語るに落ちるとはこのことですね。やがてほとぼりは冷める。残念ながら元の木阿弥になるようなきがするが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [ どうする家康」が面白くないのは | トップページ | 世界四大文明は誤りという »