2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 中国から特殊詐欺メール | トップページ | 夢の中の時間の速さ »

2023年12月14日 (木)

「神ごみ」という生ごみの出し方

 スマートニュースを見ていたら「ゴミ清掃員が『神ごみ』と呼ぶモノの正体を告白→『目からウロコ』『とてもいい捨て方』と話題に」という記事があった。

 お笑い芸人として活躍するかたわらで、ゴミ清掃員としての顔も持つマシンガンズ滝沢さんがX(旧ツイッター)で、「神ごみ」と呼んでいるものを紹介したというのだ。

 ゴミ清掃員が思わず感謝してしまうごみの捨て方とは……?ゴミ袋をいくつか出すときにゴミ袋の口の所を結んで出すと1個として扱えるのでいいというのだ。

 滝沢さんは、小さなゴミ袋が3〜4個写っている写真を2枚投稿し、「(東京)23区だと、まだまだ小さいコンビニ袋で出される方がいますが、結び目と結び目を結んでくれると一回で済むので、神ごみと呼んでいます」というのだ。ちなみにこのやり方は可燃ごみ限定だという。

 我が家では妻が以前からいくつかの生ごみの袋を出すときは袋の口を結んで出している。「神ごみ」だったのだ。

 ところで、今日はゴミを出す日であったが、我が家ではカラス対策でネットをかぶせてゴミを出しておいた。前にも書いたように、カラスがさばきに来るのでゴミの日は気が気ではない。

 網の箱に入れたり、中には頑丈な金網の箱に入れて出している家もある。ゴミを収集する清掃員の方には網を外したり、箱から出したりと大変な手間をかけることになる。大変申し訳ないと思いながら、カラス対策でやっているのだ。

« 中国から特殊詐欺メール | トップページ | 夢の中の時間の速さ »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中国から特殊詐欺メール | トップページ | 夢の中の時間の速さ »