2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« パーティー券キックバック問題 | トップページ | 岸田首相も旧統一教会と接点があったという記事 »

2023年12月 5日 (火)

世界の原発増設について

 アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで開かれている国際気候変動会議(COP28)にあわせ、「世界全体の原発の設備容量を2050年までに3倍に増やす」との宣言が2日発表され、英国、フランス、韓国、UAEなど日本を含む22カ国が賛成した。温室効果ガスの排出を減らす対策の一環として、米国が呼びかけていたものだ。「温室効果ガス排出の実質ゼロを達成するうえで、原子力は重要な役割を果たす」というのだ。

 日本が賛同したのは原発が脱炭素への安定電源になることや、輸出による関連産業の振興につながるからだという。

 しかし日本は福島第一原発事故で原発がいったん事故を起こすと大変なことになることを経験している。今も避難を余儀なくされている人がいるだけでなく、原発汚染水の処理水放出で水産業に大きな影響が出ている。

 また、原発を新たに建設するとしてもそのために炭酸ガスが排出されるし、作るまでに時間がかかるので間に合わないと指摘する人もいる。

 一番いいのは再生可能エネルギー利用だがそれも間に合わないのだろうか。

 原発は動き出せば脱炭素のエースとして働くが、いったん事故が起きるとその災禍は大変なことになる。原発は造らないのがよいと思うのだが。

« パーティー券キックバック問題 | トップページ | 岸田首相も旧統一教会と接点があったという記事 »

原子力発電・再生可能エネルギー」カテゴリの記事

コメント

昨年ウクライナの侵略を始めたロシアは、1週間後にはサポリージャ原発を占拠した。
これは小説でも描かれて素人でも想定できる戦略である。要求を受け入れなければ原子炉を破壊すると脅すことも出来るし、その前に電力供給を止めて市民生活を混乱させることも出来る。
世界の主要国が原発を大幅に増やせば貧困国にとっては好都合になる。隣国の将軍様も多くの国民を飢えさせて核ミサイルの開発を進め国際的な権勢を高めようとしなくても、他国の原発を破壊する工作員を潜入させれば済む。
そうはさせじと大国は原発を防御するために強大な軍隊を配置し最新鋭の兵器を配備するとしたら漫画のような絵になる。
しかし軍事費の増大を何よりも望ましいと考えているこの世の支配者たちにとっては、願ったり叶ったりの将来なのかもしれない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パーティー券キックバック問題 | トップページ | 岸田首相も旧統一教会と接点があったという記事 »