2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 不審な電話 | トップページ | 日本語教室最後の授業から »

2023年12月18日 (月)

現行健康保険証を廃止するな!!

 岸田首相が「法令に基づき、予定通り現行の健康保険証の発行を来年秋に終了し、マイナ保険証を基本とする仕組みに移行することとすると表明した。他人の情報が自分のマイナンバーカードに紐づけられるなどトラブルが相次ぐ中、政府が進めていた”総点検”の結果を受け、改めて現行の健康保険証廃止することにしたのだ。

 そして12月15日から暗証番号不要の新しいマイナンバーカードの導入が始まった。居住区の昭和区市民課に電話をして確認したら間違いなかった。カードには写真がついているので顔認証でおこなうのだそうが。ただ係の人は「ほぼ保険証に特化した機能なので、暗証番号が求められる確定申告とかコンビニでの証明書交付などはできなくなるのでよく考えてやってほしい」と言った。

 健康保険に特化したマイナンバーカードなら、何も現行の便利で安全な紙の保険証を廃止することがないではないか。現行の健康保険証廃止に反対が多くの自治体の医師会などからも出ているという。岸田内閣のやることは国民を無視したやり方ばかりだ。

 ネットで見たら、札幌の例が出ていた。札幌市内の病院で取材中に訪れた来院者のうち、マイナ保険証を利用している人は一人もいないと書いてあった。

 私はいくつかのクリニックに行っているが、マイナ保険証を受け付ける器機をおいてあっても使用している人を見たことがない。

 政府は現行の保険証を使った場合は、料金を高くしているが、私も含めて多少高くなっても現行の保険証を使っているのだ。

 マイナ保険証の使用率は約4.5%だそうだ。こんな不人気なものをなぜ強硬にやろうとするのか。岸田と河野のせいだ。

« 不審な電話 | トップページ | 日本語教室最後の授業から »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不審な電話 | トップページ | 日本語教室最後の授業から »