2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鈴木宗男氏のロシア加担 | トップページ | 誠実さのかけらもない細田議長 »

2023年10月15日 (日)

突然浮かんだ文部省唱歌

 13日の朝起きたとき、突然「秋の水澄み切った・・・」という童謡が浮かんだ。今まさに秋である。時期がぴったりであるのでおどろいた。この歌はもう70年以上は歌っていないはずだ。そんな唱歌がどうして突然浮かんだのか不思議である。

 ただ、歌詞に違和感を覚えた部分があったので「秋の水澄み切った」と入れてネットで検索したらいっぱい出て来た。

 違和感を覚えたのは「何百何千」という部分であった。赤トンボが「何百何千」はおかしいと思ったのだ。しかしその通りであった。間違えて覚えていたのは「そろって谷へ」であった。谷ではなく「上へ」であった。

 題名はうろ覚えで「赤トンボ」だと思っていたらこれは合ったいた。その歌詞は次の通りである。
 

  秋の水 澄み切った
 

  流れの上を 赤とんぼ
 

  何百何千 そろって上(かみ)へ ただ上へ
 

  上っていくよ 上っていくよ
 

 ちなみに2番は
 

  秋の空 金色の
 

  夕日に浮かぶ 赤とんぼ
 

  何百何千 並んで西へ ただ西へ
 

  流れていくよ 流れていくよ
 
 この歌は文部省唱歌で昭和7年新訂尋常小学唱歌第3学年用として取り入れられたものだという。私は12年後に国民学校3年生になったから、その時覚えたのであろう。

 この歌の作詞者、作曲者は不明だという。どうしてそんな歌が唱歌として採用されたのだろうか。「何百何千」とか「ただ上へ」など歌詞もあやふやである。
 
 
 
   

« 鈴木宗男氏のロシア加担 | トップページ | 誠実さのかけらもない細田議長 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴木宗男氏のロシア加担 | トップページ | 誠実さのかけらもない細田議長 »