2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 直腸がんと生きるー6- | トップページ | マイナ保険証に注意すべきこと »

2023年6月19日 (月)

黒いアゲハチョウが落ちていた

 17日、日本語ボランティアの帰り道県庁西の歩道を地下鉄の駅に向かって歩いていたら、道に黒いものが落ちていた。何だろうと思って近寄って見ると大きなチョウの死骸であった。

 Gogleカメラで撮影したら、カラスと出た。おかしいのでもう一度撮影したら、今度は「カラスアゲハ」と出た。カラスアゲハかと納得して、普通のカメラで写して置いた。Gogleカメラで写した物は消えてしまうからだ。

 家に帰って調べたら、カラスアゲハとクロアゲハの2種類あることが分かった。カラスアゲハは羽が青色に輝いているそうで、私が見たのは下の写真のように真っ黒の羽であった。

 ただ、この写真からはクロアゲハかどうかの判定は私には無理だ。羽に輝きがないからカラスアゲハではないと思うのだが。
いずれにせよ、喜寿の歳になって初めて黒いアゲハチョウを見た。子どもの頃は南紀新宮の山や畑や野原を駆け回っていたが、黒いアゲハチョウは見たことがなかったのだ。

 我が家の柚子の木にはアゲハチョウが来て卵を産み付け、幼虫になり、やがて成虫になって飛んでいく。

 黒いアゲハチョウの仲間は、日本には8種類あるとネットに出ていたが、模様などから該当しそうなのは、グロアゲハとジャコウアゲハである。いずれにしても珍しい蝶を見たものだ。

Img_4993

« 直腸がんと生きるー6- | トップページ | マイナ保険証に注意すべきこと »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 直腸がんと生きるー6- | トップページ | マイナ保険証に注意すべきこと »