2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 1日2食で十分 | トップページ | デイサービスでボランティア »

2023年5月20日 (土)

ジャニー―喜多川氏の性加虐問題

 ジャニーズ事務所創業者ジャニー喜多川氏による所属タレントへの性虐待について、被害を受けた元ジャニーズJrからの告発が相次いでいる。ここに来てNHKも17日のクローズアップ現代でジャニーズと性加害問題を取り上げていた。そこでは被害者が出て証言をしていた。

 この問題の発端は、3月に報道された英国のBBCのドキュメンタリ番組だという。そこでは複数の元ジャニーズJrが10代の頃、ジャニーズ氏による性加害を受けたと証言したという。

 日本では週刊文春が99年10月からジャニー氏による性虐待を追及してきた。その手口は履歴書をジャニー氏が見て、気に入った子を合宿所という自宅に泊まらせ、好き放題にさせたあと、マッサージをすることを口実にして身体を触り、その流れで性行為に及んだのだという。そして翌朝1万円を渡したという。

 ジャニー氏は妻のメリー氏と共にジャニー事務所の絶対的権力者で、それに逆らうことはできない状況であったのだ。

 ジャニーズ事務所が文芸春秋を相手に、名誉棄損の民事訴訟を起こしたが、03年の東京高裁判決は「原告喜多川が、少年たちが逆らえばステージの立ち位置が悪くなったり、デビューできなくなるという抗拒不能な状態にあるのに乗じ、セクハラ行為をしているとの本件記事は、その重要な部分について真実であると認定、04年に確定した。この点についてはクローズアップ現代でも取り上げていた。

 驚いたことにジャニー喜多川氏の性虐待は判決後も続いていたのである。

 ジャニー喜多川氏の地位利用したやり口は実に汚い。喜多川氏は妻がいるのに、若い男の子を好むというのはバイセクシャルなのか。

 この問題について14日ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子社長のお騒がせしておりますという動画と社長名の書面をサイトに公開した。しかし、ジャニー喜多川氏が死んでいるので正逆亭の事実認定は「容易ではない」と認めなかった。知らぬ存ぜぬを通すようだ。しかし、この問題は、徹底的に実態を解明することが大事である。

« 1日2食で十分 | トップページ | デイサービスでボランティア »

社会問題」カテゴリの記事

コメント

言うことを聞かなければ出演させない、という脅しは、パワハラなどという言葉が誕生するはるか昔から芸能界では普通だったにちがいない。
特に女性タレントが所属事務所の社長やマネージャーやレコード会社の担当者などから性的関係をせまられるのは公然の秘密なのかもしれない。しかしジャニー氏のように男性タレントに数え切れないほどせまったというのはかなり異色と言えようか。
とは言え、芸能界だけでなく、たとえば大学教授が大学院の女子学生に論文審査を通してあげる見返りに性的関係をせまったなどという話は時としてニュースになる。同様のことは会社組織でも非常に多いにちがいない。
今回は英国BBCの報道でようやく大きな話題になったが、問題はジャニー氏がどうこう以前に、それにフタをし続けて来た日本のマスコミの姿勢である。
報道の自由度ランキングというものが今年も5月のはじめに発表された。どのような基準によるものかは知らないが、日本は68位で、G7の国では最下位らしい。
ヨーロッパ人の視点によるランキングなど気にする必要はない、と突っ張る日本人も少なくないだろう。が今回の例を見ても日本の報道がおよそほめられたものでないことは間違いない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1日2食で十分 | トップページ | デイサービスでボランティア »