2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 学術会議支配を目論む自公政権 | トップページ | 仏教の葬儀法要は改革したらどうか »

2023年4月22日 (土)

名古屋の魅力

「偉大なる田舎」「魅力のない街」などと言われてきた、ナゴヤ。なんとアメリカのニュース雑誌「タイム」による「世界で最も素晴らしい場所」50選にナゴヤが選ばれたというのだ。
  

 選ばれたポイントは、大きくわけて3つだという。
 

 1つ目は、2022年、長久手市に開園した「ジブリパーク」。海外でも大注目だとは知らなかった。
 

 2つ目は、世界に誇るウイスキー。知多ブランドでお馴染みの、「サントリー知多蒸溜所」を紹介している。

 3つ目は、ぜいたくな宿泊施設。
 

 記事では、2022年、犬山市にオープンした「ホテルインディゴ犬山有楽苑」と名古屋市にある「THE TOWER HOTEL NAGOYA」を紹介している。
 「世界でタワーの中に泊まれるのは初なんですよ。鉄骨をわざと隠さなかった、ベッドで寝なくてもいいんですよ。抱きついて鉄骨で寝てもいいんです、そんなホテル世界どこ探してもほかにあるんでしょうか」(「ザ・タワーホテルナゴヤ」取締役女将 豊田涼子さん)
 

 ホテルが入る「中部電力 MIRAI TOWER(旧・名古屋テレビ塔)」は、2022年、国の重要文化財にも指定された。
 

 名古屋に住んで50年以上、名古屋はとてもいいところだと思って来た。

①交通の便がよい。

 名古屋駅から中部空港まで鉄道が乗り入れ、世界の各所へ楽に行ける。また、地下鉄が発達し、市内の移動が便利。名古屋鉄道、近畿日本鉄道、JRなどで他の地域へ行ける。特に長野や木曾など山や知多の海など海へもアクセスが良い。「一生に一度は伊勢参り」といわれた伊勢へもすぐに行ける。

②気候がよい。

 1年中雨が少ない。冬も雪が少なく過ごしやすい。

③名古屋めしなど。

 ひつまぶし、味噌煮込みうどん、味噌カツ、手羽先、きしめん、小倉トースト、エビフライ、モーニング、守口漬、えびせんべい、とんちゃん・・・。

 名古屋はベトナムなどの外国人が多く働いているという。

 タイム誌の紹介は富裕層向けのように感じるが、一般の外国人にどっても魅力のある街だと思う。
 

 

« 学術会議支配を目論む自公政権 | トップページ | 仏教の葬儀法要は改革したらどうか »

話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学術会議支配を目論む自公政権 | トップページ | 仏教の葬儀法要は改革したらどうか »