2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プーチンの年次教書演説 | トップページ | 中国からフィッシングメール »

2023年2月25日 (土)

ガーシー議員は除名すべし

 NHK党のガーシー参議院議員は当選後UAEアラブ首長国連合に行ったままで、これまでに一度も登院していない。それで国会で説明をするということになったがNHK党によるとガーシー議員にはその気はないという。

 ガーシー議員は歳費を受け取っているという。どういう論理で登院をせずUAEに滞在しているのか。何のために立候補したのか。

 NHK党はこうした態度をとるガーシー議員に、登院して議員としての義務を果たさせることもできないでいる。そもそもこんな人物を、ユーチューバーとして人気があるからと言って立候補させたのは、数を増やすだけが目的で無責任極まりない。

 ガーシーもガーシーだが、NHK党もNHK党である。国民を馬鹿にしている。こうした党や人物に投票した選挙民の反省すべきであろう。

 ニュースによると、もし登院をして陳謝をしなければ、次は除名だという、民主主義と国権の場の権威をまもるために即刻除名すべきであった。ガーシー議員が除名されても、NHK党は比例区の繰り上げで全く困らないのだ。

 Yahooニュースに「この大騒動で、もっとも得をしたのは、岸田文雄首相だ。選挙後に突然突っ走りはじめた自身の増税を巡る発言と、自身の判断で採用した長男・岸田翔太郎氏の国費による観光地巡りについて、政権支持率はダラダラと下がり続けていた。しかし、ガーシー氏に国民の関心が集まるにつれ、内閣支持率は下げ止まり、微増傾向になったようだ。」という記事があった。岸田首相にはガーシー様様なのか。

 

« プーチンの年次教書演説 | トップページ | 中国からフィッシングメール »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プーチンの年次教書演説 | トップページ | 中国からフィッシングメール »