2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 生活保護でも進学を認めよ! | トップページ | iphone14に機種変更をしたが7時間半も要した »

2022年12月11日 (日)

12月9日早朝の満月

 12月9日の早朝いつものようにウオーキングに出かけた。ちょうど半分の折り返し点、瑞穂スタジアムの所に来ると、綺麗な月が目に入った。空は澄み切っているようで、この朝の月は実にきれいであった。そして今年最後の満月であることを思い出した。前に日の夜7時半ごろ家の前に出て満月を見たのであった。月のすぐ下に火星が輝いていた。

 この朝の月も下の方に火星が輝いていた。帰りの道は左手の空に月を見ながら歩いた。中秋の名月も空が晴れていればきれいだが、晩秋や冬の月はそれよりもきれいである。やはり空気が澄み切っているからであろう。

 高校3年の時だったと思うが、受験勉強で疲れた頭を冷やすために、熊野川にかかる熊野大橋まで自転車で出かけて、冬の満月を見たことを思い出した。あのときも実にきれいであった。

 家に帰ってから妻に今朝の月はとってもきれいだったと話したら、妻が「名月を取ってくれろと泣く子かな」と言った。私は「小林一茶の句だね」と返した。今朝の月は8月15日の仲秋の名月ではないが、それに勝るとも劣らない名月であった。

 最近月へ人を送り込もうという動きがあちこちであるが、古より人々にとっては月は眺めるものである。そして感傷にふけるものだ。

Img_4626

« 生活保護でも進学を認めよ! | トップページ | iphone14に機種変更をしたが7時間半も要した »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生活保護でも進学を認めよ! | トップページ | iphone14に機種変更をしたが7時間半も要した »