2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ロシアこそ犯罪者だ! | トップページ | しつこい不審メールと着信拒否の仕方 »

2022年9月29日 (木)

国葬の中継を観て

 安倍元首相の国葬が終った。戦後2度目、しかも国葬反対が6割という異常な国葬が、どのように行われるのかを見て置こうとテレビをつけた。チャンネルを色々変えてみたがNHKがよさそうなのでNHKで見た。

 開会宣言や国歌の演奏などがあった。その後の三権の長の弔辞は岸田首相を除いて超簡単なものであった。そのまま進むのかと思ったら、なんと友人代表という菅前首相の弔辞はかなり長かったので意外であった。

 私は菅氏の弔辞をいいとは思わなかったが、翌日の羽鳥モーニングショーによるととても好評で、最後には拍手が起きたと言っていた。コメンテーターも官房長官時代や首相のときのぶっきらぼうの話し方とは打って変わり、感情のこもったものであったと驚いていた。現職の時なぜ感情のこもった話し方ができなかったのかといぶかっていた。確かに思い入れのある弔辞ではあった。

 安倍氏の国葬は宗教色を省いた献花というやり方がとられ、きわめて静かな日本的ともいえるもので、英国のエリザベス女王の国葬とは対照的であった。時間も英国のは短かったが、日本のは4時間半もかかったという。

 英国の国葬はカラフルで、聖歌やパイプオルガンの演奏やバグパイプの演奏があり、聖書の一節が読まれただけで簡素であったが心に響いた。

 日本の国葬を演出したのは誰かと思っていたら電通のようだとモーニングショーでは言っていた。英国のように要人の献花は事前に済ませておけば時間を短くできただろうに、待たされている人たちはトイレなどどうしたのだろかと思った。

 20万人の警官を全国から集めて最高度の警備をしたからか何事もなく終わった。ただ国葬賛成派のデモと反対派のデモが少し衝突したようだ。

 国葬が終って10月には国会が開かれる。国葬問題や統一教会問題は絶対にうやむやにしてはならない。野党の中には維新の会や国民の党や参政党・NHK党などふにゃふにゃな党が多いのが気になる。国会でしっかり審議してもらいたいものである。

« ロシアこそ犯罪者だ! | トップページ | しつこい不審メールと着信拒否の仕方 »

話題」カテゴリの記事

コメント

私の親しい音楽仲間に葬儀社に勤める人物がいる。彼は主に社葬を担当している。社葬には弔辞がつきものであるが、これも葬儀社が準備するのが常である。勿論、弔辞のライターが故人の関係者に面談して必要な情報を得た上で作成するのである。その道のプロが作成するのでどれも感動的な物語に仕上がっているとのこと。今回菅さんも最高のライターに弔辞の作成を依頼したことは想像に難くない。
今回の国葬で菅さんが読んだ弔辞に素直に感動した人が多くいることに私は少なからず驚いてしまう。
私は鼻白む思いしか感じないのである。一体誰がこの弔辞を作成したのであろうか?さぞかし多額の
報酬を得たのではと思ってしまう。それもこれもすべて税金である。こんな風に思うのは私がひねくれものの変人であるに違いない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロシアこそ犯罪者だ! | トップページ | しつこい不審メールと着信拒否の仕方 »