2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 和歌山通信より―②―鳥取県の新型コロナ対策 | トップページ | 安倍氏の国葬について »

2022年7月18日 (月)

政治家は統一教会とは関係を断つべきだ

 ネットで見つけたABEMAの記事によると、安倍総理と世界平和統一家庭連合(統一教会)の関係について書いてあった。
「全国霊感商法対策弁護士連絡会の山口広弁護士は『今回の選挙でも、あるいはその前の選挙でも、特定の自民党の候補者を組織推薦候補として応援をしてきたことを事実として認識している』とした上で、安倍元総理やほかの政治家に対し、旧統一教会にエールを送るような行為に配慮するよう、再三にわたり求めていたことを明らかにした。」と書いてある。
 

 統一教会のようなひどい宗教団体にはエールを送ることをやめるよう再三求めていたにもかかわらず、安倍元首相が統一教会関連の組織にビデオメッセージを送ったということのようだ。
 

 これについて、記事によると、「2年前に『安倍政権と統一教会、その蜜月を検証する』という記事を掲載したこともある季刊『宗教問題』の小川寛大編集長は『弁護士さんたちの主張に分があると思う』と話す」と書いている。

 小川氏によると、
「これは安倍元総理個人の問題というよりも、お祖父さんの岸信介元総理、お父さんの安倍晋太郎元外務大臣と、3代にわたって何らかの関係があったことが背景にあると思う。ソ連があった時代、西側陣営の国として共産主義にどう対応していくかということが非常に重要な政治的テーマだった。旧統一教会は韓国で生まれたが、隣国には北朝鮮もあり、基本的には“共産主義をやっつけよう”と主張してきた。そこに岸元総理、安倍元外務大臣、という流れがあったということだ。実際、岸元総理の時代の関係がかなり濃かったということは様々な資料が証明している。」
 

 そして「安倍元総理という人は、日本会議も含め、宗教も絡んだ団体と広く交際のあった人だったと思う。」と書いている。統一教会に限らず、様々な宗教団体ともつながりを持っているのは考えられることである。それは咎められることではない。
 

 今回の事件の場合は、山上容疑者の母親が統一教会の信者で献金によって家庭を破壊されたことで恨みを持ったことが明らかになっている。安倍元総理がビデオメッセージを送ったのをネットで知って安倍氏を狙ったと言われている。
 

 統一教会についてのテレビを見ると、教会の巧妙であくどいやり方で損害を被っている人たちが今もいることが明らかにされている。
 

 先日の羽鳥モーニングショーでは東大生の例が出ていたが、東大などの一流大学生でもマインドコントロールされてしまう凄い力をもっているようだ。
 

 信心することは自由として、政治家は選挙のためとはいえ、献金や霊感商法や合同結婚式などで信者をしばりつけて、被害をあたえるような団体との関係は断つべきであろう。

« 和歌山通信より―②―鳥取県の新型コロナ対策 | トップページ | 安倍氏の国葬について »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 和歌山通信より―②―鳥取県の新型コロナ対策 | トップページ | 安倍氏の国葬について »