2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 和歌山県は柿とミカンが生産量全国一位 | トップページ | 蚊が出始めた »

2022年6月18日 (土)

1年過ぎてまだ咲くハイビスカス

 昨年の母の日に娘が贈ってくれたハイビスカスは綺麗な花をいくつか付けていた。一つの花が終っても蕾がいくつも出るので次々に花を咲かせてくれた。

 夏が終わると咲かなくなるだろうと思っていたが、秋になっても咲き、冬になっても咲いた。もちろんたくさんの花を咲かせることはなかったが、一つの花がおわると次の花が咲くという感じであった。
 

 ハイビスカスはその調子で咲き続けて1年がたった。そして6月になると元気が出て来たみたいでもっと花をさかせてくれそうである。ハイビスカスがこんなに1年中咲く花とは知らなかった。
 

 我が家のハイビスカスは「紫音」ではないかと思う、大輪系(ハワイアン系)のハイビスカス。15~20cmほどの大輪の花が咲く。花色は薄紫で、花の中心部分は紅色、柱頭は黄色だ。葉の縁は丸い形をしているという。
 

 ハイビスカスは、アオイ科の非耐寒性常緑低木で、開花期は5月~10月で、種類は1万種もあるというから驚きだ。

 Img_4143

           6月3日に咲いた花

Img_4168

           6月16日に咲いた花

« 和歌山県は柿とミカンが生産量全国一位 | トップページ | 蚊が出始めた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 和歌山県は柿とミカンが生産量全国一位 | トップページ | 蚊が出始めた »