2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 毎朝キジバトが鳴くのを聞く | トップページ | ロシア外交官の侵略戦争批判 »

2022年5月27日 (金)

旧知のポーランド国籍ウクライナ人の話

 旧知のS.Kさんから電話があった。5年ぶりぐらいなので懐かしく感じた。彼はポーランド人だと思っていたら、ウクライナ人だと言ったので驚いた。国籍がポーランドなのだと言った。

 彼は7か国を自由に操る。今回は日本語で話したが日本語もペラペラである。語学の天才みたいな人が日本にずっと住んでいるのでうまくなるのは当然である。

 S.Kさんはイギリスのオックスフォードをでており、カナダやオーストリアなどにも住んだことがあるという。

 話しはロシアのウクライナ侵攻に及んだのは自然の成り行きであった。彼はウクライナ語もロシア語も話せるので、ウクライナの情勢を知るためにウクライナのニュースやロシアのニュースも観ていると言っていた。だから日本のテレビや新聞で報道しないこともよく分かると言った。その他に英語のニュースやドイツ語のニュースなども観ているようだ。今はインターネットがあるので言葉を知っていれば外国の情報もすぐに手にはいるのだ。

 彼はウクライナは7月ぐらいまでには反転攻勢に出てロシアをやっつけるだろうと言った。西欧諸国が武器の供与をしているのでウクライナの攻撃は有利だという。

 26日のNHKニュースのゼレンスキー大統領独占インタビューでも、大統領は反撃の武器が整ったら攻撃に出ると言っていた。

 S.Kさんによると、ロシア国内でも戦争反対の動きがあり、高い支持率はプーチンによって作られたものだと言っていた。

 また、ウクライナ軍に参加しているロシア人がいるし、ロシア軍の兵士はロシア人以外からの者も多いと言っていた。

 破壊されたウクライナのインフラなどの復興には、外国にいるウクライナ人に国籍を与えて、その人たちの財力やノウハウを発揮させるべきだと言っていた。ポーランドはそのやり方で見事な発展をとげたそうだ。

 彼が何度も強調していたようにウクライナの反撃が7月までには見られることを期待したい。

« 毎朝キジバトが鳴くのを聞く | トップページ | ロシア外交官の侵略戦争批判 »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎朝キジバトが鳴くのを聞く | トップページ | ロシア外交官の侵略戦争批判 »