2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山崎川沿いで見つけた花 | トップページ | マスク着用緩和について »

2022年5月21日 (土)

プーチンとロシアこそネオナチだ

 ロシアはマリウポリのアゾフスターリ製鉄所から退避し、ロシア側の支配下に置かれたウクライナ兵について、ウクライナ側は捕虜のロシア兵と交換する意向をしめしている。これに対し、ロシアの連邦捜査委員会は「民間人に対する犯罪への関与について確認する」と主張し、ウクライナ兵を尋問する方針を明らかにした。
 

 民間人に対する犯罪はロシア軍がやったことであって、国際司法機関も調査にのりだしている。ウクライナ兵が自国の民に対して犯罪的行為をするはずがない。
 

 また、ロシア国営ノーボスチ通信は、「ナチスの犯罪者」とみなした兵士については、ロシア兵との捕虜交換を禁じる法案が下院で審議されると報じた。ロシアがネオナチと言って来たアゾフスターリ製鉄所で果敢に戦ったアゾフ連隊の隊員を念頭に置いたものとみられる。
 

 プーチンはウクライナ侵攻をする錦の御旗として「ネオナチから解放する」を掲げて来た。しかし、ウクライナにネオナチはいない。誰の目にも明らかになったのはプーチンと彼に従う連中こそがネオナチであることだ。
 

 21世紀の現在に他国に侵攻し、歴史的に築かれてきた街や文化遺産や病院や学校などを破壊し、罪なき人々を殺したり傷つけたりしているのはロシア軍である。そればかりかロシアのウクライナ侵攻によって世界の経済が大混乱に陥った。日本の我々の日常生活を脅かす物不足や物価の値上がりをもたらしている。
 

 プーチンとそれに言いなりになるロシアこそネオナチズムである。彼らは天に向かって唾を吐くことを平気でやっているのだ。

« 山崎川沿いで見つけた花 | トップページ | マスク着用緩和について »

戦争と平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山崎川沿いで見つけた花 | トップページ | マスク着用緩和について »