2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 豆乳の効能と利用 | トップページ | 旧知のポーランド国籍ウクライナ人の話 »

2022年5月26日 (木)

毎朝キジバトが鳴くのを聞く

 早朝のウオーキングをしていると、あちこちで高いところから「クーク―アパパ クーク―アパパ」という鳴き声が聞こえてくる。キジバトである。私が歩く道筋では高い電線に止まっていたり、電柱のてっぺんで鳴いていたり、高層マンションのアンテナに止まって鳴いていたりする。鳴き声を聞くとそちらの方を振り向いて姿を確かめたくなる。いつも見かけるのは1羽である。

 私がキジバトを知ったのは、40年以上も前のことで、勤めていた学校の教室の窓から見えるところに巣を作っていたのを見たのだ。担任している児童の父親に野鳥の会の人がいてキジバトだと教えてくれた。

 キジバトはドバトと違って群れていないし地味ではある。しかし鳴き声は独特である。ネットで調べると「ヤマバト」とも呼ばれ、雄のさえずり声はかなり特徴的であり、伝統的には「デーデー ポッポー」と表現される。「ホーホー ホッホー」と表現する人もいる。主に早朝にさえずる。でも、私には「デーデー ポッポー」とは聞こえない。早朝に鳴くというから早朝ウオーキングの時に聞くのは自然なのだ。

 私の家の近所でもよく鳴いていることがある。どこで餌を見つけるのか知らないが、食性は雑食で主に果実や種子を食べるが昆虫類、貝類、ミミズ等も食べるとしてあった。

 これから6月頃になると山崎川の沿道ではミミズが大量に道路で死んでいるのを見るようになる。そういうのを食べるのであろうか。

 キジバトが高いところで鳴いているのを見るようになったのはここ数年で、毎年3月ぐらいから鳴くように思う。

Img_4097

250px

« 豆乳の効能と利用 | トップページ | 旧知のポーランド国籍ウクライナ人の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豆乳の効能と利用 | トップページ | 旧知のポーランド国籍ウクライナ人の話 »