2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 生垣の剪定 | トップページ | IPHONEのバッテリーが急激に減って »

2022年5月12日 (木)

名古屋市粗大ゴミネット申し込みの欠陥

 風呂の蓋がとても重くて高齢になった妻や私には大変取り扱いが難しくなった。先日娘夫婦が帰郷したとき、蓋を代えることを提案したので思い切って代えることにした。

 廃棄することになった風呂蓋の申し込みを妻が電話でやろうとしたが、何度やってもつながらないからネットで申し込んで欲しいと言った。それで私がネットで申し込むことにした。

 パソコンの検索エンジンGoogleで「名古屋市粗大ゴミ回収申し込み」と入れたらすぐにヒットした。いろいろと説明が書いてあった。読んでいくと、まず捨てたい粗大ゴミを扱っているかどうかを調べる必要があった。ピアノとかおおまかな扱わない物品については書いてあったが、それ以外は「アカサタナ」で調べるようになっていた。

 最初「浴槽の蓋」として「よ」で検索したがなかった。それで「風呂の蓋」の「ふ」を試したらあった。「風呂の蓋 250円」と出た。意外に安いと思った。

 次は申し込みフォームの記入であった。名前、住所、電話番号、メールアドレス、廃棄する物品名などを記入した。すると地図が出た。我が家とその近所が記載されていた。なるほどと感心したが、その次にどうしたらよいか分からなかった。「住所の地図が出た人」「地図が出ない人」と二つの説明があった。私の場合は地図が出たので簡単だと思っていたら、その次の操作が分からなかったのだ。

 地図の下に「お問い合わせ」として、電話番号が書いてあったので電話をした。オペレーターにつなぐ選択をした。オペレーターは思ったより早く出た。それで分からない操作について尋ねたら、この電話は「電話申し込み」だと言った。ネット申し込みのやり方が分からないときはどうするのかと聞いたらそういう電話は無いと言った。でも調べてくると言った。

 しばらく待っていたら違う人が出て困っていることをヘルプすると言ったので、その人のヘルプを頼りにパソコンを操作していった。「自宅を指示する」のをクリックすると自宅マークが現れた。それをマウスで自宅の上に移動させるのだ。つぎは「廃棄物を置く場所」であった。そのマークが出たので道路側に置いた。あとは「次に進む」でやっていくと申し込みが完了できた。廃棄物を出す日と申込番号が現れた。メモをして置くように言われた。なお番号と収集日は後からメールでも届いたからメモは要らなかったともいえる。後からメールで送られると記載してあればよいのにないのだ。


 その人にネットで困ったときのヘルプの電話がないのは困るから設けて欲しいと言ったが「そうですね」と言っただけであった。

 電話申し込みの場合は対話なので何でも聞けるが、ネット申し込みの場合は説明を読んでも分からないときどうしようもないので操作ヘルプの電話は絶対に必要である。ネット申し込みは24時間受け付けているので便利だと謳っているが、私の様な高齢者にはヘルプが無いと困るのだ。「臥竜点睛を欠く」とはまさにこのことである。

« 生垣の剪定 | トップページ | IPHONEのバッテリーが急激に減って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生垣の剪定 | トップページ | IPHONEのバッテリーが急激に減って »