2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近所でカラスがうるさく鳴く | トップページ | アゾフスターリ製鉄所からの撤退 »

2022年5月18日 (水)

偶然が多すぎる「ちむどんどん」

 NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」は、ぐうたら兄の比嘉賢秀が詐欺に引っかかって大変な借金を抱えた。でも、賢秀が家出をして東京でボクサーになり、勝ってもらったという賞金を送って来たので、一家は助かった。そして暢子は東京へ出ることができた。
 

 ところがボクシングジムに兄を尋ねると賢秀はボクサーをやめてどこかへ行ったという。しかも大金は賞金ではなく、賢秀が借りまくって集めた金であった。
 

 暢子たちにとって賢秀は大変な荷物になってしまった。兄を探しに暢子は横浜の鶴見に行くが、夜歩いていると三線で沖縄の歌を歌っているのを聞く。その家を尋ねたら平良という沖縄県人会会長の老人であった。しかも平良老人は暢子の父を知っているようだ。その夫婦に親切にしてもらい、翌日その老人は暢子を東京銀座のレストランに紹介してくれることになった。
 

 驚いたことにそのレストランは東京に着いた日に友人が連れて行ってご馳走をしてくれたイタリアレストランであった。平良という人に出会ったのも凄い偶然であるが、その人の知り合いがイタリアレストランの大城というオーナーが沖縄出身である。ネットではその女性が暢子を引き取ろうとした東京の叔母ではないかと言っている。
 

 いくつもの偶然が重なっているがこんなことがあり得るであろうか。ジェットコースターのようなでラマの展開になっている。ストーリーをドラマチックにするために作者が作っているのだがあまりにも現実をかけ離れていると観る者は引いてしまう。暢子はそのレストランに就職することになるのだろうと予感させる。

« 近所でカラスがうるさく鳴く | トップページ | アゾフスターリ製鉄所からの撤退 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近所でカラスがうるさく鳴く | トップページ | アゾフスターリ製鉄所からの撤退 »