« 楽しんでます!電動アシスト自転車! | トップページ | サツマイモの思い出 »

2022年1月11日 (火)

地球の危機、残された時間は?

 人間が作り出した危機は「戦争」「核」「気候変動」の3つだと思う。新型コロナウイルスは全世界が巻き込まれたが人間が原因ではない。

 一時終末時計が盛んに言われ「核」で地球が破滅すると言われた。今もあるようだが、ここに来て「気候変動」が地球を滅ぼす最大の危機となった。昨年のCOP26では対策をさらに強化することになった。

 気候変動は人類だけでなく、全ての生物を巻き込むのだ。「これまでに経験したことがない大雨」という表現が使われるようになったが、激しい大雨による洪水は世界各地で起きている。その一方で干ばつで生活が脅かされる地域もある。

 9日の朝日新聞の「気候危機 残された時間は」という記事によると、サンゴ礁が消滅すると書いてあったが、生物が影響を受けるのはサンゴ礁だけではない。ネットには人類のせいで「動植物100万種が絶滅危機」という国連環境計画の警告があった。

 朝日の記事には火星脱出を計画している人たちがいると伝えていた。何という身勝手な人達だろうと思った。火星に100万人住めるように火星を改造するより、地球の大気を変える方が簡単だろうという研究者がいるというが、当然そうすることが大事だと思う。

 東大3年生の村木風海さんは、CO2を除去するスーツケース大の装置を開発したという。各家庭に1つずつ置くのだろうか。CO2が減らせればいいと思う。

 とにかく可能な限りの研究をして脱炭素問題に取り組まなければ現在の様な生活はできないという。人類の問題としてだけではなく、地球規模の生物全体の問題としてとらえる必要がある。

 慶応大の安宅和人教授は「急がないと間に合わない」と指摘している。人類はどうしてこれほど差し迫るまでCO2を放置してきたのか。人類に英知はなかったのか。

 ネットには「気候危機による壊滅的な地球の未来を回避するタイムリミットは、2025年までの『あと3年』しかないといわれています。そして、政府は現在、この国の『エネルギー基本計画』の見直し作業を行っています。環境と未来を守れるかどうかの岐路はまさに今!」という記事もあった。それほど逼迫しているのなら大変だ!

 

|

« 楽しんでます!電動アシスト自転車! | トップページ | サツマイモの思い出 »

環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 楽しんでます!電動アシスト自転車! | トップページ | サツマイモの思い出 »