« [ 「オペラの魅力」コンサート | トップページ | 昔の暖の取り方 »

2022年1月22日 (土)

和歌山県の新型コロナウイルス対策80号

 和歌山県のメルマガ、新型コロナウイルス対策(その80)が届いた。和歌山県は丁寧に県民に説明をし、80回になった。我が愛知県や名古屋市は何の説明もない。この違いはいったいなんなのか。知事の姿勢の違いである。

 あれだけ一生懸命やっている和歌山県でも感染者が100人超になった。それでも和歌山県は原点を大事にして対策を進めているようだ。以下の添付記事を読むとよくわかる。


令和4年1月18日

★☆★☆★ 目次 ★☆★☆★

◆ 知事メッセージ
  (一部リンク設定の不備がありました。訂正して再送いたします。)

新型コロナウイルス感染症対策(その80)オミクロン株との戦い


 オミクロン株の感染力はものすごく、 感染を抑えることでは定評のあった和歌山県でも、 連日100人を超える感染者が出ています。 保健医療行政は健闘しており、 大変多くなった感染者の積極的疫学調査を続け、 陽性者の入院隔離、 濃厚接触者の検査などに頑張っています。 しかし、 昨秋からの厚労省からの増床要請に忠実に増やしていた病床もホテルもあっという間に埋まってきています。
 

 そこで、 1月14日には県民に警戒レベルアップの呼びかけを行うとともに、 1月17日には自宅療養の際に必要となる患者のケアを県医師会の協力を得て行ってもらう旨の協力協定の締結を行いました。 さらに1月18日には以下の点を中心に、 改めて、 県民に警戒とお願いを申し上げました。

1.まず第1の警戒レベルアップです。
 

図1 https://www.pref.wakayama.lg.jp/chiji/message/20220118_d/fil/1.pdf

(1) 今まで、 会食については、 穏やかにやってくださいと言っていましたが、 どうもこのオミクロン株は大変うつりやすいので、 大人数・集団での会食はお控えください、 とはっきり言うことにしました。
これまでの感染の幾つかのケース、 特にクラスターになっているものについては、 大人数・集団での会食によってうつったというのが、 結構あります。 一人が感染していると、 一緒に参加した人のかなりの部分にうつるということがあります。
従って、 たくさんの人が一遍に感染するリスクを避けるためには、 大人数・集団での会食を控えてもらった方がいいという思いに至りましたので、 ぜひ皆さんに、 これを守ってもらいたいと思います。

(2) 飲食とかカラオケがすべて駄目ですと言うつもりはないのですが、 特に気をつけて、 仲間が感染していないか、 仲間の家族が感染していないか、 そういうことが特に大事だと思います。
それから、 ちょっと体調がおかしいと思う人は、 一緒に飲食する人にうつしてはいけないので、 辞退するなり何なりして欲しいと思うし、 特に、 換気がとても大事だと思います。
かつて、 カラオケ喫茶とかでうつった時も、 一番決め手になったのは、 換気されていなかったということなので、 手洗いやマスクとかは当然ですが、 特に、 換気に注意して欲しいとお願いしたいと思います。

(3) それから、 少しでも症状があればクリニックに行ってください。 今、 無料検査ができるようになっていますが、 無料検査は、 症状の無い人に対して用意したものなので、 症状のある人は、 クリニックに行ってもらいたい。 症状があったら、 新型コロナではないでしょうかと言っていただければ、 必ず、 クリニックで無料で検査してくれるはずです。
してくれなかったら、 県庁のダイヤルに言ってもらったら、 すぐにできるようにしますから、 そこへ行ってください。
なぜならば、 無料検査機関である会社や薬局は、 検査をするだけですから、 必ずしも感染防護をしていないので、 そこへ初めから分かっているような感染者が行って、 検査してくださいと言ったら、 検査をする人にうつす可能性があります。
従って、 新型コロナではないかと疑っている無症状の人は、 薬局や会社の無料検査に行ってもらっていいのですが、 症状のある人は、 クリニックへ、 よろしくお願いします。

 

|

« [ 「オペラの魅力」コンサート | トップページ | 昔の暖の取り方 »

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« [ 「オペラの魅力」コンサート | トップページ | 昔の暖の取り方 »