« ワクチン接種券が来た! | トップページ | 和歌山県のコロナ対策(その82) »

2022年1月28日 (金)

廃棄食品から驚きの建材、CO2削減も!!

 26日の羽鳥モーニングショーで「廃棄食品から建材を作る」という研究を取り上げていた。東京大学の酒井教授らが進めているもので、実用化したら素晴らしいと思った。

 番組では白菜から作ったプレートを酒井教授が見せていたが、同じ大きさのコンクリートのプレートは簡単に割れるのに、白菜原料のプレートは簡単には割れなかった。

 廃棄食品ならどんなものでも使えるそうで、混ざっていてもかまわないそうだ。カレーからでも作ることができると言っていた。食材を乾燥させて粉末にして熱処理して作るという。

 廃棄食材プレートは水を掛けると柔らかくなり食べることができるそうだ。だから非常食にもできると言っていた。

 廃棄食品は日本で年間約2500万トン出る。それを利用して建材を作るというのは凄いアイディアである。家やビルを造ることを目指すという。

 全ての廃棄食品を元にして都庁を造ると約15棟できるという。それをコンクリートで造ると約460万トン要る。そのコンクリートを作るときに出るCO2約60万トンを削減できるという。

 材料代はコンクリートの半分でよい。弱点は虫や水に弱いことで、虫対策には虫が嫌う良く品を混ぜる。水対策としては撥水剤を建材に塗るという。

 ビルの外装タイルとして使うとよいが、食器やコースターとしても利用できるという。将来は家やビルを造ることを目指してけんきゅうしているそうだ。

 食品廃棄物をなくし、CO2も減らせるというのは、SDGsとしても素晴らしいことで、世界に広がれば地球を救う一助となる。ノーベル賞ものだ。

|

« ワクチン接種券が来た! | トップページ | 和歌山県のコロナ対策(その82) »

環境問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワクチン接種券が来た! | トップページ | 和歌山県のコロナ対策(その82) »