« 鳩の群れに囲まれる | トップページ | 電動アシスト自転車は楽だ! »

2021年12月27日 (月)

税金をドブに捨てたアベノマスク

 アベノマスクの評判が悪かったのは、形がちょっと小さいことや変色や異物混入などがあったこと、その上15%もの不良品があったというのだ。

 その後マスクは不織布でないと効果が50%落ちることも分かったのだが、それはずっと後のことだから已むを得ない。

 2億9000万枚の制作費や配送費は466億円もかかった。さらに5800万枚を追加注文している。検品費用は10億円以上かかったという。

 現在在庫が8000万枚あり、倉庫代に年6億円もかかっている。8000万枚もあまったのに、なぜ5800万枚も追加したのか、安倍政権のやり方のずさんさにあきれてものが言えない。

 政府は希望する自治体や個人らへの配布の受付を始めたという。それでも余ったものを廃棄するが6000万円もかかるそうだ。
 

 25日の「かたえくぼ」に
 

  「思いやり」

  アベノマスク、米軍に寄付

       ――国民
というのが載った。どうせ巨額の思いやり予算を使うなら、アベノマスクも一計であろう。
 

 どこか外国に寄付したらと思うのだが、おそらく寄付できないほど粗悪なのだろう。
 

 巨額の税金を使ってのアベノマスクのいい加減さはまさに安倍、麻生の両巨頭が率いた政権の無責任ぶり、無計画でいい加減であったかを象徴するものである。当時の財務相は失言大臣の麻生氏であった。

|

« 鳩の群れに囲まれる | トップページ | 電動アシスト自転車は楽だ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳩の群れに囲まれる | トップページ | 電動アシスト自転車は楽だ! »