2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 名古屋でも金木犀が咲いた | トップページ | パイプオルガン、ソプラノ、舞踊コンサート »

2021年11月 4日 (木)

総選挙の結果に思うこと

 自民党圧勝、立憲民主党大敗、維新の会大躍進の衆議院選挙であった。自民党・公明党の与党が選挙前の多くの予想に反して圧勝したのは意外であった。立憲民主党が野党共闘を組んだにもかかわらず、議席を減らして大敗したのはどうしてなのか。

 私は選挙前から枝野代表には人を惹きつけるインパクトが欠けていると感じていた。テレビに映る街頭演説を聞いても、力強い大きな声は出しているがそれ以上のものは感じられなかった。政権交代をして任せてやろうと思わせる魅力がなかったと思うのだ。

 立憲民主党には指導部の責任を問う声もでているというが、魅力ある人材はいないのだろうか。

 連合の芳野会長は共産党と協力したのがいけないと言ったが、最大の労組トヨタ労連は自民党を支持する方向だと聞く。今回の選挙ではそっぽを向いていたようだ。自民党からは立憲共産党と言われ、横断幕まで張られたとか。共産党は相変わらずアカ攻撃、今流にいえばアカハラスメントを受けている。

 戦前から一貫してブレずに貫いてきた日本で一番長い歴史を持つ党で、今回は立憲民主党などと協力して小選挙区では立憲民主党の9議席獲得を助けた。我が選挙区では立憲民主党と自民党だけが立っていたが、共産党関係のサポーターは真面目に立憲民主候補を訴えていた。

 残念であったのは、野党の選挙協力をリードしていた小沢一郎氏と中村喜四郎氏が落選したことである。二人とも不敗を誇っていたのにどうして落選したのか不思議である。

 来年の参議院選挙へ向けてどのような総括がなされるか注視しているが、選挙協力は失敗であったなどとならないことを願っている。

 維新の会の大躍進は立憲民主党の不振のお陰であろう。テレビで、あるコメンテーターは吉村知事の功績を挙げていた。コロナ対策での吉村知事は連日テレビに出て顔と対策を全国に売っていた。吉村知事を首相にしたらよいという人もいたくらいだ。大阪で自民党を全敗させ維新の会が全勝したうえに、全国の比例区などでも大きく伸びたのは吉村効果もあるのかもしれない。

 選挙前は維新の会は自民党の補完勢力と言われていた。事実そのように行動していた。しかし、選挙では是々非々だと訴えていた。ただ、憲法改正では与党と共に改正派なので2/3で改正へ進むと言われている。

 国会で第3党になった維新の会がこれからどのように活動していくのか注目している。これまでの印象では自民党の右翼よりさらに右だと感じていたが。補完勢力として自.公のやりたい放題の悪政を助けることは絶対にしないでほしい。

 今回の選挙結果で理解に苦しむのは、あれだけ悪の数々をしてきた自民党が絶対安定多数を獲得したことだ。岸田首相は国民に信任されたと述べたが、それをいいことにまたまた悪政の数々をやることだけは御免蒙りたい。

« 名古屋でも金木犀が咲いた | トップページ | パイプオルガン、ソプラノ、舞踊コンサート »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

まことに残念としか言いようのない結果でした。与野党の数がここまで開いてしまっては与党のやりたい放題に拍車がかかるばかりではないのか。
とりわけ恐ろしく思ったのは維新が大幅に議席を増やしたこと。
大阪府民が新型コロナに感染しても医療を受けられず、在宅のまま死亡に至る人もたくさん出た大きな原因は、大阪維新が進めてきた医療・福祉政策にあったのではないのか?なのに吉村知事が一生懸命やっているように見えてしまったとは何という皮肉。
公立病院の職員が多すぎる、給与が高すぎると叩き、国に先駆けるように保健所の統廃合を進めた。
その結果を身に染みて味わったはずの大阪府民は維新に鉄槌を加えると思いきや、まるでオセロゲームのように自民党議員と入れ替わってしまった。
維新は与党ではないどころか、一部の自民党議員よりも危険な勢力にちがいない。
ともかく、日本における小選挙区制の害悪を糾弾する世論が高まることを期待するばかりです。

今回の選挙で私が最も驚いたのはトヨタ労組が愛知11区でこれまで組織内候補として推していた立憲民主の候補者を取り下げたことである。これからトヨタ労組は経営者側とともに自民党候補を推すことになった。今後大手企業の民間労組ではこうした動きが増えていくことになると識者は見ている。今回、自民党がむしろ勝利とも言える選挙結果を勝ち得たのもこのことが少なからず影響しているように思う。同じ労働者と言ってもトヨタに勤める労働者と90%以上を占める中小企業の労働者(含む非正規)とはその立場、待遇は雲泥の差がある。同じ労働者としてひとくくりに出来ないことはよく分かるが、ともに自民党を推すことに組合員の間に抵抗はなかったのであろうか。我々高齢者世代には全く考えも及ばない事態である。今回の総選挙の総括は私がいつも見ている週ナカ生ニュースがとても説得力があると思う。
https://www.youtube.com/watch?v=-p10AbPOdGo&list=PLtvuS8Y1umY9Yyn4coEQDTDaR_N4f5dVh

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名古屋でも金木犀が咲いた | トップページ | パイプオルガン、ソプラノ、舞踊コンサート »