2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高僧のように死ねたらいいと思う | トップページ | また見つけたコーヒーが健康に良いということ »

2021年11月17日 (水)

国会議員の文書通信交通滞在費を廃止せよ!!

 10月31日の衆議院議員選挙で当選した新人議員や元職の120人に対し、国会議員に支給される文書通信交通滞在費の10月分として、ひとり100万円が満額で支給されていたというニュースに驚愕した。

 選挙は31日に行われたが、議員に当選するのが確定するのは夜遅くであるし、比例区の場合は次の朝という場合もあると思う。

 一日の在任というより、たった数時間の在任である。それなのに支給されるというのはおかしなはなしだが、公職選挙法では、議員の任期が選挙期日から起算すると規定されているので10月31日から任期が始まったことになるというのだ。その月に1日でも議員をしていれば、支給するのが現在の制度だという。

 この文書通信交通滞在費という、分かったような分からないような費用は領収書の提出は不要で、何に使っても自由といういい加減なものである。しかも、非課税で日割り支給の仕組みもない議員にとってはまことにありがたい費用で、「第2の給与」といわれる。

 1か月100万円でも一般の国民の給与からすれば大変な金額である。1か月10万円にもならない収入しかない国民がいっぱいいるというのに、方や国会議員だというだけで100万円がただ貰いというのは国民の税金を食い物にしているだけである。

 こういう仕組みを作れるのは国会議員がお手盛りでやれるからだ。維新の会は見直しを主張したというが、この際しっかり見直して廃止するか、残すとすれば大幅な減額をして、使い道をはっきりさせ、領収書も取るべきである。日本の国会の堕落ぶりを露呈した今回の衆議院選であった。

« 高僧のように死ねたらいいと思う | トップページ | また見つけたコーヒーが健康に良いということ »

政治・経済」カテゴリの記事

コメント

維新の会が見直しを主張したと言われる月100万円、在任1日でも100万円至急されるという文書通信交通滞在費ですが、橋元徹氏もこの制度を糾弾しているそうです。
ところがその維新の会では文書通信交通滞在費をもらった議員が、そのお金を維新の会に寄付(上納)しているそうで、これは財布を入れ替えただけで、寄付した金額は、維新が受け取った約7.6億円の文通費(2015年10月~19年3月)のうち約5.7億円もあるそうです。これは寄付金といいながら税金を自分たちの党の資金につぎ込んだだけで明らかに違法行為です。(日刊ゲンダイより)こんなまやかしで党の支持を増やそうなんて浅ましい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高僧のように死ねたらいいと思う | トップページ | また見つけたコーヒーが健康に良いということ »