« 東京パラリンピック閉幕 | トップページ | 和歌山通信「コロナ対策73号」について—その②ー »

2021年9月 8日 (水)

和歌山通信「コロナ対策73号」についてーその①―

 和歌山県通信コロナ対策73号で、仁科知事は和歌山県はどのような工夫をしてコロナに立ち向かって来たかを詳しく説明している。
 

 菅政権の1年間のコロナ対策はいつも後手後手で感染爆発を抑えることができなかったが、個々の自治体では和歌山県のように独自の科学的な対策を立ててそれを実行して成果を上げているところもあるのだ。

 和歌山県知事はどのようにやって来たかを和歌山通信などで県民に伝え、さらには他の自治体もそれを読んで参考にできるようにしている。
 

 それに引き換え我が愛知県は、大村知事がテレビに出て、自粛せよなどとよびかけるだけで、どのようなコロナ対策を進めているのかを県民に説明することはない。東京都の小池知事もおそらく同じであろう。

 仁科知事はテレビで「和歌山県は保健所の数が多いからできるのだ」とか「ワクチン接種を早くやれるのはクリニックの数が多いからだ」などと言っているのを聞くと腹が立つと言っている。
 

 テレビはどのような工夫をして成果を上げているかをきちんと分析して伝えるべきなのに、そういうことはしないでうわべだけを見てコメントしているだけなのだ。和歌山県などの先進例を他県や国が参考にして改善できるように促すような報道素すべきである。
 

 以下に和歌山県通信「コロナ対策73号」を載せて置く。


 和歌山県は新型コロナウイルスの拡大防止は主として保健医療行政で行い、 あまり県民に自粛、 自粛と無理強いはしない、 本当に感染しやすいポイントだけを注意してもらうという政策割り当てを実践してきました。 最近ではまた新型コロナウイルスが手強すぎて、 頑張っている全員入院もピンチになってきていますから、 節を曲げて、 一般的な不要不急の外出の自粛と、 学校現場、 医療現場、 県外への通勤通学時の注意、 県外観光の抑制など具体的な行動の抑制にも踏み切らざるを得なくなっています。 ただ、 それでもベースには強力な保健医療行政の頑張りと病院、 クリニックなど医療の協力があって初めて何とかしのげるかもしれないということなので、 自分の部下も多いのですが、 関係者には感謝したいと思います。

 しかし、 ヘッドクォーターである県の保健医療行政部局と各地の保健所は、 昨年の新型コロナウイルス感染症の発生以来ずっと多忙を極めています。 こういう多忙な部局にただ頑張れと言うだけでは、 行政のトップ失格であります。 この部局の機能が感染症対策の死命を制するということを分かっておらず、 頑張れとすら言わないのはもっとだめですが。

 行政に限らず、 仕事は維持可能かということが大事ですが、 新型コロナウイルスとの戦いのような仕事は、 感覚的だけでなく実質的に戦争のようなものです。 その戦争で大事なことは継戦能力です。 いくら優秀なスタッフがそろっていても、 その人々に何でも押し付けていると、 そういうスタッフが体を壊したり、 意欲を失ったり、 精神的に参ってしまったりして、 どんどん戦力ダウンになります。 そうすると、 例えば保健所でいいますと、 陽性者を発見したり、 その行動履歴を調べて濃厚接触者を割り出したり、 それらの人を入院して隔離したりする積極的疫学調査という本来業務が弱体化します。 そうすると新型コロナウイルスが見逃されて、 感染が広がり、 さらに仕事が大変になるというわけです。 それが感染の爆発が起こっている地域での実態だと思います。

 和歌山県では、 当初、 済生会有田病院のクラスターが発生した時、 徹底的に封じ込めをしようとしました。 本庁保健医療部局の指令のもと地元の保健所が大活躍をして、 感染者を発見して、 隔離し、 治療し、 感染を疑われる人を中心にどんどん検査をして感染が見逃されていないように努力をし、 約1か月半でこの病院に関する感染をシャットアウトしました。

 けれども、 中心になる保健所の諸君に働け働けと言っても仕事は膨大ですから手が回りません。 例えば、 その間苦情処理や質問に答えなければなりませんし、 シャットアウトのためには、 必ずしも直接感染を疑われる人以外でも、 何かそれを疑う事実が起きていないか、 病院以外の疑わしきところを広く調査する必要もありました。

 したがって、 保健所の機能を考えて、 本当のコアな部分は保健所の心臓部である保健師、 看護師にやってもらうが、 他の周辺業務はこれらのコアの人材からは切り離すという分業を初日から行いました。 例えば、 苦情処理は本庁に専用ダイヤルを引いて24時間対応で事に当たらせたし、 病院周辺の広い地域をヒアリングして回るのは、 保健所の職員以外に振興局や本庁から調査隊を組織してこれに当たらせました。

|

« 東京パラリンピック閉幕 | トップページ | 和歌山通信「コロナ対策73号」について—その②ー »

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京パラリンピック閉幕 | トップページ | 和歌山通信「コロナ対策73号」について—その②ー »