« アイディアのスーパードライ生ジョッキ缶 | トップページ | 長かった閉会式 »

2021年8月 9日 (月)

東京五輪が終わった

 コロナ禍で緊急事態宣言やまん延防止措置がだされ、感染者が100万人を超す中、東京五輪が終わった。五輪選手や関係者のコロナ感染や選手村でのクラスターもあった。開催までに五輪関係者が相次いで不祥事でやめるなど胸を張れない五輪であった。当初の福島復興五輪やコロナ克服五輪はどこかへ飛んでしまった。

 酷暑の時期の開催で選手からの不平も出た。いろいろと問題の多い東京五輪であったが、開催国日本は史上最大のメダル獲得であった。コロナ禍で十分な練習を行えない競技もあり、選手たちは選手村に閉じ込められ不自由であった。そんな中で日本選手は地の利で無観客でも有利であった。だからメダルラッシュも当然であったのだと思う。

 ネットの記事によると、米国ではテレビでの五輪視聴率が開会式も含めてこれまでより大きく減ったという。そのためNBCは頭を抱えているようだが、五輪の開催に最大の影響力を持つNBCは自業自得であろう。

 東京五輪が使った費用は3兆円を遥かに超すと言われる。安倍元首相が招致したときの見積もりは約7500万円であった。どのくらいかかったかはまだ不明だが、巨額の差であろう。その費用を誰がどう負担するのか。これは大問題だと思う。

 東京五輪開催がコロナ禍にどのように影響したかの検証は絶対に欠かせない。五輪が終わったことによって五輪に割かれていた医療関係者は戻って来るが、感染者の爆発に対処できるのか。

 様々な問題が露呈した東京五輪の総括をきちんと行うことが必須である。

 ところでコロナ爆発の中でパラリンピックを開催するのであろか。

|

« アイディアのスーパードライ生ジョッキ缶 | トップページ | 長かった閉会式 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アイディアのスーパードライ生ジョッキ缶 | トップページ | 長かった閉会式 »