« スケートボード競技で快挙が続く | トップページ | アイディアのスーパードライ生ジョッキ缶 »

2021年8月 7日 (土)

河村名古屋市長のあるまじき恥ずべき行為

 東京五輪で金メダルを獲得したソフトボールの後藤希友選手が河村名古屋市長を表敬訪問した際、メダルを首に掛けてもらった市長は突然マスクを外し、メダルに嚙みついた。夕方のNHKのローカルニュースでその映像を見た時驚いた。次の日の朝のNHKニュースでも放映されたし、民放でも放映された。
 

 金メダルを噛むという行為は、私の記憶ではシドニーオリンピックのマラソンで優勝した高橋尚子選手が強く印象に残っている。金メダルを噛むのがよく見られるようになった。でも、それは本人がやっていることで他人が、しかも「噛んでもいいですか」と許可を求めることもなしにいきなり噛んだのは前代未聞の馬鹿げた行為である。せっかくの栄光ある金メダルとソフトボールの業績に対して唾で汚してしまったのだ。

  市役所には抗議の電話が殺到し、SNSでも批判が轟轟だといわれる。河村市長は「金メダル獲得は憧れであった。(メダルをかむ行為は)最大の愛情表現だった。迷惑をかけているのであれば、ごめんなさい」と述べたが、何とも軽い、まるで幼児が謝っているような印象である。全然反省の気持ちが現れていない。

 日本ソフトボール協会では大問題になっていて、対応についていろんな意見がでているという。栄光の金メダルを唾液で汚し、噛みついて傷をつけたのだから刑事事件として立件可能なのではないか。愛知県警に動いてもらい、器物損壊罪で河村市長は逮捕されるべきなのではないか、などといった強硬な意見も数多く出ているほどだそうだ。

 河村市長についてはこれまで市政のやり方について批判をしてきたが、先の市長選挙で再選されてしまった。こんな市長を持つことを名古屋市民として恥ずかしい。市議会でも取り上げてしっかりとした謝罪をさせるべきである。

|

« スケートボード競技で快挙が続く | トップページ | アイディアのスーパードライ生ジョッキ缶 »

話題」カテゴリの記事

コメント

あのメチャクチャなリコール運動に関係したというだけでも万死に値するのに、そのあとで再選されたあげくに今回の珍事。いたずら盛りの幼稚園児じゃあるまいし非常識にも程があります。
組織委員会は交換出来ないと言っているようですが、河村市長はいくらでもいいから自腹で支払うから新しいメダルに替えてもらいたいと拝み倒すくらいのことはすべきです。あのふざけ切った謝罪会見など何の意味もありません。
使わなくなった携帯電話などを人々に提供してもらい、その中の貴金属を再利用すると都知事が得意げにアピールしていたメダルに予備がないはずはありません。
陸上の何かの種目では2人が同記録で金メダルになったようですし、先々博物館などに展示する予定の分も作ってあるはずです。
後藤選手はソフトボール界に久々に登場した将来性のあるピッチャーで、今後もメダルを人々に見せる機会はあるでしょうが、これはあの市長が噛んだメダルだと思えば、そのたびに怒りが増すでしょう。

投稿: たりらりら | 2021年8月 7日 (土) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スケートボード競技で快挙が続く | トップページ | アイディアのスーパードライ生ジョッキ缶 »