« 東京五輪が終わった | トップページ | 最高血圧は「年齢+90」を目安でよいという »

2021年8月10日 (火)

長かった閉会式

 閉会式のテレビ中継は最後まで見るつもりはなかったが、なんとなく見てしまった。前回の東京五輪の時は、開会式の整然とした選手入場に対して、閉会式ではリラックスした選手入場でその対比が今も頭に残っている。

 今回の選手入場は各国とも活躍した選手が旗手を務めて数人の人がグループで入場し、その後選手が入場した。コロナ禍とあって省いた入場となったのはやむを得ないとは思う。

 閉会式で行われた東京スカパラダイスオーケストラの演奏をバックにしたリフティング、縄跳び、けん玉、スケートボードなどのパフォーマンスは、「東京の昼下がりの公園」の様子を再現したものだという。佐藤健作氏による日本の和太鼓演奏、ダンサー・アオイヤマダさんのソロダンス、東京音頭などもあった。
 

 五輪旗が小池百合子都知事から3年後の開催地・パリのイダルゴ市長に引き継がれ、橋本聖子組織委員会会長、IOCのトーマス・バッハ会長が挨拶したが、二人の挨拶は長く退屈を誘うものであった。開会式で「長い!」と苦情が出たそうだがその反省が見られなかった。

 外国の選手たちは次々と寝そべっていたという。閉会式の途中で選手村に帰る選手も多かったそうだ。日本の選手は真面目に聞いていたようだが。

 最後は俳優の大竹しのぶさんが子供たちと一緒に登場し、宮沢賢治作曲作詞の「星めぐりの歌」を合唱し、会場を踊って回っていたが、このパフォーマンスの意味が分からなかった。ネットでは「日本人を含めて世界の人達はこの演出の意味が全く分からない」(スポーツ紙記者)というコメントがあったので、やはりそうなのかと思った。

 このパフォーマンスの最後に聖火台の火が静かに消えた。聖火を消すと注目させると思っていたので意外であった。

 次の開催地パリを紹介する映像は録画やCGを使ったものだと思うが、ちょっと長すぎた。

 閉会式で驚いたのは白いものが舞い上がってきて最後に白い五輪マークになったことであったが、ネットにはテレビのための映像で会場の人たちには見ることができなかったと言っていた。なんだ、そうなのかとがっかりした。

 SNSでは閉会式が地味だと不評のようだが、コロナ禍の中無観客でもあり仕方がないことで私は地味でよかったと思っている。早く終われと思いながら見てしまったが、2時間15分は確かに長かった。

 

|

« 東京五輪が終わった | トップページ | 最高血圧は「年齢+90」を目安でよいという »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京五輪が終わった | トップページ | 最高血圧は「年齢+90」を目安でよいという »