« 最高血圧は「年齢+90」を目安でよいという | トップページ | 妹の80歳を祝った »

2021年8月12日 (木)

体力の衰えを痛感する

 以前にウオーキングの速さが遅くなったことを書いたが、85歳8か月のこの頃体力の衰えを痛感するようになった。

 60歳ごろでも5kmの距離を45分ぐらいで歩いていたと思うのだが、ウオーキング速度は最近は1時間12分以上かかることが多い。今朝など1時間14分台であった、後から来る高齢の女性にも追い抜かれるがどうしようもない。

 せめて1時間10分以内で歩きたいと思うのだが、それもできなくなってきた。昨日広い交差点を横切るとき信号が変わりかけて走ったが、走ることもできなくなったことを知った。駆け足をしているつもりでも駆け足になっていないのだ。この現実を知って、もし緊急事態で逃げなければならないときどうしようもないと思った。

 台風や大雨などのときテレビでは高齢者は早く避難をするように呼び掛けているが、余裕を持って避難することが大事だと肝に銘じた。

 体力が落ちていると感じることは荷物をもつときである。買い物かごを持つとき重いと感じるようになり、重いものを持つのが嫌になった。情けないと思う。 

走れない、歩いても遅い。急速に体力は落ちていくのだ。嘆いてもどうしようもないが、歳をとって体力が衰えることに自分では何ともできないのがもどかしい。でも、まだ歩けるだけましか。いつまでウオーキングを続けられるかと毎朝思うことだ。今日も歩けてよかったと1日ごとに感じている。

|

« 最高血圧は「年齢+90」を目安でよいという | トップページ | 妹の80歳を祝った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最高血圧は「年齢+90」を目安でよいという | トップページ | 妹の80歳を祝った »