« 「也留舞会」の狂言を観て | トップページ | フラリエでクラッシックとジャズのジョイントコンサート »

2021年7月25日 (日)

東京五輪開会式

 NHKテレビで東京五輪の開会式を見た。午後8時からというので3chにしたが、何やら訳の分からない映像が流れた。時間を間違えたかと思って新聞のテレビ欄で確認した。

 12分ごろ映像が国立競技場に変わった。女性歌手が国歌を歌った。絶叫するような歌い方で初めて聞いた。歌ったのはMISIAという歌手だった。

 23分に新型コロナで亡くなった人や、ミュンヘン五輪でのテロ犠牲者追悼の黙祷があり、私も黙祷をした。開会式につきもののパフォーマンスは、色が付いた箱を動かすという変わったものであった。何を表すのか分からなかった。

 ギリシャから始まった選手の入場は国や地域ごとに続いた。前回の東京五輪の時は整然とした大行進であったが、今回は三々五々のリラックスしたもので、選手たちは観客がいないのに手を振ったり、スマホで写したりしながら歩いていた。ただ全員がマスクをしていた。普通の白いマスクのグループやデザインをしたマスクのグループなど多彩であった。ユニフォームと共に目を楽しませてくれた。

 私はいつもは9時に寝るのだが、この夜は眠くなるとうとうとしながら見続けた。しんがりが日本で選手が全員入場し終わったのは10時50分ぐらいだったか。旗手の八村塁選手と女性の須崎優衣選手の身長差が面白かった。

 江戸の火消しの木遣りを登場させたのはよかった。高校生の合唱もとてもきれいであった。驚いたのは小さなドローンを1800個余り使って空にエンブレムや地球などを描いたことであった。まさにIT時代を表す技術だと感心した。

 バッハ会長の挨拶は長すぎた。しつこいくらいに「Solidarity(連帯)」を繰り返していた。

 聖火が会場に入って来たとき、吉田志保里選手だったので最終走者だとおもったら、会場内で何度かリレーされた。王氏、長嶋氏、松井氏が出たのも驚いた。歩くのがおぼつかない長嶋氏を松井氏が支えていた。長嶋氏が気の毒だと感じた。

 コロナで戦う医師と看護婦が登場したのはよい配慮であった。聖火台の火をともすのは誰かと思っていたら、大坂なおみ選手で意外であった。でも適役であった。

 コロナ禍の中での東京五輪、開会式は無観客であったが、テレビの画面からは会場の席がまだらな色になっていたので観客がいるかのような錯覚を覚えた。

 オリンピックの開会式は開催国が競い合って派手になっていたが、コロナのために派手さを抑えたのはよかったと思う。床に就いたのは0時近くであった。

|

« 「也留舞会」の狂言を観て | トップページ | フラリエでクラッシックとジャズのジョイントコンサート »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「也留舞会」の狂言を観て | トップページ | フラリエでクラッシックとジャズのジョイントコンサート »