« セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ | トップページ | 自動車の燃費記録装置義務化 »

2021年6月 5日 (土)

東京五輪という猫に「中止」の鈴を付けられるのは誰か?

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は2日の衆院厚生労働委員会で、東京五輪について「普通は(開催は)ない。このパンデミックで」と前置きし、もし開催するなら規模を最小化し、管理体制を厳格化すべきだとの考えを示したと朝日新聞は報じた。

 管理体制を厳格化するというのはどういうことか。記事によると、無観客にしたり、最小限にした観客が多くの人と接触をしないような態勢を作ったしすることだという。これでは分かり難い。尾身会長は五輪開催まで僅かとなってきて、中止せよとまでは言えないと見えてまどろっこしい言い方をしている。

 五輪を開催するとなれば、特別な医療体制のために1万人もの医療関係者を動員しなければならないが、非常事態宣言下でただでさえ医療が逼迫している中で五輪のために人員を割けるのかと思う。

 バッハIOC会長は「開催のために誰もがいくらかの犠牲を払わなかればならない」と述べた。いくらかの犠牲とはどの程度の犠牲を想定しているのか。現に日本ではコロナに罹っても病院に入れず、自宅で亡くなる人が出ている。日本人がコロナの犠牲になっても我慢せよということなのか。外国から何万もの選手などがくれば変異ウイルスを持ち込むかもしれないし、五輪変異ウイルスが発生すると警告する人もいる。

 最古参委員のディック・バウンド氏は「菅首相が中止を求めても、開催される」と言っている。五輪貴族と言われるが、IOCは他国の内政を支配するほどの独裁なのか。

 菅政権はメディアなどからやかましく言われたのに国民へのPCR検査を拡充せず放置してきた。それなのに五輪選手などのPCR検査は毎日行うことにしている。また五輪選手には全員ワクチン接種をすることにしてすでに始まったいる。選手の中にはそのやり方をおかしいと批判する人もいるが正論だと思う。

 開催まで刻々と迫ってきているが、いざ開催したらどんな状況が待っているのか見ものである。大事なことは最悪の状況を想定して対処すべきだということだ。それは東日本大地震や水害などで何度も学んだ教訓である。

 五輪という猫に鈴をつけられるのは誰か?

|

« セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ | トップページ | 自動車の燃費記録装置義務化 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ | トップページ | 自動車の燃費記録装置義務化 »