2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« コロナ禍便乗の憲法改正論 | トップページ | 写真2枚、サルビア・ミクロフィアと日の出の雲 »

2021年5月 7日 (金)

道に落ちている幅広ゴムバンド

 私は免許証を返納してからは自動車がないので歩くか自転車である。毎朝のウオーキングの時以外は主に自転車を使っている。

 歩いたり自転車に乗っていると時々道に落ちているものが目に付く。道を通りながら無意識に目を動かしているからだろう。

 落ちているものの中で不思議なのは、下の写真のような幅広ゴムバンドが落ちていることである。このゴムバンドはいったい何に使われ、どうして道に落とされているのかと思うのだ。

 私は拾ったゴムバンドで箱をしばったりするがそれ以外に使い道がない。使い道がないのだが目に入ると拾ってしまう。断っておくが、落ちているものを何でも拾っている訳ではない。コロナウイルス禍でマスクが落ちているのをよく見かけるがマスクは拾わない。

 幅広ゴムバンドが良く道に落ちているのはなぜか、何に使われていたのか知りたいものだが、知るすべがない。

 もう少し幅が狭くて大きいゴムバンドを拾ったことがあるが、2本溜まったとき、マジックに使った。2本のゴムバンドを両手の指にかけ、真ん中に小さな人形を吊るして、その人形が1段ずつ下に落ちていくというマジックである。

 写真の様なゴムバンドは何かを縛る以外に使い道を知らない。でも、道に落ちているのをよく見るということは、マスクと同じでよく使われているからにちがいない。

Img_3144

« コロナ禍便乗の憲法改正論 | トップページ | 写真2枚、サルビア・ミクロフィアと日の出の雲 »

面白い話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ禍便乗の憲法改正論 | トップページ | 写真2枚、サルビア・ミクロフィアと日の出の雲 »