« 世論も海外メディアも東京五輪・パラリンピック中止だ | トップページ | 長崎大北教授らの研究。5-ALAがコロナに効く! »

2021年5月10日 (月)

コロナウイルス対策を早急に具体的に示してほしい

 新型コロナウイルスが猛威をふるって感染への恐怖が高まっている。東京都や大阪府以外にも愛知県と福岡県は非常事態宣言が発出された。愛知県でも私が住む名古屋市は、医療状況が危険な状態にあるとされているのでますます不安である。
コロナウイルスは変異株が主流となり、日本は英国型にとってかわられているという。その他にインド型も散見されているようだ。

 8日の朝日新聞によると、「変異株は若い世代に猛威」という見出しで報じていた。感染力が強いだけでなく、高齢でない人が重症化しやすいという。

 変異株は、感染力が強くて患者を一気に増やし、医療を逼迫させうるといい、その上重症化しやすい可能性があることが分かって来たというのだ。

 ※変異ウイルスはこれまでのウイルスとは別物という専門家もいる。

 入院が必要なケースの生じやすさは、従来より20~30代で3倍、40~50代では2倍生じやすいという。ICUに入るケースは40~50代では2倍生じやすくなっているという。子どもと高齢者で目立った差はないそうだ。

 若い人から高齢者に広がる流行パターンを持つコロナは、若い人の入院が増えるとすぐに病床が埋まってしまうという。大阪などで起きている医療の逼迫そして崩壊の危険は東京や愛知などでも起こるのだ。

 厚生労働省の専門家組織は「50代以下の重症化リスクが高まっている可能性を想定して、医療体制の整備や治療を行う必要がある」と強調したというが、何とも傍観者的な発言である。一番の当事者なのだから、のんきなことを言っておらずすぐに対策を取れと言いたい。

 菅首相は昨日の緊急事態延長での記者会見で「全力をつくす」と何回も述べたが、いったい具体的にどう全力を尽くすのかを語ってほしかった。「全力をつくす」と抽象的に言うことは簡単だが、我々国民が知りたいのは具体的な方法なのだ。このままでは素人眼にも全国が大阪のように医療崩壊を招くことは必至である。兵庫県の知事のように、多数の死者がでたあとで「痛恨のきわみだ」と言っても遅いのだ。

 高齢者への2回のワクチン接種は7月中に終わらせると首相は言ったが、本当だろうか。私のようにいまだに接種の予約さえできてない人が多いというのに。

|

« 世論も海外メディアも東京五輪・パラリンピック中止だ | トップページ | 長崎大北教授らの研究。5-ALAがコロナに効く! »

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世論も海外メディアも東京五輪・パラリンピック中止だ | トップページ | 長崎大北教授らの研究。5-ALAがコロナに効く! »