« 栄養価の高いブロッコリーの食べ方 | トップページ | 腕時計 »

2021年4月 8日 (木)

桜の花びらが散り敷く道

 5日早朝、いつものようにウオーキングに出かけた。白雲橋近くの若い桜の並木は遠くから見ると、まだ花で覆われているように見えた。

 山崎川に着くと、驚いたのは下流に向かう道が桜の花びらを絨毯のように敷き詰めたようになっていたことだ。

 前日夜の雨とおそらく強い風も吹いて花びらが散らされたのだと思った。歩いて行くと花びらの道はずっと続いていた。サブグランド近くに大きな楠があるがその下には枯れた葉がいっぱい落ちていた。夕べはそれほど強い風が吹いたのかと思った。

 それにしてもこれほどきれいに花びらに覆われた道を見るのは初めてであった。瑞穂スタジアムから東側の道を戻ったが、そちらの道は花びらが隅に溜まっていた。きれいな花びらなので手ですくって見た。家に持って帰って食べられないかなどと思った。
不思議なのは白雲橋から下流に向かう西側の道は花びらが敷き詰められていて、瑞穂スタジアムからの上流に向かう東側の道は隅っこに花びらが寄せられていることであった。川一つ隔てただけでどうしてこのような違いができるのだろうと思った。

 今年は1週間ほどの桜であった。昨夜の雨と風で一気に終わってしまった。桜は終わったが、川の流れに沿って菜の花が満開であった。黄色い花が途切れることなくさいていた。

 たった1本あるトキワマンサクの花をスマホで写している人がいた。前日にも別の人が写していた。

Img_3044

Img_3037

           さとざくら

Img_3038

Img_3040

Img_3042

                ときわまんさく

Img_3033

                 フリージア

|

« 栄養価の高いブロッコリーの食べ方 | トップページ | 腕時計 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栄養価の高いブロッコリーの食べ方 | トップページ | 腕時計 »