« 短縮用語「まん防」のこと | トップページ | 新型コロナウイルス、和歌山県知事の最新メッセージーー② »

2021年4月 5日 (月)

新型コロナウイルス、和歌山県知事の最新メッセージ—ー①

 和歌山通信58号の仁坂知事のメッセージは大変参考になるので以下にコピペした。

 58ごう新型コロナウィルス感染症は中々しぶとく、 3月21日首都圏で緊急事態宣言が解除されたと思ったら、 すぐさま、 宮城県で感染が急拡大し、 大阪や兵庫でもみるみるうちに第三波のピークぐらいの数の感染者が出るようになりました。 そこで大阪府等の知事の要請を受けて、 政府は4月1日「まん延防止等重点措置(まん防)」の対象地域として宮城県、 大阪府、 兵庫県の府県を指定するに至りました。

 和歌山県も、 3月上旬ぐらいまでは新規感染者がゼロの日も結構あり、 全員入院体制を堅持している病床占有数も6つに減るなど収束の兆しを示していましたが、 3月中旬から急拡大して、 このところ新規感染者数は二桁で、 20に近づく状況、 病床数も全員入院ですから、 あっという間にどんどん増えて、 100を超えました。 用意しているコロナ専用病床は最大400床で、 内330床はすぐ稼働可能ですから、 しばらくは大丈夫ですが、 入院先の病院の関係者も大変ですし、 陽性者の行動履歴を聞いて、 濃厚接触者等の検査に赴き、 発見した陽性者の入院調整や、 陰性にはなったものの経過観察を要する方々のケアなど、 多くの仕事を必死でこなしている保健所等保健医療行政に携わる職員の苦労は並大抵ではありません。
 

 和歌山県では昨年春の第1回の緊急事態宣言が解除されてからは、 熟慮の上、 感染の拡大防止には保健医療行政で立ち向かい、 生活や経済を守るためには県民生活への制限は出来るだけ少なくするという方針でやってきました。 もちろんその上で県民には守っていただいたほうが安全と考える最低限のお願いをしてきましたが、 県民に一般的な不要不急の外出自粛をお願いもしていませんし、 飲食店の時短要請もしたことがありませんし、 東京や京阪神の方々が和歌山にお越しになられることも何の制約も課しておりません。 そうすれば、 多少はウィルスを持ち込まれる可能性もあり、 感染する人も出る可能性もありますが、 その時は保健医療行政の出動で拡大を防止するからという方針でやってきました。 何度か危ないかなと思う時期もありましたが、 大阪の直接隣県という地政学的位置づけにもかかわらず、 これだけの感染で止めているのは中々えらいという評価をいただいていました。

   ・特に感染が拡大している地域に出かけての会食や接待を伴った飲食を
    しない
   ・ 遅くまで集団で会食・宿泊をしない

   ・ 高齢者は、カラオケ・ダンス等の大規模な催しへの参加を控える
   ・ 医療・福祉施設の職員は家族以外との会食を控える

   ・ 症状が出れば通勤通学を控えて直ちにクリニックを受診
   ・ 事業所では発熱チェック
   ・ 病院・福祉施設サービスは特に注意

   ・ 各事業所で感染拡大予防ガイドラインを遵守
   ・ 職場内でもマスクの着用を徹底する
   ・ 在宅勤務(テレワーク)や時差出勤等の取組をすすめる

   ・ 濃厚接触者は陰性でもさらに注意
   ・ 医療機関は、まずコロナを疑う

|

« 短縮用語「まん防」のこと | トップページ | 新型コロナウイルス、和歌山県知事の最新メッセージーー② »

新型コロナウイルス」カテゴリの記事

コメント

東京の感染者数が大阪よりかなり少ないことを疑問に思う人が多くいる。東京はオリンピックの会場になるので感染者数が急拡大することは何としても避けたいという当局の強い思いがあるのは事実であろう。現場の担当者がその気配を察して、都民からの検査要請に対して検査を渋るということは大いにありうる。感染者数を増やさないためにはPCR検査をできる限りしないことが最も手っ取り早い。濃厚接触者の検査などはもってのほかである。
大阪と比べて人口比から言っても検査数がかなり少ないのは事実である。検査をするしないの判断が恣意的になされていたら大問題である。よもやそんなことはないと思うが、、、。

投稿: Toshi | 2021年4月 5日 (月) 19時11分

いつも興味深い知事のメッセージですが、今回の文中に
「症状が出れば通勤通学を控えて直ちにクリニックを受診」とさりげなく書かれていることがいささか驚きでした。
私の生活圏では今もって直ちに受診が可能なクリニックはないはずです。定期通院している病院でも対応してくれないに違いありません。そうなると広報に書かれている専用ダイヤルに電話をして、恐らくなかなかつながらず、つながっても冷たくあしらわれるか、さもなければゴチャゴチャめんどうな展開になるのに違いありません。
そういう神奈川県でも「新型コロナワクチン接種券」というものが先日送られてきました。想定外の早さにおどろきましたが、予約の開始日は決まっていないと書かれています。それでは予約する前に失くしてしまう人もいるでしょう。
東京の一部の自治体では今日から予約を始めたものの、「先着順」にしたために20分で電話がパンクしたとか。そんなことは子供でもわかるでしょう。
マスク会食などと真面目な顔で呼びかけてみたり(神奈川県は「マスク飲食」と言ってますが)、日本からは普通の想像力が消えてしまったのかもしれません。

投稿: たりらりら | 2021年4月 5日 (月) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 短縮用語「まん防」のこと | トップページ | 新型コロナウイルス、和歌山県知事の最新メッセージーー② »