« 日本語教室が再開してすぐキャンセルに | トップページ | コーヒーは体に良いという記事 »

2021年4月21日 (水)

春の院展を見に行った

 土曜日に日本語教室に行ったら、Mさんが「斎藤さんが院展に入選したそうよ」と教えてくれた。斎藤さんが絵を描くことを知らなかったので驚いた。

 春の院展は松坂屋でやっていて、見に行くつもりであったのがすっかり忘れていた。Mさんは「明日の日曜日で終わりよ。見に行きたい」と言ったので、行くことになった。私は松坂屋の株主優待券をもっているので同伴者1人は入れるのだ。日曜日の2時に美術館入り口で会う約束をした。

 ネットで調べたら2時ごろは一番混む時間帯になっていた。最終日だし心配であったが。2時に美術館に入った。あとはそれぞれが自由に見て回ることにした。

 院展は以前にも何度か見に来たことがあったが、久しぶりなので新鮮であった。最終日で2時なのでやはり見に来た人が多かった。中には係の人がたくさんいた。他の人と間隔を空けることや話を慎むことなどの注意書きを持っていた。

 同人や無鑑査の作者の作品が展示されていた。人物画も静物画も風景も写実的なのが多かったが、色彩はそれぞれの特色を出していた。院展の作品は日本画だし親しみやすい。ゆっくりと見て回った。

 斎藤さんの作品の写真を撮りたいと思ったのでパンフレットを見たが、どこにも撮影ご遠慮下さいと書いてなかった。でも黙って撮ってはいけないと思い、近くにいた会場監視の係の人に尋ねたら、「みなさん撮っておられますよ」と言ったので、スマホを出して撮った。フラッシュなしできれいに撮れるし音もしないので迷惑にはならない。気になる絵を数点撮った。近くには監視をしている人がたくさんいたが何も言われなかった。

 斎藤さんの作品は出口近くにあり、そこには初入選の人の作品が集められていた。樹林を同色のカラーで細かく描いた作品であった。院展らしいいい絵だと思った。

Img_3104

           斎藤さんの絵

 

Img_3098

Img_3100

Img_3097

Img_3101

Img_3099

|

« 日本語教室が再開してすぐキャンセルに | トップページ | コーヒーは体に良いという記事 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本語教室が再開してすぐキャンセルに | トップページ | コーヒーは体に良いという記事 »