« 腕時計 | トップページ | 酒を飲まない若い人が増えているという »

2021年4月10日 (土)

F15戦闘機の改修見直し

 4月7日の朝日新聞朝刊一面に「F15改修 全面見直し」という記事があった。航空自衛隊のF15戦闘機に対地攻撃用巡行ミサイルなどを搭載する改修をめぐり、防衛省が現計画の全面的な見直しを決めたというのだ。

 F15の改修を「南西諸島の防衛力強化の柱」と位置づけ、70機改修のうち差し当たって2027年度までに20機を改修する計画だった。

 改修に先立って必要となる設計費や作業用施設などを整備するための初期経費「初度費」として、19年~20年度に計802億円を計上した。米側からさらに初度費を求められ、21年概算要求にも213億円を追加した、米側からは22年度も上積みする方針を伝えられた。しかし初期経費が高騰するなど、費用をめぐって日米間の協議が難航したのだ。

 巡行ミサイルは、自衛隊がこれまで保有してなかった長い射程(約900キロ)もあるので、「敵基地攻撃にも使えるのでは」との指摘がされていた。以前から巨額の改修費を使うことに疑問の声も出ていた。その費用を災害対策とかコロナ対策など他の必要な用途に回すべきだと思う。米国の言いなりにならないようにして欲しい。間違っても菅氏首相がバイデン大統領と会う手土産にしないように願う。

|

« 腕時計 | トップページ | 酒を飲まない若い人が増えているという »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腕時計 | トップページ | 酒を飲まない若い人が増えているという »