2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ガッテン紹介の超簡単で効果的健康法「ニギニギワザ」 | トップページ | 中国人が誤解した街の日本語 »

2021年2月 8日 (月)

森会長の五輪憲章無視の発言

  森東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長が前日の発言を「深く反省している。発言は撤回したい」と謝罪した。

 問題の発言は3日にJOCの臨時評議員会で、「女性がたくさん入っている理事会の会議は、時間がかかります」「女性っていうのは競争意識が強い。誰か1人が手を上げていうと、自分も言わなきゃと思うんでしょうね。それでみんな発言されるのです」と言ったことだ。

 私が属するところでも、確かに女性が多い会議では発言する人が多く時間がかかる。でも、活発に議論するのはよいことだ。昔は女性が発言するとシャシャリ出るなと言われたものであったが、今はそんなことは無くなった。森氏は私より若いが感覚としては古いものを持っていると思う。

 臨時評議員会では森会長の発言に笑い声が上がったが、咎める声はなかったという。

 森氏の発言はAFPやニューヨークタイムス、ワシントンポストなどのメディアでも報道されたという。五輪憲章を熟知していなければならない森会長がこのような発言をしたということは残念でならない。

 森氏は自らは辞任するつもりはないと言い、IOCは謝罪したから一件落着だとしている。総理大臣経験者でラグビー協会のボスだったということで森氏を会長にしたのだと思うが、これまでにもいくつかの失言をしており、安心して任せておけない。

 メディアによると森氏は大きな力を持っているので他の人は従ったり忖度したりしているのだという。フェアであるべきスポーツの世界でこれまでにもアンフェアなボスが存在する団体がいくつかあったが、オリパラを統括するトップもそういう人物が就いているというのは許せない。

   上記のblogを書いた後、ネットには次の記事があった。

 【安全保障の専門家で、オバマ政権下は米国安全保障省のトップアドバイザーを務めたハーバード大のジュリエット・ケイエム教授は「森喜朗は年寄りのマヌケ(an old ass)で、東京五輪のお飾りの会長でしかない」と、放送禁止用語を用いてツイッターで一刀両断。
 

 米政治学者のジュールス・ボイコフ氏も「もし東京組織委員会が森氏が会長でいることを許し続ければ、それは男女平等を圧倒的に軽視するという明確なメッセージだ。侮蔑的な行動は、容認されることで火に油を注がれ、つけあがらせることになる」と、ツイッターで警告した。
 

 インドの放送局WIONは「恥を知れ。この男は性差別主義者だ。日本オリンピック委員会の女性理事は、24人中5人。性別だけを理由に女性が理事になるべきではないが、女性という理由だけで排除する男性が理事でいるのはあり得ない」と報じた。
 

 また、英ロイター通信は「森会長の発言は、五輪に対する一般の人々の意見に泥を塗るリスクを冒した。(謝罪会見での)開き直った言葉は、一般の人々の批判を鎮められず、彼のコメントへの憤りは、東京五輪開催に向ける日本の一般の人々の冷めた目を、ますます冷たくするだろう」と報じた。】

 そのほかネットでは森会長の辞任を求める署名が急増している。

« ガッテン紹介の超簡単で効果的健康法「ニギニギワザ」 | トップページ | 中国人が誤解した街の日本語 »

話題」カテゴリの記事

コメント

追記:テレビ東京がお詫び
キリンビールがミャンマーの軍部高官に賄賂を贈ったと2月5日に放送したことに関して
「取材が不十分で事実関係の確認に問題があったと認識しており」云々とお詫びのコメントを今夜のワールドビジネスサテライトで述べていました。
誤りがあれば正すのが当然ですが、単に取り消すだけでなく実際はどうだったのかを後日伝えないとすれば報道の責任を果たしたことにはなりません。
森会長が「謝罪」会見を開いたのも、本人はともかく周囲には「まずい発言をしてくれたものだ」と認識した人がいたからにちがいない。ならば単に発言を取り消せばそれで済むとはいかないはず。

私は森会長よりも一回り以上年下ですが、五輪憲章を知らないのはともかく女性に対する偏見も少なからずあると思います。
一人暮らしの私はそれで問題になることはまずありませんが、森会長はご自分の立場を「わきまえない」男だった。
日本のマスコミは忖度してくれても海外のメディアやネット上で注視されている立場であることに無神経すぎました。
建設利権のドンとして、まるで広域暴力団の組長のようににらみを利かせていればすべてがまかり通ると思い込んでいるのでしょう。
そうした組長の腰巾着のような小判鮫のような武藤事務総長も同罪です。「大蔵官僚の中でも屈指と言われた有能な人物」などと形容されることがあるのが不思議でなりません。
そう言えば、ミャンマーのビール業界は軍部が握っているようですが、日本のキリンビールが数十億円単位の袖の下を軍の幹部に渡して合弁会社を設立していると海外の人権団体が告発している、とテレビ東京のニュースが伝えていました。
たくさんの広告を出してもらっている日本のマスコミは黙っていたいでしょうが、それで済まなくなっているのが今の日本です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガッテン紹介の超簡単で効果的健康法「ニギニギワザ」 | トップページ | 中国人が誤解した街の日本語 »